モテたい男性【必見】具体的に清潔感を出すためには

こちら⇒: https://www.gahtaro.com/clean-items/ ‎

車椅子あるある 車椅子の生活

車いす利用者の電車でのベストポジション

車いす利用者のベストポジションは、障がい者スペースなんじゃないの?って思うかもしれませんが、簡単に言えば上から目線ですね。それに、場合によっては既にモラルのない健常者がスペースにいる場合もありますからね。

車いす利用者がにとっては「あるある」ですね。障がい者専用とか言って、健常者が既に占領している。そして、それを駅員も車掌も注意しないという

健常者が思うベストポジションと実際のベストポジションは違います。実際のベストポジションを紹介します。

目的地によって違う

目的地のある駅に停車したときに、開くドアの近くが良いのですが、入り口に向かって横に車いすを向けて陣取るのがベストポジションです。右なり左なりの座席を背にして体を入り口と水平にし、端に収まるようにすることがポイントで、そしたら、駅に到着したときに降りやすいんです。
目的地に着くまでに、人が乗り降りするんで邪魔に見えるかもしれませんが、降りるときに多くの人に一度降りてもらったり、かなり無理してどいてもらったりしなければいけないので、人に入り口の近くの方が意外と邪魔にならなかったりします。

目的地で一斉に降りる場合

乗り換えや終点となる駅が目的地で、その駅で自分以外のほとんどの人が降車する。こういった場合は障がい者スペースが良いです。そして、特別な場合を除いて一番最後に降車するようにしましょう。自分がマナーを守らずに、他人にマナーを押し付けてはいけません。

時間には余裕を持つこと

目的地へ向かう場合、最寄りの駅が混んでいない時間帯なら問題ありません。始発の駅なら、高い確率で望みのポジショニングが出来ます。この場合は、特に気にせずに予定を組んで良いと思います。
何時の電車に乗るのかを駅へ事前に伝えてない場合は、絶対にその時間の電車に乗れるとは限りません。

遅れるくらいなら早く行く

僕はこの考え方をしています。会社には9時まで出社できないので、最寄りの駅で7時20分くらいからスマホをいじったりして時間をつぶしています。到着した時間にお店はコンビニエンスストアしか営業していないので、時間をつぶすにはスマホをいじるくらいしかする事がありませんが、遅刻したりするよりはましです。
最寄りの駅から電車に乗った時は混んでいませんが、そのあとは相当込みます。目的の駅に着くころには、それほど沢山の人がいる訳ではありません。

一番はタクシーを使う事

本当はそうなんですけど、金銭的にかなり厳しいです。タクシーチケットも貰えますが、初乗り運賃が割り引かれるだけで、年間通して日数分もらえる訳ではありませんからね。
でも、タクシーなら道は混んでも、車内が混む事はあり得ませんからね。場所によってはタクシーを使うのもありだと思います。

あとがき

電車のベストポジションは障がい者スペースではありませんし、あのスペースは鉄道会社側が勝手に設置したスペースです。そういったスペースを用意するなら、駅員も車掌も関係ない人は注意してほしいですね。

-車椅子あるある, 車椅子の生活
-, , , ,

Copyright© 車椅子利用者が生きるために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.