「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」それぞれの違い

似ていますが、それぞれ内容も意味も、どれもこれもが違います。↑↑確認してみましょう。

雑学

働いている場合の障害年金の受給について

障がい者にとってある一定以上の等級がある人には身近な障害年金ですが、そもそも障害年金とは、病気やけがなどで仕事に支障が出るようになったときに受け取れる年金のことです「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2種類があります。

おそらく障害年金の場合は健常者の人や皆さんがイメージしている年金と少し性質が違います。年金というと、老後資金として受け取れる国民年金や厚生年金をイメージする人もいるでしょう。しかし、障害年金は「年金」という言葉が付いていますが、受け取りに年齢制限はなく、高齢でなければ受け取れないお金ではありません。ちなみに、障害年金は下記の3つの条件をすべて満たしていれば、年齢関係なく現役世代でも受け取れます。

初診日に関する要件

障害基礎年金の場合、「初診日が国民年金の加入期間、あるいは年金に加入していない20歳前か60歳以上65歳未満の期間」でなければなりません。未成年と高齢者は年金に加入していなくても対象となるようですね。

一方、障害厚生年金の受給には、「初診日が厚生年金に加入している期間」であることが必要です。ちなみに、初診日とは障害の原因となった病気やけがについて、医師などの診療を最初に受けた日を指します。

障害認定日の等級に関する要件

障害基礎年金の場合、障害等級が障害等級表の1級か2級でなければなりません。つまり特別障がい者と言われる区分ですね。

一方、障害厚生年金は、障害等級が障害等級表の1~3級のいずれかに該当していることです。障害の内容によっては障害の程度が変わる事があります。障害がその後、重度に変わったときには障害認定日にかかわらず受給資格を得られる場合もあります。

注意しなければならないのは、この障害等級は、身体障害者手帳で認定を受けている等級とは異なるため気を付けましょう。自分はどれくらい貰えるか勝手に思い描いていると貰える金額の違いに落胆するかもしれません。

保険料の納付に関する要件

最初の要件と近いかもしれませんが、国民年金や厚生年金などの保険料を、初診日がある月の前々月までの被保険者期間で一定期間、納めていることも条件です。ただし、初診日時点で65歳未満の人が2026年4月1日前に初診を受けた場合には、初診日がある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないことを初診日の前日の時点で確認できれば、条件を満たしていることになります。

これが重要で保険料を未納していたために障害年金を受け取れない人ってかなりの数います。僕もその一人ですが、払わなければどうなるかなどを言ってこなかった国にイラっとしました。つまり20歳前で年金に加入していない未成年者の場合は関係ありません。

姪っ子が家の中を走り回りますが、U-NEXTで「それいけ!あんパンマン」をみせると大人しくみています。しかもこの番組は教育上で良い事はあっても、悪い事は無いので見せる事に問題はありません。過去作品が多いので毎回違う作品をみせても大丈夫です。

本題、障害年金は働いている場合でも受給することが出来る?出来ない?

結論から先にいうと、障害年金は働いていても受給は可能です。働きながら受給することが出来る理由ですが、障害年金はもともと病気やけがで仕事などに制限が出た場合に受け取れるものです。それはつまり、まったく仕事ができなくなった人だけに支給される年金ではないからです。障害年金について良くわからない人からしてみたら意味がわからないかもしれませんけど。

ただし例外もあります。当然ながら、仕事や生活にまったく影響がないほど元気に働けている人は受給対象となりません。受給しなければいけないような理由ともならないからですね。ちなみに、障害年金を受け取るには主治医の意見書が必要です。たとえ、がんなどの重い病気や精神障害などを患っていても、仕事などに支障が出ていないと主治医が判断した場合には、受給できない可能性もあります。

また、すでに障害年金を受給中の人が働き始めた場合どうなるのか?ですが、すぐに受給がストップされることはなく、最低でも次の更新のときまでは継続して障害年金を受け取れます。

あとがき

障害年金を受け取るためには上記3つの条件を満たしている必要がありますが、条件を満たしていれば、年齢が若い人でも受給は可能です。障害年金を受給している事はたとえ働いていたとしても、マイナス評価にもなりませんし、受給をしている事を聞かれた場合は答える必要がありますが、報告する義務はありません。

余程ではない限り働いていても障害年金は受け取れる可能性はあるため、条件に該当している人は「自分は仕事をしているからもらえない」とすぐにあきらめず、所住所を置く市区町村役場や年金事務などに一度相談してみるとよいでしょう。

-雑学
-, ,

Copyright© 最低賃金でも , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.