最低賃金の全国平均以下で働く障がい者

車椅子の生活

世間は障がい者だからと差別しているのではない。

先に言っておくと、僕は身体障がい者の2級で車いすを利用している男ってか、おっさんです。障がい者には、大きく6種類に分類されます。「身体障がい者」「知的障がい者」「精神障がい者」そして、それぞれ「先天性」「後天性」のどちらであるかにも分類されて、障害の種類や、等級、区分と分けられます。色々な障がい者の人と関わりましたが世間に対して負い目を感じている人が圧倒的に多くて、自分から行動しないと誰も相手にしてくれないと説明しても、世間から白い目で見られているとか、バカにされている、自分は所詮は障がい者だからとか思っている人が多いです。

ハッキリ言って世間はそれほど興味がない

今までで、高いところにある物を取ってほしい時に「すみません。あれを取ってもらえませんか?」って言って、無視されたことも無いし、嫌な顔をされたことなんてありません。もちろん「ありがとうございます」は忘れません。坂道があると「押しましょうか?」って聞く人が今まで何人もいました。「大丈夫です。ありがとうございます。」って毎回言っていますけど、もちろん男女問わずです。高校生が沢山いても指さされて笑われた事もありませんし、何か人を助けるとお礼を言ってもらえます。

差別されている?

「知的障がい者」「精神障がい者」の場合は差別されていると勘違いする人がいますが、その行動について話を聞くと当然です。礼儀正しい重度の知的障害の子は毎朝駅員さんに挨拶をして、他人に話しかけるときは常に敬語、その子は話を聞く感じでは世間から差別されている感じはしません。差別されていると感じる人は挨拶が自分から言えない、お礼も言えない、あやまれない、他人に話しかけるとき常にタメ口、昔居たのが身体障がい者の男で女性意外とは話さない奴がいました。そして差別されていると思う様になる行動を起こす原因として、それを親や世話人が容認している人です。障がい者だからと甘やかされている人がつまりは差別されていると勘違いする人いうか、社会のルールが守れない人です。世間から嫌われることを障害のせいにしている人が結構いました。

障がい者かどうか関係ない

障がい者であっても、障がい者でなくても社会のルールを守れない人は世間から嫌われます。電車で障がい者スペースで荷物を持っている人が場所を譲ってくれました「こちらどうぞ」って感じで。ぼくはすかさず「混んでいるのに気を使ってもらってすみません。ありがとうございます。」って言いました。帰り道が同じだった同僚の精神障がい者は「このスペースは車いす専用だから、向こうがどいて当たり前だから、お礼なんか言う必要ない」って言ったので、キレましたが、電車が混んでいたので怒鳴らず、その人に背中を向けて、一人スマホを弄っていました。次の日になんで怒っているかわからない?と他の人をつうじて話が来たので「どこだろうと話すのは構わないけど、あんな常識が無い人と一緒に行動したくない。」って直接言うと波風立つので伝えてもらい、その後は一人で行動していました。電車の中でトラブルになった事は一度たりともありません。

障がい者の中の差別

こっちの方があります。「〇〇君、あいつとは喋るな。」や「あいつとは話さない方が良いよ。」とか障がい者施設に通っていた頃には聞きましたし、無視していました。見た目で他人をバカにするのは、世間の人より障がい者の中が多かったです。これは、先天性とか後天性の障がい者として判断するより、一定の年齢より年上の男性に多い傾向です。世間の人が障がい者を差別している事よりも、障がい者同士の方が差別がある気がします。そんな中に、僕みたいにズケズケと物を言う人間がいると浮いていました。

あとがき

障がい者への差別があると障がい者自身や、その家族の方が思うかもしれませんが、障がい者を理由に差別する人は今の世の中、ほとんどいないと思います。差別されていると感じるのは自分自身の普段の行動、障がい者だからと甘やかして育てたからいけないのではないでしょうか?差別されていると感じるのは、自業自得だと思います。社会に出て仕事をするなら社会のルールを順守するべきです。

ちなみに、誤解が無いように言いますと、今回出てくる障がい者と言うのはほとんどが中途半端に軽い人なんで。施設に入所して、外に出ない人はそれでいいんじゃないですか?社会に出てないから、社会のルールを守る必要もないですから。更に言うと、僕は毎回施設の利用者と仲良しになるんで。本人に面と向かって、お前は常識を勉強しろとか言えますから。

-車椅子の生活
-,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.