障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

障がい者

障害ごとに向いている職業じゃなくて、実際に障がい者が多い業種

障がい者雇用って積極的な企業が増えていますね。

 

良い事ですが、実際に障がい者は企業に雇用されているのでしょうか?

 

障がい者雇用についてですが、実施状況について、実際はどうなのでしょうか?

実際の障がい者雇用の状況

障がい者雇用について、障害ごとに向いている仕事を解説していますが、実際はどうなのか?

 

紹介したとおり、一般き障がい者が多く働く業種は、様々な種類がありますが、以下はその一例です。

  1. 製造業:身体的な障がいを持っている人々が機械や装置の操作、製造ラインでの組み立て作業などを行うことができます。
  2. 飲食業:障がいを持つ人々が、飲食店での調理や接客などの業務に従事することができます。
  3. 清掃業:身体的な障がいを持つ人々が、清掃や廃棄物の処理などを行うことができます。
  4. 農業:身体的な障がいを持つ人々が、農作業などに従事することができます。
  5. 医療・福祉業:知的障がいや精神障がいを持つ人々が、介護や施設での支援業務などに従事することができます。

これらの業種において、障がい者雇用の割合は法律で定められた割合に従って、企業によって異なります。

 

また、最近では、IT分野やオンラインビジネスなど、新しい業種においても障がい者が活躍している例も増えています。

向いているからと言ってその職業で働くとは限らない

言葉のままで、その通りです。

 

障がいを持つ人々は、職業の選択や就業に障害がある場合があります。

 

そのため、障がい者雇用においては、向いているか、向いていないかより、個々人のニーズや能力に応じた支援や配慮が必要とされます。

 

例えば、ある障がいを持つ人が、ある職業に興味を持っている場合でも、その職業に必要な能力やスキルが不足している場合があります。(志が高いだけじゃ総理大臣にはなれません。)

 

また、職場環境や雇用条件に適応できない場合もあります。

 

そのため、障がい者雇用においては、個々人のニーズに合わせた適切な職業選択の支援や、必要なスキルや知識を習得するためのトレーニングの提供、適切な職場環境や雇用条件の提供などが必要となります。

 

また、職場でのサポート体制やコミュニケーションの改善なども重要です。

 

障がい者雇用においては、個々人の能力やニーズを理解し、適切な支援を提供することが重要です。

 

そうすることで、障がいを持つ人たちが自分に合った職業で働くことができるようになります。

自分に向いている職業に就くには

 

自分に合った仕事に就くためには、以下のようなポイントが重要です。

  1. 自分自身を知る:自分自身の強みや弱み、興味や関心、能力などを知り、どのような仕事が自分に合うのかを考えることが大切です。自分自身を客観的に見るために、自己分析の手法を使ってみることも有効です。
  2. 目標を設定する:自分が望むキャリアや職業を明確に設定し、それに向けて努力することが大切です。目標を設定することで、やるべきことや選択すべき道が明確になります。
  3. 調査する:自分が興味を持っている分野や業界、企業を調べることが大切です。インターネットや書籍、専門誌などを活用して、情報を収集し、自分に合った職場や業界を見つけることができます。
  4. 経験を積む:職業に必要なスキルや知識を身につけるために、アルバイトやインターンシップ、ボランティア活動などを通じて、実務経験を積むことが大切です。実務経験を積むことで、自分に合った職業を見つけることができます。
  5. スキルアップする:職業に必要なスキルや知識を習得するために、専門学校や短期講座、資格取得などを活用して、自己啓発に努めることが大切です。自己啓発を行うことで、職業選択の幅が広がります。
  6. ネットワークを構築する:職業に関係する人々とのコミュニケーションを取り、ネットワークを構築することが大切です。ネットワークを構築することで、情報収集や職業選択のアドバイスを得ることができます。

以上のポイントを意識し、自分に合った仕事を見つけることができるでしょう。

-障がい者
-

Copyright© 障がい者別の職業紹介所 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.