【 楽天1位受賞 整体師 推薦 】 枕 安眠 肩こり 首こり ギフト 竹炭 低反発枕 マクラ 安眠枕 まくら 通気性 横向き寝 いびき 頸椎サポート 快眠枕 ストレートネック 低反発 ピロー 誕生日 男性 女性 SUUYA 正規品 【 送料無料 あす楽 】

価格:2,980円
(2022/7/24 20:01時点)
感想(1036件)

車椅子の生活

障がい者雇用で企業に雇用されるには

最低賃金の伸び率は全国平均で31円アップで、最低時給は全国平均で961円だそうです。ですが、この金額は10月からの適用になります。

障がい者の場合雇用契約を交わすのですが、就労継続支援A型事業所の場合は最低賃金で僕のところは4時間しか働けません。しかも、最低時給の全国平均を下回る870円(8月3日時点の時給です)就労継続支援A型事業所によってはもっと長く働ける場合もありますが、そうすると雇用に関する事が少しややこしくなったりしますけど。

一般企業に勤めても障がい者枠と言うのは賃金が安いです。一般企業の場合は、時給が低くても6時間以上は働ける場合が多いので、就労継続支援A型事業所よりは稼ぐことが出来ますけど、それでも一人暮らしの場合は楽な生活は出来ません。

障がい者雇用の賃金が安い理由

そもそも障がい者雇用の賃金が安い理由とはなんでしょうか?

障がい者雇用の賃金が安いというよりも、賃金を多く貰えるような仕事を任せてもらいにくいというのが正しいのでしょうか?最初から正社員として迎えてくれる企業は少ないです。最初は契約社員やアルバイトからスタートが多いのでは無いでしょうか?

3年~5年以上勤続で正社員として再雇用とする場合がほとんどで大半はそれまでの間に辞めるようです。

正社員として再雇用された場合でも、障がいの内容によってはやりがいのあるような仕事をまかせて貰えたりはしないので、やりがいのある仕事をしたければ、副業をする事をお勧めします。

障がい者雇用のメリットとして、正社員になれば解雇されにくい(解雇されないわけではない)という特徴があります。本業にやりがいを求めて職を転々とするよりも、本業での収入は生活の基盤とし、やりがいのある副業をさがすのも良いでしょう。

企業に雇用されるにはどうすれば良いか?

企業に雇用されるためにはいくつか方法があります。まず、自分で色々な媒体から求人を見つけて応募する。次に、障がい者用のリクルートサイトに登録してエージェントに紹介してもらう。次に、ハローワークから紹介してもらう。次に、障がい者施設や特別支援学校から推薦してもらう。最後に、企業からスカウトを受けて応募するです。

自分で色々な媒体から求人を見つけて応募する。

STAFF募集のチラシ スタッフ募集 69502459

障がい者の求人をしている企業はインターネットや新聞などで募集をしている事が多いです。ハローワークに行って探す方法もありますが、その際はハローワークの紹介状が必要となります。自己応募の場合はなかなか手間がかかりますし、企業は建前で年齢不問や未経験歓迎とか言っていますが、本当のところは違ったりするので、自分のスペックに自身がある人以外は自分で求人を見つける事をお勧めしません。

障がい者用のリクルートサイトに登録してエージェントに紹介してもらう。

ビジネス エージェント 40674734

障がい者用のリクルートサイトに登録して、エージェントに紹介してもらう方法が障がい者にとって一番就職への近道ではないでしょうか?僕も福岡県に引っ越す前、愛知県ではエージェントに紹介してもらい名古屋市瑞穂区にある会社に就職していましたから。エージェントは企業からお金を貰っています。そして、その人が勤めた期間が長ければそれだけお金が入ってくるので、エージェントは親身に探してくれます。エージェントに紹介してもらう場合は、事前に障害の事や必要な設備、必要な配慮などを細かく聞かれるので、ミスマッチも防ぐことができます。

障がい者は就職するなら地方?都市部?(こちらから登録できます)

ハローワークから紹介してもらう。

ハローワーク品川 77731249

これはハローワークの窓口に行かないと紹介してもらえないので、営業所まで家から距離がある人であったり、車いす利用者や足が悪い人など。地方で就職する場合や就労継続支援A型事業所などの求人は多くを抱えている人がいるかもしれませんが、企業で就職する場合、障がい者雇用でのハローワークの利用はお勧めしないです。求人を出すのも無料で出来るためブラックと呼ばれる企業に応募してしまう事もあるそうです。

障がい者の職業訓練施設や特別支援学校から推薦してもらう

若い夫婦に営業するビジネスウーマン

これは期待して待つことでは無いのですし、特別支援学校の場合はその人の特性を観る事が出来るので、その人にマッチした職を紹介してもらえるかもしれませんが、障がい者の職業訓練施設は推薦と言うより、雇って貰えそうな企業や団体にお願いするだけです。ほとんどアルバイトか就労継続支援A型事業所のどちらかでしょうね。施設庁の顔が余程広くない限り、就職先と言うほどのものを紹介はしてもらえないです。

企業からスカウトを受けて応募する

ビジネス スマホ 男性

こちらも期待して待ったり、狙ってどうこうできる訳ではありません。企業から声をかけてもらうためには障がい者用のリクルートサイトに登録しなければスカウトはされません。スカウトにも何種類かありますが、確実に就職できると確約するわけでは無いので注意してください。自己応募よりも可能性が高くはなりますが、自分以外にも同じような内容のメッセージが送信されていると理解しましょう。

あとがき

障がい者雇用の賃金が安い事はいきなりどうにもなりません。賃金は上がっても、同時に物価も高騰するでしょうね。でも障がい者雇用の賃金が安いとは言っても就労継続支援A型事業所よりは高いので、就労継続支援A型事業所よりも障がい者枠で働く事の方が遥かに金銭的には良いでしょう。

-車椅子の生活
-,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.