障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

雑学

障がい者を雇用するうえで求められる管理職のスキルとは

福祉・医療従事者の人々 上半身

障がい者雇用を本格的に力を入れていこうとするなら、従業員や現場での受け入れ体制の構築や職場環境の改善のために必要となるのが「管理職によるマネジメントスキル」です。

マネジメントスキルと一言で言ってしまえば簡単ですが、障がい者を雇用する場合、業務を確実に遂行するためのサポートに関したスキルだけでなく、雇用定着を促すための周囲の人間毛の理解の徹底を図るスキルも必要となります。

これは障がい者雇用に関わる話に限ったことではないものの、特に障がい者の雇用の場合は障がいに応じた、合理的な配慮というものも必要になります。

管理職だけではありませんが、求められるスキルは把握しておきたいところです。

そこで今回は、障がい者を採用する段階から雇用後の離職を防ぐために必要なスキルを解説します。

障がいについて知る

障がい者を雇用するにあたって重要なのは障がいについて知る事です。障がいの種類やその障がいに対しての症状などについての知識が必要となります。何故なら、障がいによって出来る事と出来ない事が違うからです。

障がいの種類というのは大きく分けて身体障がい者、精神障がい者、知的障がい者に分けられます。それぞれの障がいの特徴を簡単ですがまとめました。

それぞれの障がいの特性

【身体障がい】 身体に障がい者は、体を動かす仕事が向かない事が多いのですが、事務や問い合わせ対応などその場でできる仕事に関しては健常者と同等に対応できます。

【精神障がい】 精神障がい者は接客やイベントの運営などの仕事には不向きです。しかし、事務やIT関連、農業などでマイペースにできる仕事には比較的に向いています。

【知的障がい】 知的障がい者は覚えたりする事に難はありますが、ライン作業や清掃、簡単な文書整理など、単調な作業を繰り返し行う仕事に向いています。

その人によって細かくは違いますが、だいたいこんな感じです。自分から自分の症状を説明して、出来る事と出来ない事を言える障がい者も少ないので障がいについて経営者側が知り、その人に合った仕事を割り振れるようにしましょう。

障がい者雇用に対して会社全体の理解を深める

障がい者雇用に対してですが、特定の人や部署の人がその事を知っていれば良いという訳ではありません。障がい者雇用に対して社内全体の理解も促進する必要があります。

理解を深めるという事に関しては基本的に全ての部署で理解を深める事が大事ですが、まずは各部署で集まって障がい者雇用に対しての社内での促進に関して話し合うのも良いでしょう。

具体的に話し合うべきこと既存社員と迎え入れる障がい者が安心して働ける職場を作る事が管理職に求められるスキルではないでしょうか?

障がい者雇用後のこと

障がい者を受け入れる準備ができたら、その後の事を考えなければなりません。障がい者が働き始めた後の仕事の切り出し方や業務管理などについて考える必要があります。そして、そこで労働者と仕事の「マッチング能力」のスキルが求められることになります。

極端な例ですが、身体障がい者は体を動かすことが苦手とされていますが、倉庫で荷物を整理させたりするのは好ましくないので、体を動かさずに行える業務を任せる方が効率が良いでしょう。こういった事を行う能力がマッチング能力です。

そして、これは障がい者雇用に関してだけではないと思います。

管理職の場合は既存社員への業務の割り振りやスケジュール管理などと似たような状況があると思います。

障がい者を雇用して定着させる

障がい者を雇用してからが本番だったりします。実は障がい者雇用で定着率が高いのは障がいの種類や程度によってと限定されている場合が多いのです。更に障がいによっては健常者よりも離職率が高いというデータがあります。

せっかく雇用した障がい者の退職を防ぐために管理職が率先してコミュニケーションを取りながら些細な変化に気づく事も重要になります。

コミュニケーションが大事な理由は、厚生労働省が行った「平成25年度障害者雇用実態調査結果」によると、精神障害者の方の前職を退職した理由は人間関係などの個人的理由が最も多く、雇用した後のケアが大事なことが明らかとなりました。以下に退職理由をまとめました。

職場の雰囲気・人間関係 33.80%
賃金、労働条件に不満 29.70%
仕事内容が合わない 28.40%
疲れやすく体力、意欲が続かなかった 28.40%
症状が悪化(再発)した 25.70%
作業、能率面で適応できなかった 25.70%
家庭の事情 8.10%
出産・育児・介護・看護 1.40%

障害者をマネジメントする為に管理職に求められるスキルとは?より

賃金や労働環境に関する事は簡単には変更できませんが、ですが職場の雰囲気であったり、どのような仕事を割り振るかなどは管理職レベルでもどうにか出来る事だと思います。日頃からのコミュニケーションは障がい者か健常者か関係なく大事ですし、離職を防ぐことにも繋がるのではないでしょうか?

あとがき

管理職じゃなくてもこれらの事は重要なんですけどね。でも、障がい者雇用は雇ってから定着するまでが大変です。

-雑学
-, ,

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.