車椅子に関係するアイテムの選び方 車椅子の生活

初めて車椅子を選ぶとき

初めて福祉用具を選ぶときにどうしたらいいのかわからない。そういう人は多いのではないでしょうか?実際に僕も良くわからず何となく選んでいましたからね。初めて車椅子を利用する場合はどうしたらいいのかわからない事が多いと思います。

車椅子だけではなく介護用品全般に言える事ですが、「レンタル」と「購入」があります。けれど、初めての場合はどちらを選ぶべきで、どちらが得なのか良くわかりません。

レンタルする場合が得な人と購入した方が得な人がいます。

今回も車椅子の場合のみですから、「杖」や「歩行器」に関しては一概に同じような事は言えないので、参考にしないで下さい。

実は「介護保険」が使えるかどうかも重要になっています。

僕の場合は使えないのでどの様なシステムとなっているのかは詳しくはわかりませんので「介護保険」を使わないという事での想定となりますが、レンタルの場合は、かなり得なハズです。

僕は現在150,000円の車椅子をレンタルしていて月々5,000円づつ支払っています。

正確には150,000円分を支払うまではレンタルで、払い終わった場合は自分の車椅子となります。ちなみに、払い終わったらその時は新品と交換してもらえるみたいです。

購入した方が得な人

長期で車椅子を利用するという事を想定している場合です。

介助者が居て、どこかのデイサービスセンターを利用するなど、基本的に室内のみの人は購入した方が得です。もちろん専門業者から購入すると高額ですから、介助者が居る場合は通信販売で十分です。楽天市場では17,800円~くらいでありました。

自分で電車・バスや自家用車を使って職場にいかれる場合、ローンを使ってでも少々高額な車椅子を業者から購入して利用するべきだと思います。勤めていない場合は室内、もしくは、人が居る状況で車椅子を利用しますが、勤めている場合は、絶対に周りに人が居るとも限りません。

ちなみに、足腰の筋力を弱らせたくないのなら電動ではなく、自走式を選びましょう。ちなみに、業者から購入すると細かい部分まで気配りがされています。

ちなみに、業者から購入する場合に限りますが、7年に一度補助が使えるので、外で使う事を想定している場合は使った方が得です。

レンタルした方が得な人

短期での使用目的の人

短期で使うつもりの人は、使わないのに車椅子を買うよりも、レンタルする方がはるかに安い金額で済みます。1泊2日等の場合(介助+自走式)は数百円のレンタル料金ですみますからね。自分用の車椅子が良いという人はしょうがないですけど。

どうなるかわからない症状の場合

ケアマネージャーや自分の支援員と相談して決めた方が良いでしょう。業者に相談しても病気の事はわかりっこないので、わからなかったら、わかる人に相談するのが一番早いです。

まとめ

初めて車椅子を選ぶときはどうして良いものかわからないものです。わからなかったら、わからないまま決める事は避けて、迷わず相談するようにしましょう。

ちなみに、介護保険のシステムは良くわからないので、ケアマネージャーか、自分の支援員に相談してみましょう。


アウトドアも!スポーツも!ワークマンがいい!

車椅子だと変な所に引っ掛けるのでお洒落でも機能的で丈夫なウェアが良いんです。

営業時間、料金、アクセス方法は編集した当時のデータです。

-車椅子に関係するアイテムの選び方, 車椅子の生活
-, , , ,

Copyright© 車椅子で利用できる施設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.