大切なのは清潔感。清潔感を持つためにはどうすればよいか?具体的な方法って?車いす利用者【必見】具体的に清潔感を出すには

おススメするサービス 車椅子の生活

車いす利用者もハローワークで仕事を見つける場合

雇用 求人 相談窓口

ハローワークでは仕事に関する相談窓口が設けられています。一般枠での求人と障がい者枠での求人とで分けられているので自分が該当する求人を探してみましょう。そして、募集している求人のなかで気になるものがあったときに、担当者の方と相談しましょう。求職者が個人では応募出来ない事になっているので、担当者が企業へコンタクトを取るという形になります。担当者によっては、在宅でできる仕事を探していることを告げると、相談に乗ってくれたり、情報提供してくれたりすることがあります。まずは、一度窓口で相談してみても良いでしょう。

パソコンモニターに映る近畿地方の有効求人倍率と履歴書

コンピューターで検索できる

一般枠でも障がい者枠でも、通常ハローワークで求人を探すときは、ハローワークが開設している「ハローワークインターネットサービス」を利用して、PCやスマートホンから求人情報をチェックします。(求人情報のチェックだけなら自宅からでも可能なんです。)ハローワークを利用したいけどよくわからない人は多いのではないでしょうか?そんな心配は無用です。ハローワークインターネットサービスから、障害者の方の仕事が探しやすいように窓口を開設しています。

ハローワークインターネットサービスのトップページから、「仕事をお探しの方へのサービスのご案内」のページへ移った「各種ご案内」のところに、障害のある方の仕事が探せるページがあります(サイトの仕様は変更になる可能性があるのでご注意ください)。このサービスを利用すれば障害があることを前提として仕事が探せるため、就職後に企業とのミスマッチが起きにくいのも大きなメリットです。

仕事を探すページで、少々面倒ですが条件入力としてフリーワードに「在宅勤務」を記載すると、障害のある方を対象とした、在宅勤務の仕事が見つかりやすいでしょう。一度検索して、登録した条件は保存されるので2回目以降の利用時に楽です。

ビジネス 面接 雇用

ハローワークを通しての就職は安心感がある

ハローワークに掲載されている企業の情報は、ある程度ハローワークで確認が取られています。沢山の求人情報がありますが、すべての就業先の求人内容に大幅な間違いが無いだろうといった、応募する際に安心感があるのが特徴です。また、ハローワークは都市部だけでなく、地元企業の情報量が多いこともメリットとして挙げられます。完全在宅勤務ではなく在宅勤務の場合、仕事や企業によっては月に数回程度か週に1回程度、出社日が設けられているケースもあるため、車いす利用者の場合は特に地元企業のほうが通勤の不便も少なくなるでしょう。

女性 ポートレートシリーズ

注意点

在宅勤務であってもハローワークで仕事を紹介してもらうには、ハローワークに本人が出向き、担当者に企業と連絡を取ってもらうほか、応募書類や面接の際に必要となるハローワークからの紹介状を受け取りに行く必要があります。インターネットで求人情報を確認することは出来ますが、最終的にはハローワークへ出向く必要があります。この場合、ハローワークが近くにあるという人は、不便が少ないかもしれませんが、車いす利用者や遠方の場合は時間も手間もかかってしまいます。

ハローワークで紹介される仕事は、企業の所在地や仕事内容などを、ひと通りハローワークがチェックしているのですが、しかし、膨大な求人票を預かっているので1社ごとの情報量が浅い場合があります。障がい者枠の場合はあまり聞きませんが、なかには業務がスタートしてから、仕事内容や待遇面などで、事前に聞いていたのとは異なるものを言い渡されるケースがあり、注意が必要です。必ずしも期待していた内容の仕事が出来るとは限りません。

あとがき

障がい者枠での仕事や、在宅勤務を希望する障がい者の方へはハローワークをおススメしますが、一般枠としてはあまりおススメしません。仕事内容や待遇が事前に聞いていたものと異なる場合は、ハローワークへ報告や相談をすることをおすすめします。

-おススメするサービス, 車椅子の生活
-,

Copyright© 我、車いすにつき , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.