障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

おススメするサービス 車椅子の生活 雑学

障がい者雇用と一般雇用の違い

段々と障がい者雇用に関して理解が進む日本。諸外国までとはいかなくても一昔前より雇用率は伸びていますし、精神障がい者の雇用に関しては雇用者数に算入出来るようになってからは加速するように雇用率が上がっていますが、障がい者と企業の間には隔たりがあるのは事実です。

障がい者と企業とは、つまり障がい者と健常者という事になります。今回は、障がい者雇用と一般雇用について説明します。どちらの雇用にもメリットとデメリットがありますが、どちらの雇用が自分に合っているかの判断に役立てれば良いと思います。

The justice hammer and wood house for property or business concept 3d rendering 92369393

障がい者雇用と一般雇用の違い(法律と制度)

障がい者雇用と一般雇用は何がどう違うのか?簡単に言えば「労働環境や企業の義務」が違います。企業は障害者雇用でなくても職場の安全や社員の健康を維持する「安全配慮義務」、雇用契約の禁止事項などを定める「労働契約法」など様々なルールに則って経営していますが、障がい者雇用は更に厳しいルールが設定されています。

法律面

法律面での違いと言うと、障がい者雇用について「障がい者雇用促進法」があるという事が違うでしょう。障がい者雇用に関して法律で定められた点は大きく3つです。

・障害者の雇用義務​企業は障害者へ雇用機会を与えるために障害者を積極的に雇用しなければならない
・差別の禁止​障害者と健常者で労働条件に差をつけてはいけない
・合理的配慮​障害者が安心して就労できるよう施設改修や社内体制の整備をしなければならない

この条文は、一般雇用にはありません。一般雇用に関しても男女の差別は禁止されていますし、社員の労働環境を整備しなければならないという義務も課されていますが、障がい者を確実に雇用して労働環境も整えなければならないというのが一般雇用との大きな違いと言えるでしょう。

制度面

障害者雇用促進法には「企業は積極的に障害者を雇用しなければならない」という条文がありますが、この条文は罰則や報奨金などを設けなければ実現しません。なので、国はどうにかして企業が一定数以上の障がい者を雇用しなければならないという状況に持っていこうと、4つの制度により企業にノルマを課したり助成金の支給などを行っています。

【障がい者雇用率制度】 障がい者に一般雇用と同じ水準で労働の機会を確保するため、民間企業だけでなく国や地方公共団体、特殊法人に対して一定数の障がい者雇用を義務付ける制度。民間企業が雇用する障がい者数を平均割合として設定し、国や地方公共団体、民間企業の雇用率達成が義務付けられています。
【障がい者雇用納付金制度】 障害者の法定雇用率が達成できなかった場合、一定額の納付金を納めるよう義務付ける制度。反対に法定雇用率を達成できれば、同制度により助成金が支給されます。
【特例子会社制度】 障害者のために配慮した子会社を設立して要件を満たせば、雇用率に算定できる制度。
【各種助成金制度】
施設改修や通勤対策、職場実習、支援機関の利用を行う企業に助成金などを支給する制度。

特に各種助成金は実に多くの制度で充実しており、企業はもちろん障害者の就労支援や継続支援を全面的にサポートしています。

コチラの記事より

障がい者雇用と一般雇用のメリットとデメリット比較

障がい者にとって、障がい者雇用と一般雇用なら障がい者雇用が良いに決まっていると思うかもしれませんが、やはり人によって捉え方は違います。

そこでメリットとデメリットを比較してみました。

障がい者雇用のメリット

・障がい者の求人は大企業の求人が多く福利厚生などの待遇も良く、安定かつ充実した雇用条件で働けます。
・事前に知らせておく必要がありますが、通院や服薬、休憩、社内設備などに配慮してもらえたりします。
・どんな障がいがあるのか伝えている場合が多いので、症状や特性に応じた業務や配属を決めてもらえる
・基本的に残業は無いか、あったとしても少ない企業が多いです。

一般雇用のメリット

・学歴などに左右されますが、中小企業の求人数や募集している職種が多いため自分にあった仕事を見つけやすいでしょう。
・どのような業務を任されるかにもよりますが、様々な仕事に関われるためスキルアップしやすいという事もあります。
・待遇面での差が大きいです。昇進もそうですが、昇給や賞与もあります(障がい者雇用でも昇給や賞与がある企業が増えています)。

次にデメリットです。

障がい者雇用のデメリット

・大企業も求人を出していたりするのですが、実は何処も似たような職種や業界だったりします。
・募集している仕事が簡単そうで雑用感が否めないです。
・契約社員やアルバイトからのスタートが多いので、給料は低いです。
・同僚が障がい者に対して好意的な人とは限りません。

一般雇用のデメリット

・障がい者だという事を隠しているので、特別な配慮を受ける事が出来ません。
・障がい者だという事を周りに知られてはいけないというプレッシャーがあります。
・決まった仕事が終わらなければ残業もありますし、いきなり休んだりも出来ません。
・任される仕事の内容も責任が重く、量も多いです。(やりがいがあると言えば聞こえは良いのですが。)

あとがき

どのように捉えるかは自由ですが、僕としては気が楽な「障がい者雇用枠」で障がい者だという事を隠さずに働く方が良いと思います。一般雇用枠で健常者と同じパフォーマンスを発揮できる自信がある障がい者の場合は一般雇用枠で挑戦してみるのも良いのでは無いでしょうか?

-おススメするサービス, 車椅子の生活, 雑学
-,

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.