車椅子あるある 車椅子の生活

パラリンピックで車椅子は注目されたけれど…

大手100ショップと提携!日々のお買物でプチ稼ぎ《ハピタス》

東京パラリンピック最終日の2021年9月5日、東京・国立競技場で閉会式がありました。もちろんテレビで生中継されていましたね。印象深かったのは、終盤でジャズミュージシャンのルイ・アームストロング氏の代表曲「What a Wonderful World」(この素晴らしき世界)が歌われる場面です。選曲がピッタリで、少し感動しました。

今回の大会で、障がい者が少し注目されたかにも思えますが、現実は障がい者全体ではなく僕らのような身体障がい者で、中でも車椅子は妙に注目されました。大会には知的障がい者も参加していましたが、精神障がい者はいませんでした。

車椅子の人間は、健常者と言えば違うし、頭の中は健常者みたいな人が多いから、障がい者からは違う扱いされるので、変な存在です。

でも、世間からは身体、知的、精神は関係なく一括り

仕事が出来るくらいの体力があったとしても、周りがやたらと過保護になり、良くても就労継続A型事業所です。

一応、雇用契約がありますから、最低賃金の時給は稼ぐことが出来ます。

ですが、障がい者が障がいを持たない人と同じ生活水準を保持できるよう、障がい者の差別を禁ずる法律、障がい者の社会生活の支援や福祉の充実を図ることを目的とした法律があるのですが、合って無い様なものです。

政府の人々は法律を履行していません。

障がい者が障がいを持たない人と同じ生活水準を保持するためには働かなければいけません。障がい者年金や介護保険を受給する(障がい者年金や介護保険は受給するための条件があります。)としても、働かなければ施設に入る程度の給付しかされません、ですが、一般企業で働く事は難しいので、働くとすればA型事業所などで働く人が多いのではないでしょうか?

A型事業所はその地域での最低賃金(最低時給)しかもらえません。 障がい者が障がいを持たない人と同じ生活水準を保持するためには、障がい者年金や介護保険を受給していない場合は最低賃金を受給した所で大した収入になりません。

そしたら、障がい者年金を受給していないのなら。結局は生活保護を受ける道しかありません。実家に住んでいるから問題がないという人もいるかもしれませんが、実家に住んでいる人の場合は問題が先延ばしになっただけです。

まとめ

2021年9月5日にパラリンピック閉会式は無事に終了しました。今年のパラリンピックは注目度が高かった気がします。車椅子利用者が特に目立っていたように思います。

障がい者が障がいを持たない人と同じ生活水準を保持出来るようにする。そんな文面がありますが、最低賃金では不可能です。

障がい者年金や介護保険を受給する資格が無い人は将来、生活保護を受給する以外道は無いのでしょうか?

営業時間、料金、アクセス方法は編集した当時のデータです。

-車椅子あるある, 車椅子の生活
-, , , , , , ,

Copyright© 車椅子です , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.