最低賃金の全国平均以下で働く障がい者

障がい者

障がい者が暮らしやすい街ってどんな街?

障がい者にとって住みやすい街とはどういった街でしょうか?サービスに手厚いとか、障がい者関連の施設が沢山あるとか、障がい者雇用に対して積極的な企業が沢山あるとかですか?それとも地域の人が優しいかどうかでしょうか?

子育て世代に住みやすい街や、障がい者でも暮らしやすい街を目指して各自治体が奮闘しています。子育て世代に人気が出てきて、移住者が増えているのは良く聞くようになったのですが、障がい者にとって住みやすい街だからって移住者が増えている事は聞いたことがありません。

障がい者にとって住みやすい街とはどんな街なのでしょうか?

結論から先に

子育て世代に特化した街が一番住みやすいと思います。何故なら、ベビーカーで動きやすいって事は、車いすで動きやすいって事です。公共施設も使いやすいように作ってあるので身体障がい者にとっては一番暮らしやすいのでは無いでしょうか?

僕が住んでいる街も子育て世代に人気だそうです。なので割とコンパクトに色々なものが近くにあります。

ですが、これは身体障がい者にとってはなので、全ての障がい者にとって良いとは言えません。知的障がい者と精神障がい者にとっては立地では無いですから。

過疎地

限界集落と言われるところで生活をするのが精神障がいや中途半端な知的障がい者には一番向いているのではないでしょうか?

仕事場までの距離を考えると、少々大変かもしれませんが、そもそも人と会いたくないって場合は限界集落にたくさん集めれば大規模な農業を営むことが出来ます。そうすれば、それなりの収入も見込めるでしょう。

仕入れとか、卸とか、販売とか、経理とか頭を使う事は健常者がやれば良いと思います。

限界集落なら、人と会う事なんて滅多にありません。週末とかに買い物したい人だけ買い物に連れて行けば良いだけですから。

何故、中途半端な知的障がい者かと言うと、周囲から自分がどんな風にみられているかをひたすら気にしているからです。「どうせ私の事ブスだと思っているんでしょう?」って聞く人がいるので「君にそんな興味ないし、世間もそれほど君に興味がないから、どうでもいい。」と返すと、何か言っています。

世間の目が気になるなら、世間の目に触れない所に住めば良いのです。

障がいによって違う

住みやすい街とは障がいの種類と言うか特性によって大きく違います。人と触れ合う事が苦手な人もいれば、人と触れ合う事が好きな人もいるので、何処が一番住みやすいのかはその人が決める事だと思います。

世間に障がい者についての考え方を改めさせるのは不可能に近いです。健常者と相容れないのなら、健常者と障がい者を分断してしまえばよいと思います。批判もあるでしょうが、その批判をしているのが健常者だったりします。

特例子会社というものがあるくらいです。

精神障がい者に多いですが、健常者と触れ合いたくない人は極力人と関わらなくても良い環境が一番向いていると思います。

健常者の考えと障がい者の考えは違う

小学校や中学校に特別学級ってありますが、「あれは差別だ。」健常者が健常者の大人目線で言っているだけです。色々な障がい者は普通学校に通っていたからいじめられた。特別支援学校に通いだしてからいじめられなくなった。と言っています。

僕も小学生の頃に隣のクラスに障がい者の女の子がいましたが、先生が居なくなるとしょっちゅう暴力を振るわれていました。

特別学級は障がい児の逃げ場だと思っています。差別について説いたところで、小学校や中学校全体の生徒が守れるでしょうか?だったら最初から分けておいた方が本人のためだと思います。

健常者が上から目線で、障がい者福祉について話しているのを見ると笑えてきます。何年障がい者施設に勤めようと、健常者である事には変わりないなら、わかったフリをしているだけです。

健常者が考える障がい者福祉と障がい者が考える障がい者福祉は中身がまるで違います。

どれだけ、障がい者が暮らしやすいだろうと思う街を作っても、本当に暮らしやすい街なのかどうかは、障がい者自身が決める事ですから。

あとがき

どれだけ努力したところで、男性が女性の気持ちを理解できないように、健常者に障がい者の気持ちを理解する事は出来ないと思います。

理解できるとか言う人がいたら、それは、理解しているではなく、理解しているつもりです。

-障がい者
-, , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.