障がい者雇用におけるビジネスマナー

おススメするサービス

「ヒロユキ」さんも言っている(身体)障がい者は将来安泰

身体障がい者であっても、先天性の人は障がい者年金を受給している人がほとんどですから、それほど気にもしないでしょうが、後天性の身体障がい者の場合は将来について不安でしょう。とくに後天性で障がい者年金を受給していない人の場合は、将来に不安しかありません。

意外と役に立つ「障がい者手帳」

手帳を持っている事を自分の欠点だと思っている人もいるかもしれませんが、手帳があると割引や免除がされるサービスがあったり、手帳が無いと利用できない制度も沢山あります。

その一つが障がい者雇用です。

障がい者雇用を簡単に説明すると、一定の従業員が働く企業はそのうちの数%は障がい者を雇用しなければいけません。法定雇用率と言いますが、一定数の障がい者を雇用しなければ罰金を払う事になります。

罰金を払うつもりの企業は沢山ありますが、大企業になればなるほど法定雇用率を順守しようとします。大企業ですから世間体とか気にしているのか、税金的な事なのかは知りませんけど。

手帳が無いと受けられないサービス

その人のスペックにもより違いますけど、大企業でも障がい者を無理矢理雇用しなければいけませんが、そういった求人情報は障がい者専用の求人サイトで募集されています。障がい者専用とは言っても正確には、サービスを利用できるのは障がい者のみということになります。

しかも、サイトによっては求人している会社が非公開求人の場合が多いので健常者の場合はサイトを見ても知る事は出来ません。

非公開求人は、担当者と面談をして紹介されます。担当者と面談をする場合に障がい者手帳のコピーなどの提出が求められます。担当者を通さずに公開している大手企業に応募する事が出来ますが、必ず、「履歴書」「職務経歴書」「障がい者手帳のコピー」が必要となります。

つまりは、どうやっても健常者はサービスを利用できない訳です。

誰もが知る大企業も求人しています

誰もが名前を知っているような大企業が求人しています。しかも、スペックに関する最初のハードルはかなり低いです。しかも、健常者の場合とは違い倍率もかなり低いので、確実ではありませんが入社しやすいかもしれません。
健常者と同じ仕事内容とは言えませんが、大企業ですから安定もします。

仕事が出来ないからとクビになったりする事も少ない

障がい者手帳を持っている障がい者をクビにした場合、新しく障がい者を雇わなければいけません。もしクビにする事で法定雇用率を下回るようなら更に罰金を支払わなければならないですし、「ヒロユキ」さんも言っていましたが、障がい者雇用で雇用した障がい者をクビにすると、コンプライアンス的な問題があるので、余程の理由がなければクビにはならないのではないでしょうか?

大企業に就職したいなら

後天性の障がい者の場合、大企業に就職したいのなら大企業が求人しているサイトに登録するべきです。大企業はハローワークには求人なんて出していません。どうせ自分なんかと諦めずに挑戦してみてください。

僕の就職が決まった企業もかなり有名な大企業の傘下で、38歳、高卒、これといった資格なし、それでも就職することが出来たのでやってみてください。挑戦するのは無料で出来ますからね。

障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

こちらもどうぞ。

障害者の転職

障がい者転職エージェント【Agent-Sana】

黙っていても就職は出来ません。将来結婚したいと考えているなら大企業で仕事をして、収入や精神を安定させることも近道になるかもしれません。

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-おススメするサービス
-, , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.