車椅子利用者になったら誰もが悩む事、それは便秘です。自分が解消した方法

特例子会社と障がい者枠の違い

車椅子の生活

車いす利用者だけど、コンプライアンスは大丈夫?

現在の「契約社員」として働いている会社を4月一杯で契約終了となります。本当は3月だったのですが、なんか引き延ばしてくれたそうです。と言うのも働き始めたのが今年の月中旬からで3ケ月も経ってないからです。仕事内容がガラリと変わって回せる仕事が無いとか言ってましたけど、実際はどうかわかりませんね。

会社とは利益を追求するもの

障がい者は契約を打ち切ったり、解雇するのが難しいというのが、僕が知っている常識をまとめた結論です。難しくはありますが、不可能ではなかったようです。僕は身体障がい者で、会社名を出すと会社がコンプライアンス的にまずい事になりそうだから今のところは会社名は出しませんが、今後の会社の態度次第で、この情報を新聞社にでも提供しようと思います。会社はそれほど大きくないのですが、出資している会社や、関わっている会社がかなり大きいです。いろいろと面白くなりそうです。

実際の理由はどうでもいい

回せる仕事が無くなると言われましたが、本当に回せる仕事が無いのかどうかなんて、今となってはどうでもいいことです。実際の理由が何であっても、結果が変わるわけでもないので受け入れることにしておきましょう。僕は現在38歳なのですが、契約社員じゃなくて、正社員として仕事を探せという事だと前向きに考えることにします。

もはや消化試合

契約が終了となることが分かったので最早やる気なんてでません。せめて一年務めるか、自分から辞めると言い出したのなら、最後までがんばろうとか思えますが、3カ月も務めてませんからね。契約が終了する4月末までは、文句を言われない程度に適当に業務をこなしていこう。

辞めた後に

会社の印象を悪くする様なことをSNSに書き込んではいけないという事を言われるだろうけど、3か月足らずで一方的に契約を終了したことを良く思う会社ってあるのかな?最近では企業側からオファーが来るようなサイトも増えているし、SNSを利用したリクルートサイトも増えているのに、ありのままを書いて印象が悪くなっても知ったことじゃない。

車いす利用者は注意

契約社員や派遣社員はいきなり契約を終了されたり、派遣切りをされたりします。車いす利用者は、なかなか就職先がみつかりませんが、正社員にこだわることをお勧めします。エージェントに言われましたが、30代までが正社員として採用される確率が高い年齢だそうです。40代以降だと正社員として雇ってもらえる確率はかなり下がるそうです。早いうちに行動を起こしましょう。40代以降も無理ではないですから。ただ、学歴が低かったり、無資格の人はかなり厳しいかもしれません。

-車椅子の生活
-, , ,

Copyright© 車椅子利用者が生きるために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.