障がい者雇用におけるビジネスマナー

障がい者

障がい者雇用に多いCADとは?

障がい者雇用の求人で最近「CAD」(キャド)関連の求人って最近多くないですか?そもそもCADとは一体何なのか?名前から考えるとパソコンを使ったり、プログラミングの一種っぽいです。知っている人もきちんと知っている人ってどれくらいいるでしょうか?なんとなくなら知っている人もいるのかもしれないですね。CADについて良く知らなかったので調べてみました。簡単ですが報告します。

CADとは、そもそも何か?

CAD(キャド)とは、早い話が略語です。元の文字は「Computer Aided Design」(コンピューター・エイデッド・デザイン)の3文字から頭文字をとったもので、和訳すると「コンピューター支援設計」となります。

コンピューターで設計を支援するので、もともと設計現場で手書きしていた図面をデジタル化し、コンピューター上で再現したものがCADです。

コンピューターなら修正するのも簡単ですからね。

さらにCADはソフトウェアの主な機能によって、「2DCAD」「3DCAD」に分けることができます。なんとなくどういう物かわかると思いますが、それぞれを簡単に説明します。

 2DCAD

2DCADとは、2次元(2D)データの製図を行うCADです。紙など平らな場所に表現する製図を、コンピューターを用いて設計することができます。作成する事もそれほど難しくはありませんし、手書きに比べて簡単に修正や書き直しができる点を活かし、様々な設計に使われています。

 3DCAD

3DCADは、3次元(3D)データの作成を行うCADです。平面で行っていた2次元図面(2D)をコンピュータ上で3次元に拡張したもので、コンピュータ上の仮想空間で立体を構築していきます。モデルを立体的に作成することにより、より具体的なイメージを掴みやすいメリットがあります。

また、3Dモデルを一つ作るだけで、平面図や断面図といった複数の図面やパースを自動的に作成してくれるのも特徴です。

何故2種類ある?

CADには2種類あるという事をお伝えしました。どういう時に使い分ければよいのでしょうか?2DCAD / 3DCADと共に「製造業向け」「建築業向け」等、機能に合わせてさらに種類を細かく分けることができます。

独学で習得可能?

結局はここですよね。独学でも習得できるのでしょうか?ネットの記事を参考にしました。

まず、独学でCADを学ぶ場合には、CAD習得のための費用を抑えられるという点を挙げることができます。. インターネット上にはJw-CADのようなフリーソフトも多くありますし、Autodesk社のAutoCADやエーアンドエー社のVectorworksなどには体験版も用意されています。

体験版は試用期間が限られていますが、短期に集中してCADを学びたいのであれば、こうしたソフトウェアを試してみるのも一つの方法です。. また、インターネット上にはCADの操作技術を解説しているサイトも多くあります。

もし独学でCADを習得したいのであれば、まずはこうしたサイトの情報を参考にしてみるのが良いかもしれません。.

あとがき

CADの需要については、一般的な求人はしりませんが、障がい者求人では年々高まっていますので、習得可能ならば習得しておいて損はない資格では無いでしょうか?

独学で習得するのであれば、最新版のテキストを使用して学習するようにしましょう。

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-障がい者
-, , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.