大切なのは清潔感。清潔感を持つためにはどうすればよいか?具体的な方法って?車いす利用者【必見】具体的に清潔感を出すには

車椅子の生活

車いす利用者でも障がい者手帳のカバーの色は自治体によって違う

今日「春日市役所」に障がい者手帳の住所を書き換えに行きました。そこで、障がい者手帳のカバーがボロボロだったので新しいカバーに交換してもらおうと思って、お願いしたところ、福岡県の手帳のカバーは色が違い、大きさも違う事を教えてもらいました。どうも調べたところ自治体によって色が違うそうです。

愛知県では緑色のカバーでした。福岡県では青色のカバーだそうで、何かあり、障がい者手帳を再発行するときに福岡の障がい者手帳に切り替えるので、今のところはボロボロだけどボロボロのままで良いから使い続けてくれとのことです。

まだ引っ越して日が浅いのでまだデータが愛知県にあり、福岡県にないそうなので福岡県ではすぐには再発行できないそうです。

手帳の事がよくわからないので簡単ですが調べてみました。

手帳の呼び方

「障害者手帳」と称する場合、あらゆる障害者の手帳を指すこともあみたいですし、精神障害者の手帳のみを指すこともあるみたいですし、身体障害者の手帳のみを指すこともあるそうです。身体障害者手帳と精神障害者保健福祉手帳のみ、法令に基づく障害者手帳である。その他の手帳、療育手帳などは根拠とする法令がないそうです、ただ知的障害者も同じく障がい者です。

なお、難病患者の障害者手帳の代わりになるのが、特定医療費(指定難病)受給者証だそうですが、人数も少なく認知度も低いです。しかし障害者総合支援法の施行により、提示して受けられるサービスは徐々に増えているようです。

手帳の表紙が違う

手帳の表紙には、身体障害者の場合「身体障害者手帳」、知的障害者の場合「療育手帳」等と表示され、表紙を見れば障害の種類が分かるようになっていますが、精神障害者の場合、表紙に「障害者手帳」とだけ表示され、中を見なければ精神の障害であることが分からないことが多くあります。そのため、単に「障害者手帳」という場合、精神障害者の手帳だけを指すこともあるそうです。

車いす利用者の場合は見た目から身体障がい者とわかりそうですが、一つの障害以外を併発していることもあります。

区別される精神障がい者

過去において、精神障害者手帳は他の障害とは区別され各種優遇を受ける事が出来ない場合もあったそうです。徐々に変わりつつあります。というのも、障害者自立支援法が施行され、さらに障害者総合支援法に変わったのですが、全てが改善されたという訳ではなくて現状は未だに不十分ですが、それでも順次是正されつつあるようです。

あとがき

それぞれの障がい者にそれぞれデメリットがあるようです。ちなみに、最近増えてきているのは障害者の「害」を平仮名で障「がい」者と混ぜて表示する場合があるそうです。

-車椅子の生活
-,

Copyright© 車椅子利用者になったものは仕方がない , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.