障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

車椅子の生活 障がい者 雑学

そもそも障がい者支援施設って?老人施設とは違う

いつどのタイミングで身近な存在となるかわからないものの一つが障がい者支援施設です。でも、色々な種類の障がい者支援施設があります。障がい者支援施設にもよるのですが、夜勤などは意外と給料が良いので働いてみたいと思う人もいるのではないでしょうか?でも、働いてみようにも色々な施設があって、その一つ一つ違いがあったりして意外とどのような場所なのか知っている人は少ないと思います。

障がい者支援施設とは?

障がい者支援施設とは、障がいがある事で自宅で生活するには人の手を借りなければならないような人(障がい者)が利用する社会福祉施設です。障がい者程度区分は4以上、50歳以上の場合は区分3以上と定められています。障がいの種類や利用者さまの状態を把握し、最適な支援を行っている施設です。

障がい者の利用者が自分らしい日常生活を過ごしていけるよう、日中活動のサポートや施設入所支援に取り組んでいます。障がい者支援施設で行っている主な支援内容は次の通りです。

就労支援介護

利用する障がい者の就職をサポートする業務。健常な人と同じように一般的な就職をするケースもありますが、身体障がいの人はサポートがあれば仕事ができるケースとがあります。どちらの場合でも、障がい者本人の適性を見極めながら就職先を決めるなどの仕事選びが大切ですが、利用者本人の就職したいという気持ちも大事です。

余暇活動支援

障がい者本人が買い物や映画に行きたいといった希望があれば、それらの余暇活動をサポートする業務です。「同行援護(視覚障がいにより、移動に著しい困難を有する障がい者等につき、外出時において、当該障がい者等に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護等の便宜を供与)」「行動援護(知的障がいや精神障がいで常時介護を必要とされる方の外出を支援するサポーターです。)」「移動支援(移動が困難な人に対してガイドヘルパーが行う外出の支援サービスです。)」というように、障がいによって使えるサービスの名目は異なります。支援の内容によっては、経験年数や資格取得が求められる場合もあるので注意が必要です。

障がい者更生施設

リハビリテーションや機能訓練、治療などを行う施設。つまりは主に身体障がい者の人が多いでしょうね。障がい者の人が社会生活に適応していけるよう、生活習慣を身につけることを目的としています。

障がい者授産施設

普通に働くことが困難な、あるいは職業を得ることが困難な障害者に、生活指導したり、知識や技能を指導して、就労に必要な能力を促進し、職業訓練などを行なう施設です。就労支援と似ていますが、対象となる人がちがいます。

障がい者支援施設での仕事内容

障がい者支援施設では、施設によっては食事や入浴の介助をしたり、これも施設によりますがおむつ交換、レクリエーションなどを行います。また、就労を目標としている施設ではパソコンの操作方法や調理補助など、利用者さまの自立に向けた訓練にも対応しています。必要であれば本人や家族の相談に応え、掃除などの雑務も行います。その人の状態によっては手伝うだけだったりもします。

どんな仕事内容かは事業形態による多少の違いはあれど、同じなのは障がい者の日常生活や社会生活を支援する仕事であり、基本的な業務は高齢者向けの施設と大きな変わりはありません。

高齢者向けの施設でも同じですが、入所施設の場合は、早出・日勤・遅出・夜勤の勤務形態があります。何時から何時までかは施設によって大きく異なりますが、夜勤の場合はだいたいどこの施設も似たような業務内容で、施設を利用している人が就寝したあとは、定期的に巡視を行いながら翌日の準備を進めます。後は夜間の見守りですね。

障がい者支援施設は人手不足なことが多いですから、面接まではすんなり通るかもしれません。ですが、自分の希望する働き方が実現できるかは、募集要項やWebサイトで事前に確認しておきましょう。

もしも徳川家康が総理大臣になったら

ソース画像を表示

こんな妄想したことないですか?歴史上の人物で〇〇が生きていたら、日本はどうなっていたのか?って。その妄想を小説にしてしまいました。歴史上の人物の中で、徳川幕府と言う約200年に渡る体制を築いた徳川家康。

その徳川家康が総理大臣だったらどんな世の中になるのでしょうか?

あとがき

僕にとっても、障がい者施設と言うのは無縁の施設でしたし、気にも留めない施設でした。ですが、障がい者施設に通うようになって、色々なサービスがある事を知りましたし、複数の施設があるからこそ雇用が生まれたりして、障がい者の存在は意外な場所でビジネスにつながっているんだなぁと思いました。

どの市町村にも、全ての施設があるわけではありませんからご注意してください。

 

-車椅子の生活, 障がい者, 雑学
-, ,

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.