【 楽天1位受賞 整体師 推薦 】 枕 安眠 肩こり 首こり ギフト 竹炭 低反発枕 マクラ 安眠枕 まくら 通気性 横向き寝 いびき 頸椎サポート 快眠枕 ストレートネック 低反発 ピロー 誕生日 男性 女性 SUUYA 正規品 【 送料無料 あす楽 】

価格:2,980円
(2022/7/24 20:01時点)
感想(1036件)

車椅子の生活

障がい者用施設の種類

障がい者用の施設って言われると、「特別支援学校」くらいしか思いつかないんじゃないでしょうか?障がい者自身もなんとなくどんな施設か知っていても正確な名称は知らないんじゃないでしょうか?障がい者に関わる仕事をしている人でも全ての名称が分かる人は少ないと思います。

障がい者用の施設とサービスについて紹介します。僕は車いす利用者ですが、車いす利用者しか利用できないなんてことも無いので安心してください。

サービス名と内容

計画相談支援

ほとんどのサービスに関係してくる事ですが、障害福祉サービスの利用に伴うサービス利用計画書の作成、サービス利用状況の確認、サービス利用計画書の変更、これらに伴う関係者・関係機関との連絡調整を行います。

計画相談支援には、国家資格に基づく実務経験や相談援助等の実務経験などの要件を満たした相談支援専門員が働いているので安心してください。

地域移行・地域定着支援

地域移行支援というよりも、地域移行支援センターの方が知っている人もいるかもしれません。障害者支援施設の入所者や精神科病院の入院患者などが、地域生活に移行するために住宅の確保や外出の同行、サービスの体験などの支援を行います。こちらにも、国家資格に基づく実務経験や相談援助等の実務経験などの要件を満たした相談支援専門員が、地域移行支援従事者として働いています。

地域定着支援では、障害者支援施設の退所者や精神科病院を退院した人に、常に連絡の取れる体制を設けて相談を受け、必要に応じて緊急訪問し、地域生活を継続するための支援を行います。もちろんこちらにも、国家資格に基づく実務経験や相談援助等の実務経験などの要件を満たした相談支援専門員が、地域定着支援従事者として働いています。

居宅介護(ホームヘルプ)・重度訪問介護

居宅介護とは、自宅を訪問して、食事介助、入浴介助、排せつ介助、調理、洗濯、掃除、通院など、日常生活全般にわたる支援を行います。一般的には訪問介護とも呼ばれます。現場の仕事では、介護福祉士や実務者研修修了、介護職員基礎研修修了などの資格要件を満たしたサービス提供責任者と従業者(ホームヘルパー)が働いています。似たようなサービスに重度訪問介護というサービスもあります。

重度訪問介護では、重度の身体・知的・精神障害があり、常時介護を必要としている障がい者の自宅を訪問して、食事介助、入浴介助、排せつ介助、調理、洗濯、掃除、通院など、日常生活全般にわたる支援を行います。こちらを利用して外出している障がい者の人もいます。居宅介護に比べると力仕事もこなさなければいけない事もありますから、男性が多い気がします。

同行・行動援護

同行支援とは、移動に著しく困難がある視覚障害がある障がい者の人に、外出における情報提供、移動介助、食事介助、排せつ介助など、社会参加や地域生活を送るために必要な援助を行います。どうしても車が通るような道路を渡らなければいけなかったり、電車などで見かける事もあります。同行援護には、障害の特性を理解した介護福祉士、実務者研修修了などの資格要件と一定の実務経験、同行援護従業者養成研修修了を満たしたサービス提供責任者と従業者(ホームヘルパー)が働いています。

行動援護では、行動に著しい困難がある知的障害・精神障害がある障がい者の人に、外出における移動介助、食事介助、排せつ介助など、社会参加や地域生活を送るために必要な援助を行います。特別支援学校などに同行したりしていますね。行動援護には、障害の特性を理解した介護福祉士、実務者研修修了、行動援護従業者養成研修修了などの資格要件と一定の実務経験を満たしたサービス提供責任者と従業者(ホームヘルパー)が働いています。

療養・生活介護

療養介護では、病院へ長期入院している医療的ケアが必要な障がい者で、常に介護を必要としているご利用者に、主に日中帯に、病院で行われる機能訓練、療養上の管理、看護、医学的管理の下に、介護、日常生活上の世話を行います。療養介護には、医師、看護職員、サービス管理責任者、生活支援員が働いています。

生活介護では、障害者支援施設などで、常に介護を必要としている障がい者の人に、主に日中帯に、食事介助、入浴介助、排せつ介助、調理、洗濯、掃除、日常生活の相談、創作的活動、生産活動などを行いますが、病院と併設している場合も良くありますね。生活介護には、医師、看護職員、理学療法士・作業療法士、サービス管理責任者、生活支援員などが働いています。

施設入所支援・短期入所(ショートステイ)・共同生活援助(グループホーム)

施設入所支援では、生活介護や自立訓練、就労移行支援、就労継続支援A型・B型などを利用している障がい者に対して、施設で主に夜間の生活、入浴、排せつ、食事等の介護、生活等に関する相談・助言、必要な日常生活上の支援を行います。障害の種類に応じて分けられている事が多いです。施設入所支援には、サービス管理責任者、生活支援員が働いています。

短期入所(ショートステイ)では、福祉型・医療型のそれぞれの対象になる障がい者に、障害者支援施設や児童福祉施設などに短期間入所(宿泊)していただき、入浴、排せつ、食事などの必要な介護を行います。内容としてはほとんど入所の場合とかわりません。短期入所の多くは、本体施設の空床を利用した形態で運営されているため、本体施設と同じ職種が働いています。

共同生活援助(グループホーム)では、共同生活を送ることで身体的・精神的に安定が期待される障がい者に対して、共同生活の住居で主に夜間に、入浴、排せつ、食事等の介護、生活等に関する相談・助言、必要な日常生活上の支援を行います。こちらも障害の種類によって違うのですが、簡単に言うと障がい者のシェアハウスみたいな感じです。共同生活援助には、サービス管理責任者、生活支援員、世話人が働いています。

自立訓練(機能訓練)(生活訓練)

自立訓練(機能訓練)ですが、対象となる障がい者が身体障害者や難病患者などで、障害者支援施設、障害福祉サービス事業所、居宅において、理学療法や作業療法などのリハビリテーションと生活等に関する相談・助言を行います。自立訓練(機能訓練)には、サービス管理責任者、看護師、理学療法士または作業療法士、生活支援員が働いています。

自立訓練(生活訓練)では、対象となる障がい者が知的障害者や精神障害者などで、障害者支援施設、障害福祉サービス事業所、居宅において、入浴、排せつ、食事等の訓練、生活等に関する相談・助言を行います。自立訓練(生活訓練)には、サービス管理責任者、生活支援員が働いています。

就労移行支援・就労継続支援A型・就労継続支援B型

就労移行支援では、障害の種類関係なく就労を希望する65歳未満の障がい者に対して、生産活動、職場体験の機会を通じた就労に必要な訓練や就労に関する相談援助を行います。勘違いしている人もいますが、就労移行支援に通えば絶対に就職できるという保証はありません。稀にそういったサービスもありますが、就労移行支援には、サービス管理責任者、生活支援員、職業指導員、就労支援員が働いています。

就労継続支援A型では、企業等に就労することが難しい障がい者に対して、一般就労への移行を目指して生産活動の提供、知識・能力の向上のための訓練などを仕事を通じて行います。就労継続支援A型には、サービス管理責任者、生活支援員、職業指導員が働いています。

就労継続支援B型では、雇用されることが困難な就労経験がある障害者に対して、生産活動の提供、知識・能力の向上のための訓練などを行い、就労継続支援B型の訓練を通して、就労継続支援A型や一般就労への移行を目指します。就労継続支援B型には、サービス管理責任者、生活支援員、職業指導員が働いています。

就職に関しての記事です。障がい者は就職するなら地方?都市部?

就労定着支援

就労定着支援では、一般就労へ移行した障がい者に対して、就労による生活の課題についての助言や、就労の継続のために職場や自宅等への訪問などを行い、指導や助言を行います。就労定着支援には、サービス管理責任者、就労定着支援員が働いています。

自立生活援助

自立生活援助では、障害者支援施設やグループホームを利用していた、地域で一人暮らしを希望する知的障がい者や精神障がい者に対して、自立した日常生活や社会生活を送ることができるように、定期的な巡回訪問や随時の訪問・電話・メールなどの対応によって、相談・助言などを行います。自立生活援助には、サービス管理責任者、地域生活支援員が働いています。

参考資料カイゴジョブ

あとがき

想像しているよりも多かったと思いす。いくつサービス内容を知っていたでしょうか?最初からサービスを探そうとするのではなく、最初は役所の「障害・福祉課」で相談すると良いでしょう。

-車椅子の生活
-

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.