障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

雑学

クリスマスは一体何の日?

ロザリオのイラスト

12月25日と言えばクリスマスです。24日はクリスマス・イヴですね。12月25日のクリスマスと言えば何の日か聞かれて、イエス・キリストの誕生日だと答える人が多いと思います。僕も数年前までそう思っていましたし、おそらくこの先も間違ってはいますが、その認識で問題ないと思います。

障がい者施設の中には、何の日か?ではなく、クリスマスそのものを知らない人も数名いたので、それほど大切なイベントではないのでしょう。

一体何の日か?

誕生日ではなく、誕生を祝う日(つまり、生誕祭)です。だから前夜祭と言う意味で24日のクリスマス・イヴがあるのです。何故なら、誕生日は明らかになっていないからです。(記録がない)色々な絵や、記録などから推測して、この日当たりに生まれたのではないのかという予測です。

さらに、馬小屋で生まれたという人もいますが、それも間違いで正確には「牛」や「ロバ」もいたりしたので「家畜小屋」というのが正しいですね。

しかし、東方キリスト教会の一部では、クリスマスを旧ユリウス暦の12月25日に祝うそうです。これは現在グレゴリオ暦の1月7日に相当します。ですが、そんなことはどうでもよく、キリスト教では、イエスの正確な誕生日を知ることよりも、神が人類の罪を償うために人の姿でこの世に現れたことを信じることが、クリスマスを祝う最大の目的であると考えられている

キリストという表現

イエス・キリストは「イエス」というのが正しいそうで、キリストというのは救世主という意味だそうです。

今や世界的なイベント

各国でクリスマスに関連するイベントが開かれています。一般的な習慣としては、プレゼントを贈る、特別食、クリスマスツリー、クリスマスイルミネーションとかですね。

プレゼントを贈るという行為や、その他多くのクリスマス行事は、経済活動の活発化を伴うため、小売業者や企業にとって重要なイベントだそうで、重要な販売期間となっています。過去数世紀にわたり、クリスマスは世界の多くの地域で経済効果を着実に高めてきました。

ですが、日本では最近だとハロウィンのほうが盛り上がっていますし、クリスマスの1週間後はお正月があって、リアルに大人たちは出費がかさむ時期ですね。

あとがき

年々、クリスマスの重大性が薄れていて、イエス・キリストの生誕祭というよりも、プレゼントを貰える日だと勘違いしている人が多いと思います。

障がい者施設ではプレゼントを貰えるよりも、ケーキが食べれる日だと思っている人が結構いますが、なんでケーキが食べられるのか知らない人ばかりです。

-雑学
-

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.