障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

おススメするサービス 障がい者

不安障害の障がい者に向いている仕事

インターホンが怖い人のイラスト

不安障害は人それぞれで症状が違いますが、一言にまとめると「絶え間ない恐怖と心配を引き起こす精神疾患の一群。」と言えます。

症状もまた多岐にわたり、「突然のパニックと恐怖感」「落ち着きのなさ・不安、吐き気、またはけいれん」「睡眠関連の問題-過度の睡眠または不眠」「冷たいまたは汗まみれの手または足」「手または足のしびれ」「息切れ」「心拍数の上昇」「胸の痛み」「ドライマウス」「のぼせか悪寒」「突然の震え」「めまい」この中からどれか一つだったり、複数を組み合わせたりして症状が現れます。そして、不安障害の人に多いのが、「自分の体臭や汚れが気になって手洗いを何度もしてしまったり消臭剤をたくさん使ってしまう。」といったような症状があります。

大したことないような名前の障がいですが、不安障害の人は、働くのが難しいのが現状です。

ですが、難しいというだけで不可能ではありません。不安障害の人に向いている仕事を3つ紹介します。

1,システムエンジニア

給与・待遇:月給17万円~ 雇用形態も様々です。

福利厚生:社会保険に入れる。

必要学歴:(一応)高卒以上

資格・スキル:PCスキル(Word:表作成程度、Excel:図形作成程度、Power Point:新規作成程度)

仕事内容

  • 経費処理
  • データ登録の管理(専用システム使用)

想像できると思いますが、システムエンジニアは、専門性の高い職業です。しかし、自分のパソコンを持ちこんで仕事ができるため、極力他人との接触を断つことが出来るので、不安障害の人でも安心です。さらには、いずれ在宅ワーク等に切り替えることもできます。

2,Webクリエイター

給与・待遇:20万円~ 契約社員→正社員

福利厚生:社会保険に入れる

必要学歴:高卒以上

資格・スキル:基本的なPCスキル(Word、Excel等)

仕事内容

  • Webサイトの管理(制作、運用)
  • メルマガ配信設定
  • HTMLコーティング
  • 広告バナー作成 等

Webクリエイターは、イラストに関する知識があれば取り組みやすい職業です。また、仕事内容もWebサイトの作成や運営・バナー作成などなので、IT関係に興味がある人にもおすすめです。こちらも在宅ワークをする事が可能です。

3,テレフォンオペレーター

テレフォン・オペレーターのイラスト(男性)

給与・待遇:月給20万円前後 交通費支給の所が多い

福利厚生:社会保険に入ることが出来る

必要学歴:高卒以上

資格・スキル:タイピングスキル、PCの基本操作(Word、Excel等)

仕事内容

  • テレビCM等を見たお客様からの資料請求やご相談予約等の受付業務
  • データ入力業務
  • その他付帯業務など

テレフォンオペレーターは電話業務が中心なので座ったままでの仕事ですし、最初から在宅ワークが出来る事も多いので自宅で業務を行うという場合も多い仕事ですから、不安障害の人にはもってこいです。仕事内容も電話を通じてさまざまな年齢層のお客様とコミュニケーションを取れるので充実したワークライフを送る事ができますよ。

不安障害の人が面接で聞かれる事

不安障害の人の場合は、面接で「どのようなことが気になりますか?具体的に教えて下さい。」「症状はどのぐらいの間続きますか?」という質問をされることが多く、この質問は在宅ワークでも同じことだと言えるのではないでしょうか?気になりやすいことを洗い出しておくと良いでしょう。

企業側に配慮をお願いすること

会社に求める配慮事項は、「一度症状が出ると、何も集中できなくなるので落ち着くまで休憩させて頂きたいです。」といったことや「 マスクや手袋をいつもつけていたいのですが可能でしょうか?」ということをお願いしておくと働きやすくなります。伝える内容も、これだけは譲れないという内容を伝えておくようにしましょう。

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】

フリーランスで仕事をするようになれば、誰かと関わることが苦手だという人は、障がい者とか健常者とか関係なく仕事をする事が出来ますし、このようなオンラインスクールなら直接顔を合わせることがないので、技術を身につける段階から人と関わることはありませんし、仕事を始めた後も人と関わることはありません。収入も決して定収入と言う訳ではないので、動画編集だけでも十分に生活する事が出来ます。

あとがき

応募の段階で選ばないと思いますが、接客業や営業はまず向いていないというか、本人の精神が持たないと思います。自分の障害を理解して受け入れることも大事な事です。医者や親に頼りきりは良くありません。

-おススメするサービス, 障がい者
-, , ,

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.