不動産投資一括資料請求


車椅子の生活

障がいの種類ごとに向き、不向きの仕事がある

障がい者が就職・転職しようと思うと、どのジャンルで仕事を悩むとえらぶべきか悩むと思います。障がいの程度によっては、B型などでしか仕事が無いかもしれません。自分の障がいについて過信したりすると、単に自分の精神状態が悪くなったり、遠回りして何年も無駄な時間をついやしたりします。

何故なら障がいの種類によって、選ぶ就労移行支援事業所が違うように、仕事も障害によって方向性が違ってくるからです。

今回は大きなくくりで分けました。更に、就労移行支援事業所では無くてその後の仕事についてです。就労移行支援事業所で紹介された会社でずっと働く方が、気持ち的に楽ですけど。

一般企業(障がい者枠のみ)の正社員

ビジネスマン 53971163

一般企業で障がい者枠というのは募集基準が緩い事が多いです。ですが、募集している人の対象が「学歴:高卒以上」「資格:不問」「簡単なPC操作」とあったとしましょう。

多くの人が、この条件に当てはまるでしょう。そう多くの人が当てはまるという事は沢山の応募が集中する事になりますから、この通りのスペックだと相当厳しいでしょうね。

あなたの学歴が高卒だとしましょう。そしたら、高卒であっても即戦力として活躍しそうな資格を持っていないと厳しいですし、簡単なPC操作なんて出来て当たり前で、PCの操作なら相当役に立つスキルを持っていないと、かなり不利です。

もしくは、最初は先輩社員が指導をするなどが書いてある場合は、暗黙の了解のごとく短大卒、高専卒、大卒、院卒を募集していますし、そういった人間はけっこういますから、大卒であってもそれなりの資格を持っていたり、即戦力として活躍しそうな資格や、過去に同じ業種の経験がある事です。

広く募集していますが、こういった応募には、先天性や後天性でもかなり軽い障がいの人か、ハイスペックな人間が何らかの理由で身体障がい者となった人、先天性で症状は重いけれども、殆どが健常者と変わらない人などの身体障がい者でも、数が少ない人が向いています。

一般企業(障がい者枠のみ)のアルバイト・パート

設計士イメージ 43392710

この場合は「学歴:不問」「資格:不問」「簡単なPC操作」という応募資格の項目が多いです。殆どの人は大手の企業の正社員になりたいので実はこういった募集に応募する障がい者って少ないんですよ。

高卒の人で、車椅子を利用しているなど大企業じゃなければダメな場合は、「学歴:高卒以上」では無くて「学歴:不問」を選びましょう。「学歴:不問」を選ぶ有能な資格を持っている人や、短大卒、高専卒、大卒者って、何故か少ないようです。

周囲の人と上手にやっていかないといけませんし、コミュニケーション能力は必要となるので、身体障がい者か軽い精神障がい者までしか一般で働く事を推奨しませんし、一般企業に就職した障がい者(身体、知的、精神)の6割以上の人が人間関係(単にコミュニケーションがとれない)で辞めるそうです。

在宅ワーク

テレワークでオンライン会議をするビジネスマン 68154379

人と全く触れ合わなくて良いという訳ではありません。コールセンター業務の場合ですと相手と話したりしなければならないし、定期的に出社したりしなければならなかったりします。人と触れ合わずに高単価な業務というと、あるにはありますが、グラフィックデザインやプログラミングなどの特殊なスキルが求められる事が多いです。

パソコンのデータ入力、内職、コールセンター等が在宅ワークとしては有名です。

これは、家から出るのが大変で難しい身体障がい者や、軽い精神障がい者、軽い知的障がい者などに向いているかもしれません。

特例子会社

障害者雇用イメージ 82931009

会社によってやる事が違いますし、会社の規模や働く障がい者について細かく違うので一概にとは言えません。ですが特例子会社とは会社です。A型事業所とは違い従業員の数も多く、周りの人たちの殆どが自分と立場があまり変わらなかったりします。そして、支援員なんていませんからね。

特例子会社は有名企業の子会社の場合、仕事の内容によって違いはありますが一般企業と同じくらいの賃金で待遇も変わりません。ですが、それなりの成果を求められる事、施設やA型事業所では当たり前だった事が当たり前じゃなくなるなんてよくあります。

障がいを持っている人は当たり前にいるので、自分の障がいを隠す必要もありませんし、相手も隠さないでしょう。居心地が良いのか、大手は特に定員に空きが出ないので、ハローワークの紹介か、特別支援学校、就労移行支援事業所の紹介が無いと、自主応募はかなり厳しいと思います。

A型事業所

リハビリをする患者と医療スタッフ 82563686

B型事業所との最大の違いは雇用契約を結ぶかどうか?です。内職中心の事業所だったり、PCを使う事業所だったり様々です。時給で住んでいる県の最低賃金を保証してくれます。働く時間は4時間や5時間の事業所が多いです。最初は、ここら辺からスタートするのもありですかね。

会社見学なども受け付けていますし、働きたいと思ったならハローワークを通じて応募する事になります。書類選考などもなく、直ぐに面接がある所が殆どです。採用される確率は事業所によって違います。

あとがき

それぞれの障がいの程度や種類によって、合う仕事と合わない仕事があります。いきなり自主応募をするのではなくて、障がい者となってから初めて就職活動をする時は就労移行支援事業所や支援学校、主治医、地域の支援員などの意見を聞きながら就職先は選びましょう。

営業時間、料金、アクセス方法は編集した当時のデータです。

-車椅子の生活
-, , , , , , ,

Copyright© 車椅子です , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.