バリアフリー 徳島県 障がい者手帳が使える施設

障がい者手帳が使える施設、鳴門市ドイツ館(徳島県鳴門市)

徳島県鳴門市には渦潮にちなんだ施設だけではなく、障がい者手帳が使える施設があります。それが「鳴門市ドイツ館」です。

鳴門市ドイツ館とは?

その歴史は大正時代に遡ります。かつて鳴門市大麻町(当時の板野郡板東町)には、大正6年~大正9年(1917年~1920年)のおよそ3年間、第一次世界大戦時に日本軍の捕虜となったドイツ兵を収容した「板東俘虜収容所」が存在しました。

板東俘虜収容所では、収容所と名前が付いていますが、所長である松江豊寿をはじめとした管理スタッフがドイツ兵の人権を尊重し、できるかぎりの自主的な生活を認めていました。そのため、ドイツ兵たちは元々優れていた技術を活かして様々な活動に取り組み、中でも盛んだった音楽活動においては、ベートーヴェンの「交響曲第九番」を、アジアで初めてコンサートとして全楽章演奏したそうです。また、ドイツ兵たちは地域の住民とも交流を深め、親しみを込めて「ドイツさん」と呼ばれるようになるほど打ち解けていました。こうした収容所と言うイメージからかけ離れているエピソードから、板東俘虜収容所は模範収容所と評価されました。

鳴門市ドイツ館は、板東俘虜収容所で過ごしたドイツ兵たちの活動の様子や、地域の人々との交流の様子を展示した史料館です。ドイツ兵たちが板東でどのような生活を送っていたのか、地域の住民とどのように関わり合ったのか、なぜドイツ館が創設されたのかなどを、具体的に知ることができます。中でも、第九初演のエピソードが映像とロボットで語られる「第九シアター」は見所です。

公式ホームページより

営業時間

09:30~17:00(入館16:30)

定休日

休館日:第4月曜日(祝日の場合はその翌日)年末12月28日~12月31日 年始は営業しているようです。

かなりの悪天候の場合は休館となる事もあるようです。

障がい者割引の対象者と内容

観覧料(史料展示室)

  料金表 障がい者割引の適用後
大人 400円 免除
小中学生 100円

障がい者手帳をお持ちのお客様は、史料展示室観覧受付の際にご提示ください。

身体障がい者手帳ならびに療育手帳の交付を受けている方で、第1種の方は、ご本人と介護者1名、第2種の方はご本人のみ、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方で、1級の方はご本人と介護者1名、2級・3級の方はご本人のみ、観覧料が免除となります。

バリアフリーに関して

車椅子の貸し出しをしていますし、屋内型の施設という事もあり、段差などに関しては心配いらないでしょう。2階建ての建物で1階にのみ車椅子に対応したトイレがあるようですが、可能ならば先に済ませておき、施設ではトイレを利用しない事をおススメします。

SNSで話題カラフルでおしゃれな不織布マスク

交通アクセス

周辺には「野生のサル」が出没するそうです。エサをあげたり、挑発したりしないで下さい。

車の場合

高松自動車道「板野」IC より

板野IC にて下車

県道12 号を鳴門方面へ。

徳島自動車道「藍住」IC より

藍住IC にて下車

県道1 号を板野方面へ

県道12 号を鳴門方面へ。

神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北」ICより

鳴門北ICにて下車

国道11号を経由して県道12号を池田方面へ。

鳴門市内中心部(市役所周辺)より

国道28号を経由して県道12号を池田方面へ。

事前に確認するようにして下さい

掲載している情報は参考程度にして下さい。お出掛けになる場合は公式ホームページで確定的な情報を得てから出掛けるようにしましょう。鳴門海峡は圧巻です。でも徳島県鳴門市の魅力はそれだけではありません。是非、直接体験して下さい。

詳しくはコチラをご覧ください。公式ホームページ

ご注意ください。

掲載している情報を参考にして頂けるのはありがたいのですが、掲載している情報は古い可能性(特に料金関連)があるので、確定的な情報は【公式サイト】で検索するようにしてください。

-バリアフリー, 徳島県, 障がい者手帳が使える施設
-, , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者手帳が使える(バリアフリー)施設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.