車椅子あるある

障がい者差別が無くならないのは障がい者自身に原因がある

前回の記事

就労継続支援A型とB型の簡単な違い

障がい者差別は無くならないと言いますが、ずっと疑問だったのですが、障がい者差別をしている健常者で20歳以上の人を見た事がありません。昔の記憶ですから現在はほとんどいないでしょう。ですがこれは、健常者に関してです。

中程度の知的障がい者は重度の知的障がい者には上から目線ですし、もしも障がい者差別があるとしたら、障がい者の中で優劣を決めているだけです。

障がい者差別ではなく、その人を嫌っているだけです。

ただ理由もなく嫌っているのではなく、理由があってその人が嫌いなだけです。

障がい者差別って、勝手に障がい者をひとくくりにするのは他の障がい者や世間の人に失礼ではないでしょうか?

前回の記事

就労継続支援A型とB型の簡単な違い

ブログの一番最初にも掲載していますが、世間の人はそれほど関心も持っていません。割とフツーに接してくれます。それでも差別はなくならないとか言いますが果たしてそうでしょうか?

小学校6年生の時

隣りのクラスに重い知的障がい者の女の子が居て、授業中でも好き勝手に隣りのクラスに行ったりしていました。喉が渇いたので面倒見の良い女の子にお茶を貰いに来たそうですが、隣りのクラスも授業中なのを知っていて、何も注意しないのは単なる特別扱いであって、注意するのは当たり前のことで差別でもなんでもないと思います。

そして、教師に「何で〇〇さんは隣のクラスなのに、こっちまで授業中に来るんですか?」って聞いたら、「あの子は仕方ない。」みたいに言われて、その後軽く説教をされました。

教師というか世間までその女の子を特別扱いしていましたが、当然隣のクラスの男の子からは同じ意見で嫌われていました。

就労移行支援事業所に通っている頃

車椅子は僕一人でした。全員が最初は凄ーく上からモノを言ってきていましたが、人よりもかなり口は達者ですから、簡単に言い負かしましたけど。

ただ、一応いじってはいけない部分があるようですから、そこはいじらないようにするのが大変でした。

ただ、そこにいる人間は小学校の低学年と同じで意味不明にプライドが高くて、自分の非を認めて謝ろうとしない。間違った事を言ってると指摘しても自分は間違っていないと言い張る。

そして、何故か僕は車椅子だから頭の回転が悪いそうです。

高校生くらいまで宿題とか自習したことありませんが、成績は真ん中くらいでしたからそれほど悪くもないと思います。(良くもないです)

身体障がい者なので一応脳は無事です。たまに物凄く幼稚な質問をされていました。差別とかするつもりもないし、特別に(母がここの施設の職員)身体障がい者の僕が通所しているし「郷に入っては郷に従え」ですから、ちゃんと答えてましたよ。

差別の原因

差別の原因は何なのか?色々と観ていますが、差別される理由を作り出しているのは、差別される障がい者自身です。

小学校の時から男の子の、知的障がい者がいましたが、フツーに楽しくいじられていました。ちなみに、普通学級に通学していました。

ちなみに、僕が通っていた施設は女性の職員が沢山いました。

職員の女の子に気持ち悪いとか言われている知的障がい者がいます。ここだけ聞いたら単なる差別でしょう。ですが、理由があります。女性の前や女性には年齢関係なく重い物を運んだり、仕事も張り切ってやるのに、男性しか居ないと、ちょっと重い物でも手が痛いやら、なるべく楽をしようとする人もいます。

別の人は雑誌で水着の女性を見つけては、何故か舐め回し、レンタルショップで旧作が100円の時にAVを10本借りてきて2日くらい休むって何を何回しているか…しかも、その人51歳ですから。

別の人は前にも言いましたが、駅で女子高生に抱き着いたり、別の女の子は、人種差別をするし。

様々です。全員が見事に自宅や離れたグループホームに入所している中途半端な知的障がい者ばかりでした。言いたいことが伝わらないとスグに噛みつく人もいます。

さらに、先天性の車椅子の人は何かをやってもらうのは当たり前みたいな態度をとって、例もろくに言えません。

差別が無くならないのは世間に原因があるのではなく、差別される障がい者自身の行動の積み重ねじゃないでしょうか?差別されているというより嫌われている。そして、それが噂で広まって、その地域ではその人に近づかなくなる。

世間の人は関心が無いようですが、そういう所はみています。

そうでも無い人は、そうでもない

施設に通っていましたが、大きい施設ですから通わずに入所している人もいました。重度の障害を持った人が主でしたが、ちゃんと挨拶はするし、お礼も言えるし、それほど歪んではいませんでした。

まず世間に出される前に、両親が甘やかすでしょう。小さい頃は当たり前ですが、それが大きくなっても同じです。だから、世間に合わせられずに常識外れた行動をとって世間に嫌われてしまうのではないでしょうか?

見たところ、最初から差別的な目で見るのは、障がい者の両親が他の障がい者を見る時だけです。

まとめ

障がい者差別がおこる原因は障がい者自身です。というよりも、障がい者だからと甘やかす家族です。

基本的に先天性の人はワガママで上から目線です。

差別は良くありませんが、人として「好き」か「嫌い」かは仕方ない事だと思います。

差別は良くありませんが、批判は構わないというか、(言葉選びに気を付けて)注意はするべきです。ちゃんとわかる人は分かります。それが差別をせずに平等に扱うという事です。

ご注意ください。

掲載している情報を参考にして頂けるのはありがたいのですが、掲載している情報は古い可能性(特に料金関連)があるので、確定的な情報は【公式サイト】で検索するようにしてください。

-車椅子あるある
-, , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者ですが? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.