管理人について

名前:池田 和典(いけだ かずのり)1983年07月27日生まれ(昭和58年07月27日)。最近は肌も荒れてきたし、毛が薄くなって来たなぁ~と感じています。

2004年04月02日に小脳動静脈奇形というちょっと珍しい病気の中でも更に珍しい、脳内出血を起こして、意識不明の重体となり、生死の境を彷徨う事1カ月からの生還して、3つの病院を渡り歩いてから、退院して本格的に車椅子生活がスタートします。色々と病院をたいけんしましたが、最後のリハビリ病院の理学療法士と病気の話になって、「カルテを見て思いましたけど、池田さん良く生きてましたねぇ~(笑)」って言われました。

まぁ、なんだかんだ生きてるし、後遺症も麻痺とかじゃないので、深くは考えていません。身の回りの事も殆どは自分でやっているので、病気したころのナースとか見たら驚くだろうな(その前に僕を憶えてないでしょうけどね。)とか思ってます。

障がい者としての経歴

2004年から「ゆうとぴあ恵愛」という身体障がい者が多い地域活動支援センターに通所して2008年に完成し、最初から「あいさんハウス」(1期生)の就労移行支援事業所に通所します。ここは知的障がい者や精神障がい者ばかりでしたが、僕の母がこちらの職員として働く事になり当時の施設長がついでにと許可してくれたので、身体障がい者の僕が通所する事になりました。

2011年にB型事業所を「あいさんハウス」が始める事になり、通所する事になりました。(また1期生)

2016年にA型事業所の「株式会社 プログレス」(またまた1期生)に通いますが、こちらの利用者は知的や精神の人が多くて話がかみ合わない事と、色々ともめて、退職しました。

2018年から現在のA型事業所「株式会社 あしなが」に通っています。障害の程度も軽い人が多くて、障がい者年金を殆どの人が受給していません。身体障がい者がメインではありませんが、普通の会話が出来るところです。

出来ないじゃなくてやらないから変わらない

最近は回数が減って70回程度ですが、まだ20代前半~20代中盤まで、腹筋200回、背筋100回、腕立て伏せ50回を何年も毎日やっていました。最初の頃と比べると出来る事が格段に増えました。

障害の程度は2級ですから、上から2番目に重い障がいですが、自分の責任の下でほとんどの事が出来ます。

何でもやってみる事が大事です。出来ないなら、どうすれば出来るか?僕の場合は、歩けない⇒筋肉が必要⇒筋トレで、最初はもっと少なくて腹筋は50回、背筋30回、腕立て伏せ10回程度だったので、いきなり同じメニューはキツイでしょう。

結果、僕が歩けないのは小脳の細胞が出血で殆どない事で、筋肉は歩くための役割ではなく、自分で出来る事の範囲が広がって、一人で行動できる範囲が増えました。

世の中に「車椅子(障がい者)だから、こうでなくてはならない。」そんな決まりはありません。多くの人が、出来ないと言い訳をしているでしょう。でもほとんどの場合が、自分でやってみると出来る事ばかりなんですよね。

Copyright© 障がい者 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.