「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」それぞれの違い

似ていますが、それぞれ内容も意味も、どれもこれもが違います。↑↑確認してみましょう。

おススメするサービス 車椅子の生活

在宅勤務という働き方で仕事をする「メリット」「デメリット」

最近では、社会情勢もあり健常者や障がい者問わず、在宅でできる仕事の人気が高く、今の仕事を辞めて在宅勤務に変わる人もいます。在宅で仕事をすることに、どのようなメリットがあるのかをきちんと理解されているでしょうか?

通勤しなくてもよい

正直言って、これが一番のメリットですね。職場が遠方の場合や、混み合う時間帯で通勤をしている方の場合、仕事は好きだけれど、通勤が苦痛という人も少なくありません。在宅で仕事ができれば、睡眠時間が長く確保できますし、さらに通勤にかかっていた時間が大幅に短縮されることでその時間を有効活用できます。通勤しなくても良いということは、ワークライフバランスの維持だけでなく、体力の維持や精神的負担の軽減などのメリットがあげられます。

一人で集中して仕事が出来る

在宅で仕事をすることのもう一つの大きなメリットとして、周りの人の目や声を気にせずに、目の前の仕事だけに集中できることがあります。会社に出社すれば、集中して仕事をしたくても周りに人の気配がある環境や、周りの人が立てる音の下でうまく集中できない方だっています。静かな空間で集中することが出来るので、自分の部屋と言う落ち着いた環境で仕事ができるのは大きなメリットです。

メリットとデメリットのバランスを考えるビジネス

もちろんデメリットも

メリットしか無いように思いますが、きちんと仕事をこなすためには、いくつかデメリットというか注意点があります。在宅で仕事をする事が向いていない人だっているので、これから在宅で仕事をすることを希望している人は参考にしてみてください。もしかしたら出社する方が良いかもしれません。

happy asian family with two children sitting on couch at home watching TV 81318228

私生活との切り替えが重要

在宅勤務では自宅が職場という事もあり、私生活と仕事を同じ空間で行うため、気持ちの切り替えができずついついダラダラとしてしまいがちです。普段生活している空間であっても、きちんと仕事と向き合えるように、自分を律することが必要となります。自分の部屋と言う落ち着ける環境だからこそ、気持ちを緩めすぎないように気を付けましょう。
ダラダラとしてしまう事と反対に、いつまでも仕事ができるという点でも、仕事をしすぎてしまうことがあります。うまく気持ちを切り替えれない人は在宅勤務は向いていません。

一人で全てを行わなければならない

これまで会社に通勤していた人など、周りに人がいる環境で仕事をしていた方にとっては、1人での仕事に慣れるまでは、不安や孤独を感じてしまうことも少なくありません。在宅で仕事をすることは当然ながら一人で仕事をするという事です。周りに励まされて頑張れるタイプの方は、自分だけでトラブルも乗り越える必要があり、不安になることもあるでしょう。1人で集中して仕事を進めることは良いことかもしれませんが、慣れるまでに少し時間がかかるものだと、事前に認識しておくと安心です。

あとがき

在宅で仕事をする事が必ずしも全ての人に向いているとは限りません。案外、出社することが向いている人もいるので、就職や転職をして在宅勤務を希望している人は自分なりに自己分析をしてみましょう。

-おススメするサービス, 車椅子の生活
-,

Copyright© 最低賃金でも , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.