障がい者雇用におけるビジネスマナー

障がい者

障がい者が仕事を探す方法

ほとんどの人は仕事をして生活費を稼ぐ必要があります。それは、障がいがあろうと無かろうと同じです。しかし、生活費を稼ぐためだけに働くという人だけではありません。それは、自分が生きがいを感じられるから、社会に貢献したいからなど理由は人それぞれです。

障がい者が仕事を求める際は自分に合った仕事を求めた方が長続きするのですが、どのような方法で自分にあった仕事を探せばよいのでしょうか?障がい者というのは色々な条件をクリアした求人を見つけなくてはいけないので、一般の人よりも就職率が低いのが特徴であり、さらに一般的な就職活動とは異なる方法で就職活動をおこなうほうが、自分に合った働きやすい職種や職場環境で働くことができるのです。

障がいを抱えていても働きやすい職種や職場を探すためにはどのような方法を取るべきなのでしょうか?今回は障がいを持つ人に向いている仕事とその理由、向いている仕事を探す方法などについて解説していきます。

障がい者雇用の現状

障がい者雇用に関する求人は増えてきましたが、障がいの内容によって人それぞれで希望する条件があり、一般の人に比べると就職しにくいのが現状です。しかし、障がい者雇用の求人も様々なものが増えています。

理由として考えられるのは、最初は昭和35年7月25日に施行され、現在まで改正を重ねてきた障がい者雇用促進法にあります。この法律は今後も改正していく事が考えられます。

この法津が成立した背景としては、全国民が障がいがあるか、ないか、に関係なく個人として尊重され、分け隔てられることがなく、相互に尊重しあうことができる社会を実現しようという理念があります。

障がい者雇用促進法は改正を重ねられて現在の形に至ります。昔はもっと障がい者が生きづらい世の中だったみたいですね。ですが現在、この法律によって企業が雇用している人数のうち一定の割合で障がい者を雇用することが義務付けられています。この規定の人数を雇用していない場合には、企業名を公表されるなどのペナルティーが科されます。法定雇用率ってやつです。

ある意味強制的ですが、そのため企業は障がい者雇用に向けて積極的に取り組んでいて、結果として障がい者の求人数は増え、さらに色々と障がいに対して対応する企業も増えてきたこともあり、障がい者が就職しやすくなっています。一部ですが、障がい者向けの求人はハローワークなどで探すことが出来ますし、民間のリクルートサイトのエージェントに相談するのも良いでしょう。

障がい者の就職や転職相談はコチラ

色々な働き方

障がい者が健常者と同じような環境で働くとなると難しい場合もあるでしょう。障がい者の障がいに合った働き方を選ぶことが長期間の就労に繋がります。

在宅勤務

在宅勤務とは言いますが、ほぼテレワークですね。インターネットでやり取りをして自宅で仕事をする事になります。家にインターネット回線がある事が前提という訳でもなく、会社が貸し出してくれることもあります。勿論その場合、仕事用のパソコンを私用で使ったりは出来ません。会社に通勤する事に関して何か問題が生じる人に向いている働き方です。

障がい者雇用枠

一般企業で障がい者雇用枠(契約社員としてスタートが多い)で採用されて働くケースです。最初から障がい者という事を前提として採用されていますから、企業に対しての合理的配慮を求めやすいのではないでしょうか?

ただし、要求した合理的配慮が通るとは限りませんし、やりがいのある仕事を任せてもらえるという事は難しいかもしれません。

特例子会社

大きな企業が運営している場合が多くて、大企業が運営している様々なメリットがあります。働く人全員が何らかの障がいを持っています。なので障がいに対する理解と言うものは得やすいのではないでしょうか?

ただ、少し賃金は低い印象があります。

就労継続支援サービス

どうしても、一般企業での就労が厳しいという人には、サポートを受けながら働くことができる事業所を就労継続支援事業所といいます。

この就労継続支援事業所にはA型とB型があり詳しくはこちらで解説しています。

一般枠

特に規制はなくて必要な資格などの条件を満たせば誰でも応募する事は可能です。給料も健常者と同等支払われ、仕事に関してやりがいを感じられるかもしれませんが、健常者と同じ成果を求められます。

自分がやりたいと思う事が明確に決まっている人は挑戦してみても良いのではないでしょうか?

あとがき

どの様な働き方を選ぶのかで、どういった方法で求人情報を探したら良いのかが変わってきます。自分に一番合った働き方はどのような働き方なのかを理解する事が最初にすることかもしれません。地域の生活相談員と話し合って決めるのもよいかもしれません。

一般枠以外は、どの働き方を選んでも基本的に障がい者手帳が必要ですから、必ず役所に申請をして、発行が住んでから求人に応募しましょう。場合によっては障がい者手帳のコピーが必要となります。

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-障がい者
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.