障がい者雇用におけるビジネスマナー

車椅子に関係するアイテムの選び方

車いすの選び方

車いす生活になって、退院する時に最初に迷うのは車いす選びです。病院に入院していると車いすの事なんて気にしません。病院に常備されている車いすは、ほぼ手動ですし、安くて重い、更に機能が悪い車いすばかりが常備されています、なので、初めて購入した時にあまりの快適さにこころがはずみます。

ちなみに、室内ならエアチューブの車椅子の方が値段も手頃ですし、軽いので室内向けではあります。ただ、外に出る事があるなら、ノーパンクタイヤの方が安心です。常に誰かが居る環境ならエアチューブタイヤでも構わないと思います。

電動が良いのか、手動が良いのか?

その時の年齢と病気の種類によって違いますが、便利さだけで言うなら電動車いすの方が楽です。

電動車いすは、一人で全てを完結できる人が使うのは便利です。家や入所している施設から、一般道を通って近くのスーパーやコンビニに出掛けたり、駅に行って、駅員さんにスロープを出してもらえば一人で電車移動できるなど、一人で全てを行えて、かつ少しくらい歩けるような人はべんりです。

電動車いすにも何種類か存在しますけど、しっかりとしたタイプとなると実は価格もかなり高額です。手動にしても、電動にしても最初は車椅子の値段に驚くかもしれません。介助専用の車いすで1万円くらいのリーズナブルなタイプもありますし、杖を突いて歩ける人がたまに使うくらいなら問題ないでしょう。

車いすの値段なんて日頃気にしないので、相場は公表されていませんから、どれくらいの価格が適正なのかわかりませんよね。手動ですがこの値段は、割と良くある値段です。

カーボンフレームの30万円くらいの車椅子を使っている人もいます。ちなみに手動であっても、素材や機能が良いと値段も高くなります。

使っている車椅子

僕の車いすは19万円でしたが、県から購入に関して補助金が業者に払われて、自己負担ゼロ(つまり無料)で手に入れる事が出来ました。一括ではとてもじゃないですけど買える金額では無いです。

ちなみに、今使っているのは足をのせるステップが外れるタイプを使っています。「跳ね上げ式」と呼ばれるタイプです。跳ね上げ式は足をのせるステップが外れるだけでなく、肘掛けも上に跳ね上がります。車いすなのにガルウィングドア見たいです。そして、普段から足をのせるステップは外しています。これがあえて手動な理由ですが、足で進んでいるから、足をのせるステップは邪魔なんです。足で進む人は相当珍しいらしく、まだ浸透していないようです。

何故、足で進むのか?

21歳の時に車いすになりましたが、その時にリハビリの先生から「将来少しでも早く歩きたいなら、足を鍛えるために足を使いなさい」と教えられました。なので、極力手は使わないようにしています。

僕は慣れているのですいすい進めますが、簡単そうに見えるだけで慣れないと足が滑って前に進めません。全く進めなくて諦める人多いのではないでしょうか?

あなたが将来歩くつもりがなかったり、歩けるようになるまで自然に任せるなんて人は楽したりしても良いでしょう。

自分の将来を諦めたくない人は手で進まずに、意地でも足で進みましょう。ちなみに最初の頃は足に重りを付けると滑りにくくなりますよ。

まとめ

選ぶ基準は人それぞれですし、年齢や等級によっても違うと思います。車いすによっては、意外と値段も高いので、病院間の移動とかだけで、基幹的にもそれほど長くないのならレンタルで構わないでしょう。

自分で決断できない場合は、担当医に相談しても良いでしょうし、大きい病院には相談員が常駐している所もあるので、相談してみるのも良いでしょう。

  電動 手動
重さ タイプによりますが20㎏以上はあります。 15㎏くらいで、エアチューブの場合は-1㎏程度です。
広い 小、中、大とありますが、違いは数センチ程度です。
値段 安いタイプは10万円くらい。簡易タイプの相場は15万円前後でありますが、バッテリーを搭載しているタイプは25万円くらい~になります。 安くて重いようなタイプは1万円もしなくて買えます。通信販売で2万円くらいでも購入する事は可能です。

後付けするタイプの電動車いすや、アシストユニットも販売されていますが、どちらも車いす本体よりも高額になります。車いす生活に慣れて、就職して賃金を稼ぐようになればスポーツタイプの車いすを購入する事も考えて良いと思います。

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-車椅子に関係するアイテムの選び方
-, , , , , , , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.