福岡県 障がい者手帳が使える施設

障がい者手帳が使える施設、だざいふ遊園地(福岡県太宰府市)

障がい者手帳が使える施設として、度々紹介している遊園地で、今回のだざいふ遊園地ですが、今までの遊園地とは少し形態がちがっています。あの有名な太宰府天満宮の中に隣接しているテーマパークです。

単体で成り立っている遊園地ではありませんので、スリルや迫力は物足りないかもしれませんが、子ども向けの遊園地としては、充実しています。家族で太宰府天満宮に詣でた時など、ついでに立ち寄るのも良いかもしれません。ここの遊園地には、迫力こそ少ないかもしれませんが、子どもが0歳から利用できる乗り物があります。勿論、保護者同伴となりますが、乗れる乗り物は一つではありません。0歳~4歳までに利用できる乗り物が沢山あります。中には3歳から一人で乗れる乗り物もあります。

子どもが遊園地デビューするのに、これ以上良い所はないですし、更に障がい者手帳があればお得に利用する事が出来るので、至れり尽くせりですね。

営業時間

【平 日】10:30〜16:30(最終入園16:00:最終乗り物運行時間16:20)

【土日祝】10:00〜17:00(最終入園16:30:最終乗り物運行時間16:50)

定休日

定期的な休みと言うのは決まっておらず、休みの日はホームページで確認するようにして下さい。

障がい者割引の対象者と内容

料金表

  一般料金 フリーパス+入園料(一般料金) 障がい者割引適用後 フリーパス+入園料(障がい者割引適用後)
大人(中学生以上) 600円 2,900円 300円 2,600円
シニア(65歳以上:要年齢確認証) 500円 2,800円 250円 2,550円
子ども(3歳~小学生) 400円 2,700円 200円 2,500円

フリーパスは単体でも購入可能で、その際は2,300円となります。

障がい者割引について

各障がい者手帳を所持している本人は入り口にて入園料を支払う時に提示する事で半額となります。等級や種別、介助者に関しての記述はありません。

バリアフリーについて

屋外型の施設ですが、子ども向けの遊園地ですから、それほど障害となる段差は心配しなくても良いでしょう。ただ、完全にはバリアフリーとは言えません。行かない事をおススメするほどではありませんが、車椅子利用者の場合は必ず介助者と一緒に行きましょう。ちなみに、多目的トイレはありますが数が少ないので、場所を確認しておくか、先に済ませておくのが良いでしょう。


障害者転職サポート実績業界No.1!【アットジーピー(atGP)】

このサイトは非公開求人の数がダントツで多いです。そもそも、非公開求人とは何か?と思う人も多いでしょう。非公開求人とは、⼈気の企業や職種の場合一般的な方法で募集すると、応募が殺到して選考に時間を要する可能性があります。特に有名な企業は応募が殺到します。急な異動や退職による⽋員補充を⾏う際などは、このように時間をかけて選考する余裕がありません。そのため、企業は転職エージェントを介すことで、求職者の絞り込みを⾏うことがあります。つまり、採⽤を急いでいることに加え転職エージェントが選んだ「企業に合う人材」として、企業は積極的な姿勢で選考してくれることでしょう。つまり【採用率】が高いのです。

就職・転職サイトの良し悪しは、この非公開求人の数で決まります。

面倒な書類作成から面接サポートまで!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】


交通アクセス

だざいふ遊園地は太宰府天満宮の境内にあります。

車の場合

九州自動車道

「太宰府IC」から約6km


九州自動車道

「筑紫野IC」から約5km


福岡都市高速道路2号線

「水城IC」から約6km

電車・バスの場合

西鉄福岡(天神駅)から

天神駅 ⇒(西鉄大牟田線(特急・急行))⇒ 西鉄二日市駅 ⇒(西鉄太宰府線)⇒ 太宰府駅


JR博多駅から

各駅 ⇒ JR博多駅 ⇒ JR博多駅隣接の博多バスターミナル ⇒(西鉄バス太宰府行き)⇒ 到着

事前に確認するようにして下さい

掲載している情報は参考程度にして下さい。お出掛けになる場合は公式ホームページで確定的な情報を得てから出掛けるようにしましょう。

詳しくはコチラをご覧ください。公式ホームページ

-福岡県, 障がい者手帳が使える施設
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者手帳が使える施設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.