車椅子利用者になったら誰もが悩む事、それは便秘です。自分が解消した方法

特例子会社と障がい者枠の違い

車椅子の生活

障がい者が就労移行支援事業所に通う理由・通う意味

障がい者就労移行支援事業所ですが、障がい者の職業訓練施設ですが相当簡単な作業しかやっていません。何かの技術が身につく訳ではないのに就労移行支援事業所に通所する意味があるのか疑問の人も多いと思います。これから通う事になる人も疑問に思うかもしれません。では、何故就労移行支援事業所に通所するのでしょうか?

就労移行支援事業所に通所するのは技術を身につけるためではない

障がい者の場合は人によって出来る事、出来ない事が違います。自分にとって何が出来て、何が出来ないのか、どういった配慮が必要とされるのかです。社会的なマナーを知らない人もいますし、知っているつもりの人もいます。色々な人がいますが、何を学ぶかは通う就労移行支援事業所によって違いますが共通しているのは自分を知るという事です。

紹介される就職先

あくまでも僕が見た限りは、就労継続支援A型事業所か接客業でのパートが多いです。この二つが多く紹介されるのは、推測ですが、受け入れてもらいやすい事と長い時間働けない場合が多いですからね。僕が通った就労移行支援事業所は身体障がい者は僕一人だったので身体障がい者の事は良くわかりません。

それでも就職先が見つからない場合はB型事業所か、生活介護や地域活動支援センターになります。

身体障がい者の人の場合は案外自分で探した方が良いかもしれません。

車椅子利用者が英会話教室を選ぶならスクーリングよりもオンライン一択です

-車椅子の生活
-, , ,

Copyright© 後天性の障がい者です , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.