ビジネスマナー

障がい者雇用でもビジネスマナーは大事だとお伝えしました。ビジネスマナーを習う機会なんてまずありません。それは、障がい者だからとか、健常者だからとか関係なく自然と覚えていくしかなく、見る機会が多い健常者であっても身に着くころには良い年齢でしょう。障がい者雇用では、目にする事が少ないので、もしかしたら身につかないかもしれませんね。

障がい者雇用を積極的に行っている会社は大企業が多いので、障がい者雇用で就職している人の半分以上は大企業に勤めている人がいらっしゃると思います。障がい者雇用で就職を希望する人も大企業に勤める人が多いと思います。大企業と言うのは特にビジネスマナーには敏感なので紹介しているビジネスマナーを参考にしてください。

挨拶

挨拶というのは障がい者雇用に限らず基本的な事です。特に、営業職に就いた障がい者は機会が多いでしょう。障がい者でも昇進する事ができるような実力主義の会社も増えています。つまり、役員となる障がい者が増えるかもしれませんし、自分が役員となるかもしれません。昇進すれば丁寧な挨拶をする機会も増えるでしょう。

障がい者雇用ではなく、自分で会社を立ち上げる人も最近は増えましたね。ですが、障がい者雇用でも、自分で会社を立ち上げても、挨拶と言うのは、ビジネスマナーの基本ですから、しっかりと確認しておいてください。

名刺交換

会社名と名前以外で特に紹介する理由が無いため持つ必要が無い人も居ますので自分は関係ないと思う人もいるのでしょうが、今は関係ないと思うかもしれませんが、いずれ持つことになった時に名刺交換をする機会があるやもしれません。そうなった時に、きちんとした作法を知らなければ「障がい者だから仕方ない。」なんて不名誉な事を噂されるかもしれません。名刺交換は自己紹介のようなものです。そして、頂いた名刺は相手の分身のようなものです。

名刺を頂いたら、スキャンするなどした後は大事に保管するようにしましょう。

指示を受けたとき

障がい者雇用などでは上司から支持を受ける事があるでしょう。指示を受けたときの対応にも細かいですが注意点があります。ちなみに、上司から支持を受けたときの返事で「わかりました」「了解しました」は適切ではありません。「承知しました」が正しいです。20代前半の若い人なら出来なくても不思議ではありませんが、障がい者雇用の場合で、ある程度の年齢できちんとした受け答えが出来ないと「障がい者だから当然か」と思われて、その後の自分の評価に繋がるかもしれません。

報・連・相

報・連・相がきちんと出来ている会社は業務がスムーズです。出来ていない会社は業務が停滞しがちです。きちんと「報告」「連絡」「相談」は徹底しましょう。障がい者雇用の場合、周囲が健常者ですから、報・連・相は出来て当たり前だと思われていますし、出来ていなければ注意されます。

会社での身だしなみ

障がい者雇用と言えど、社会に出たなら社会人です。社会人にとって身だしなみを整えるというのは、ビジネスマナーをうんぬん言う前の段階での話です。身だしなみがきちんとしていない人が、ビジネスマナーを守れたところで、身だしなみがきちんとしてなかったという印象しか残りません。

会社での身だしなみには気を使いましょう。身だしなみに関しては小学生くらいから言われるでしょうし、進学に関しての面接では結構やかましく言われると思います。

障がい者と健常者の違いって?

実は健常者と障がい者の真の違いはたった1つしかありません。 それは「今ある自分の能力で社会生活に支障があるか、ないか」です。 つまり、障がい者は健常者と比べて、できることよりも、できないことが多いだけなのです。健常者にも出来る事と出来ない事ってありますが、社会生活には支障が無いそれだけです。

障がい者に多い勘違いが、差別をしない事が【自分を特別扱いしてくれ】と思っている人がいます。この考え方をする人が知的障がい者に多いです。よく言っていますが、世間はそれほど障がい者に対して偏見を持っていません。偏見を持つほど障がい者に対して興味がありません。それどころかむしろ関心がありません。

あとがき

希望する求人に応募するには自分のスペックが足りない事があるかもしれません。そういう時は迷わずに遠回りする事を選ぶべきだと思います。障がい者雇用でも高い賃金が欲しければ今の自分で勝負しようと思わないで下さい。

自分のスペックをアップさせる事で書類選考も通りやすいでしょうし、将来的に考えると賃金アップも期待できるでしょう。いくつか資料請求できるサイトを紹介しています。資料請求はもちろん無料です。

合格率がとんでもなく低い事で有名な資格ですが、合格率が低いから難しいとか合格率が高いから簡単という訳ではありません。合格率なんてあてになりません。だって「医師免許」試験の合格率は98%くらいあるんですが、だからと言ってかんたんではないですから。司法書士は年齢が18歳以上なら受験資格はないので、記念に受験する人や司法書士試験を甘く考えている人も多く受験します。さすがに簡単ではありませんが、資料請求は無料ですから資料を取り寄せてみて下さい。

働きながら大卒資格を目指せる大学の資料を複数同時にする事が出来ます。働きながらなので学校に通う必要が無い大学もあります。高卒と大卒の給料には年々差がついていきます。そして、それは障がい者雇用も同じで、同じ障がい者雇用であっても高卒と大卒の給料には大きな差が生まれます。

大卒でなければ受験資格のない「国家資格」というのも存在します。資料請求は無料ですから資料を取り寄せてみて下さい。働きながら大学受験が出来るので、一度資料を取り寄せてみるのはどうでしょうか?

持っていれば一生食うに困らない技術がいくつかあります。いくつかは「AI」の登場で消えてしまいましたが、しかしこの技術はその「AI」を生み出す技術です。技術を身につけた後に、仕事に生かすことも出来ますし、小学生からはプログラミングが必修科目となったので自宅でスクールを開設することも出来ます。資料請求は無料ですから資料を取り寄せてみて下さい。

どのサイトも資料請求は無料ですから資料を取り寄せてみて下さい。障がい者雇用であっても稼いではいけないという法律はありません。

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.