障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

障がい者

発達障害とは?

言語聴覚士のイラスト

発達障害についてどれくらい知っていますか?一言で発達障害と言っても色々な症状があり、近年では発達障害に対しての理解が進み、発達障害だとされる子供の数は増加しています。有名人でも発達障害を告白する人や、誰もが知る偉人ですら発達障害だったとわかっています。

しかし、世間での認知度や発達障害の傾向がみられる人が増加はしていますが、有名な言葉過ぎるためなのか、発達障害って何?とは聞けません。僕もその一人で、発達障害って何だろう?と思っていました。それで、一人でこっそり調べたので、似たような状況の人へ向けて解説します。

発達障害とは

発達障害と一言で表しますが、発達障害を細かく分類していくと、「自閉スペクトラム症」「注意欠如・多動症(ADHD)」「学習症(学習障害)」「チック症」「吃音(読み:きつおん)」などが含まれます。共通点として、生まれつき脳の働き方に違いがあるという点が共通しています。しかし、同じ障害名でも特性の現れ方が同じ障害名の他人とは違ったり、いくつかの発達障害を併せ持ったりすることもあります。

自閉スペクトラム症

早い話がコミュニケーションが苦手です。相手を見て視線、表情、身振りなどを用いて相互的にやりとりをしたり、自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを読み取ったりすることが苦手です。また、特定の人物とはよく話したり、特定のことに強い関心をもっていたり、こだわりが強かったりします。世に名前を残すような何かの天才に多い障害です。また、感覚の過敏さを持ち合わせている場合もあります。

注意欠如・多動症(ADHD)

一番耳にするけど、どういった症状なのか良くわからない症状ではないでしょうか?どのような症状なのか?年齢の割には落ち着きがない、待てない(多動性-衝動性)これらは年齢が上がるにつれて改善される事が多いのですが、症状が残る可能性もあると言われていますし、そのことに関しての理解も進んでいます。

他にも症状として、注意が持続しにくい、作業にミスが多い(不注意)といった特性があります。多動性−衝動性と不注意の両方が認められる場合も、いずれか一方が認められる場合もあります。

学習症(学習障害)

基本的には全般的な知的発達に遅れみられませんが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものとされています。

学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されますが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではありません。

チック症

チック症というのは、思わず起こってしまう素早い身体の動きや発声です。まばたきや咳払いなどの運動チックや音声チックが一時的に現れることは多くの子どもにあることで、癖と思われることが多く、癖と判別しにくいという側面もありますから、そっとしておくのも良いのかもしれません。

しかし、体質的にさまざまな運動チック、音声チックが1年以上にわたり強く持続し、日常生活に支障を来すほどになることもあり、その場合にはトゥレット症とよばれます。

吃音(読み:きつおん)

これは突然特定の言葉が出にくくなる症状です。 失語症者に見られるよく似た言語行動は「吃様症状」として吃音とは区別されています。非吃音者があせって早口で話す時に「つかえる」ことや、テレビ番組の出演者が使う「噛む」事とも異なります。

この症状は個人差が非常に大きいこともあり、一人ひとりの中でも変動(発しにくい音、頻度、吃音症状が引き起こされる条件などが変わる)が大きいことが特徴です。

日頃の接し方が大事

発達障害は先天性の障がいの一種なので、日頃の家族とのコミュニケーションや地域、友人とのコミュニケーションなどで大きく違ってきます。本人が生きやすいかどうかは環境次第です。

環境次第で本人が持っている力を100%発揮できるかは周りが作り出す環境次第です。

-障がい者
-, , , , ,

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.