障がい者雇用におけるビジネスマナー

障がい者

障がい者雇用枠で通常以上に稼ぐためには?

あって困らないものの一つがお金ですね。人間はお金じゃないと知りつつも、年収がどれくらいかでその人がある程度評価されますからね。それは障がい者にも言える事ですが、障がい者の場合は健常者の平均年収を稼ぐだけでも、物凄い偉業を達成したように見られます。障がい者は、障がい者特有の働き方をするのが一般的で、一般枠で働ける人は、ほんの一握りの存在だけだというか、先天性で症状が軽いか、メンタルが異常に強いかのどちらかでしょう。一般枠で働いて、能力のある人は高給取り(年収が高い)になれますが、一般企業の障がい者枠ですら採用してもらうのに一苦労で、それほど多くの人が働ける訳でもありません。それでも、手取りは10万円台前半といった場合が殆どです。

求人を観ていると障がい者枠で、月収が30万円以上という求人が稀にあります。一般的にはそれほど凄い金額ではありませんが、障がい者枠でその給与って高給取りみたいなものです。一般的な障がい者雇用枠での給料の倍以上を稼いでいますからね。

障がい者雇用枠で他人の倍以上を稼ぐにはどうしたら良いのかについて解説します。

障がい者枠でお金を儲ける事は可能?

それは、可能です。会社から貰える給料のみでも十分に他人よりも稼ぐことは可能ですが、「障がい者枠の給料は安い、やりがいのある仕事をする事は出来ない。」まず、この考え方は間違いであると気が付くべきです。高い賃金を払ってでも仕事をお願いしたい人なら、相手が健常者だろうと、障がい者だろうと、どちらでも良い事です。

障がい者雇用枠で普通の障がい者として働くのなら、諦めるしかないでしょうね。例えば、健常者の恋人が欲しいなら、相手が障がい者と付き合っても構わないと思うような人間になる事です。お金を儲けたいなら、お金を儲けられる人間になれば良いのです。

具体的にどうするのか。

具体的にどのような人が、お金を儲けられるのか?そちらを紹介していきます。

業務経験がある

実際の求人でも、正社員募集などの求人の場合は実務経験が3年以上という求人が目立ちます。事務関係が多いので事務関係だけだと思われるかもしれませんが、設計や不動産関係、金融関係と幅広く経験者のみや、経験者優遇の文字が見られます。

専門スキル・資格がある

何かしらの専門スキルを持っていると障がい者枠でもお金を稼ぐことが出来るようになります。プログラミングや簿記などのスキルを持つ人は、webサイトの作成、システム開発やアプリケーションの開発などIT企業への就職・転職へ有利です。簿記の場合、経理や財務はどの会社でも役に立つ仕事が出来ます。

Python(プログラミング)に関する無料資料請求

スタディング 簿記講座

語学力がある

これからはグローバルな時代に突入します。語学力がある事が年収アップにつながりますし、全世界に聴覚障がい者はいますので、英語で手話が出来るなど人などはとても貴重な人材です。

英語資格の「TOEIC」試験では障がいがある場合は障がいに合わせてがあります。

語学についてはコチラをどうぞ。

注意が必要

もしも、これらの能力を身につけて就職・転職をしたとしてもいきなり高収入を目指すというのは難しいでしょう。まずは、高年収を狙える業種の会社に就職して業務経験を積むというのが良いでしょう。

給与水準が高い会社を狙う

ごく稀ですが、企業によっては、業務内容は他の企業と同じでも、その企業の給与水準が高いために高年収を狙えるという場合もあります。外資企業や商社、業績好調な大手企業の一部などがその傾向にあります。ただ、人気が高いため求人を出すと応募が集中して、スグに募集を締め切る傾向にありますから、気を付けましょう。

エージェントを使う

自分1人だけで条件のいい仕事を探すのは大変です。転職活動全般をサポートしてもらうためにエージェントを活用するのもおすすめです。エージェントでは、キャリア相談、希望条件に合った求人の紹介、選考の対策、企業との年収交渉などを行ってくれます。求人サイトには掲載されていない非公開求人も含めて紹介してくれるので、優良求人に出会える可能性もあります。

障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

エージェントを利用した方が探しやすい

何かしらのスキルや資格がある人は、そういった事を伝える事で、持っているスキルや資格を生かしやすいポジションを開拓してもらえます。ポジション開拓とは、求人をまだ出していない企業に対して、エージェントから求職者のプロフィールを伝え「御社でこのようなスキルが生かせると思うので、選考してもらえませんか」と掛け合い、求人を開拓することです。

希望年収もエージェントを通じて伝えてもらえるので、希望する給与については自分では直接伝えにくいという人も多いでしょう。

あとがき

健常者と同じような成果を上げて健常者と同じようにお金を稼ぐというのは難しいでしょう。ですが、難しいと言うだけで不可能ではありません。世の中に「障がい者は稼いではいけない」なんてありません。

この記事が高給取りになるための役に立てば良いと思います。

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-障がい者
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.