愛知県 障がい者割引 障がい者手帳が使える施設

障がい者手帳が使える施設、東山スカイタワー(愛知県名古屋市千種区)

東山スカイタワーは、愛知県名古屋市千種区の東山動植物園に併設されている展望タワーです。

タワーの高さは地上134mなのですが、タワーは80mの丘の上にあるため、タワー自体の高さと丘の高さが加わり、標高では214mとなります。 名古屋市制100周年を記念して、1989年に建てられました。展望室は地上100m(標高180m)にあり、一切遮るものがない上空から JRセントラルタワーズ、名古屋テレビ塔、ナゴヤドームなど市内の名所を一望できるほか、これは時の運となりますが天気がよければ、 遠くに御嶽山や鈴鹿山脈の山並みを眺めることができます。

4階には制振装置が取り付けられていて、展望室・スカイレストランの揺れを減らして快適に過ごせるようにする目的もありますし、万が一があっても安全を確保する事が出来ます。そして、その実物をガラス越しに見ることができるので、安心感が更にアップします。どういったものなのかを簡単に説明すると、やじろべえのように1点で床に固定された約20tのおもりを揺らすことによって、建物の揺れのエネルギーを吸収し、 揺れ幅を6~7割程度に抑えています。阪神淡路大震災クラスの震度7(激震)でも大丈夫な仕組になっているので安心です。なお、展望タワーで制振装置を設置している施設は大変珍しいので、お越しの際は是非ご覧ください。

営業時間

開館時間

9:00~21:30(入館は21:00まで)これが基本となっています。

定休日は毎週月曜日・年末年始(祝日の場合は翌平日)となっています。

障がい者割引の対象者と内容

東山スカイタワー単体での入場料は300円となっています。中学生以下は無料です。

動物園を経由して来るという事も出来ます。東山動植物園/500円(動植物園共通券640円)

障がい者手帳を提示する事で減免が受けられます。詳細についてはコチラをご覧ください。公式ホームページ

ご注意ください。

掲載している情報を参考にして頂けるのはありがたいのですが、掲載している情報は古い可能性(特に料金関連)があるので、確定的な情報は【公式サイト】で検索するようにしてください。

-愛知県, 障がい者割引, 障がい者手帳が使える施設
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者手帳が使える , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.