車椅子利用者になったら誰もが悩む事、それは便秘です。自分が解消した方法

特例子会社と障がい者枠の違い

車椅子の生活

車椅子利用者の結婚は出来ないと思っていませんか?

歩ける身体障がい者とは違って、車椅子利用者の身体障がい者は結婚出来ない。とか勝手に思ってませんか?車椅子利用者で結婚している人なんて沢山いますし、特殊な電動車椅子利用者でも結婚している人は沢山います。

多くの人が車椅子利用者が結婚できないと思うのは車椅子利用者との結婚というと大変な生活が待っている印象があるのではないでしょうか?具体的にどのような生活が待っているかわかりませんから。

車椅子生活をする上で苦労だと思う事もあるかもしれませんが、それは本人だけであって、結婚した相手はそう思わない事がおおいようです。
ほとんどの車椅子利用者は最初こそ苦労があるかもしれませんが、日常生活を自身で何一つ不自由することなく送れています。仕事も一般企業で働いている人もいますし、自身で会社を興す人もいれば、海外へ一人で出掛けたり、車の運転をする人だっています。
不便な事もたまにあります。階段をあがれなかったり、狭い通路は通れなかったり、飲食店で椅子が固定されていたり、座敷しかない、テーブルの高さが合わない。

ですが、現代では障がい者というか、車椅子利用者への理解というか支援の輪が広がり、出来る事が増えています。僕も世間の人からかなり助けられています。

勘違いしている人が多いのですが、「車椅子利用者=異性とみなされない」って思ってませんか?ですが、不慮の事故に遭って車椅子になってしまった恋人から離れて行った人もいれば、その人の人柄に惚れてお付き合いを始めたという方もいるのです。

車椅子利用者が相手の結婚は反対?

自分の両親に車椅子利用者と結婚したいというと、多くの場合は反対するでしょう。その人を見たりしたわけでも、何かを知っている訳でも無いので、自分の子供に苦労をさせたくないと思うのが親心ってやつです。

ですが、お互いが結婚を決意するくらいですから、相手もちゃんとした収入もあって、自分の身の回りのことを自分で出来る人なのでしょう。車椅子利用者でも、大卒で一流企業に勤めている人もいますからね。

ただ、身近に車椅子利用者がいないと車椅子利用者がどんな生活をしているかなんてわかりませんし、どの程度自分の事を出来るかわからないので不安ですからね。

恋愛対象となる車椅子利用者

脊髄損傷などの場合は医師から「あなたは一生車椅子です。」と告げられますが、いきなり言われると受け入れるまでに時間がかかるかもしれません。出来る事、出来ない事が良くわからないし、将来に対して絶望しかないでしょう。障害がある事が自分の欠点だと捉えて落ち込んだりすると思いますが、実際は殆どの人がそう思うので、自分だけが不幸という訳ではありません。

しかし次第に自分の置かれた状況を受け入れながら出来ることできるようになり、出来ないと思っていた事が出来るようになり、なりたい自分というものが見えて、リハビリに励んで頑張っている姿や、身体が不自由でも強く頼もしく人生を楽しんでいる姿が、あなたの魅力を惹き出してくれるのではないでしょうか?

前向きに生きている人柄の良い人は同性も異性も関係なく集まってきます。見た目とか関係ないのです。

実際に結婚するとどうなのか?

車椅子利用者と結婚をして、大変な事は何か?健常者と結婚した場合と殆ど遜色ありません。

仮に特殊な電動車椅子の人と結婚したとしましょう。結婚を決意するくらいです。仕事をしてそれなりの収入があるのでしょう。車椅子の人で役職に就いている人もいますからね。もしも、脊髄を損傷していたりしたとしても子供を作る事も出来ますからね。

車椅子利用者と結婚した人のほとんどの場合は、何一つ不自由なく生活をしています。

順序が違う人

車椅子を使用している理由は、病気や事故によるものなど様々な要因があります。

今日元気な人が明日事故に遭って車椅子生活になってしまう事だってあるのです。しかし車椅子生活を送っていても自分の事は自分で出来て、仕事をしている人だっていますし、結婚をして子育てをしている方もいらっしゃいます。

たまに恋愛に対してしか頭が回らずに順序が違う人がいます。障がい者年金を受給している人で、それで良ければ、それで良いかもしれませんが、あなたを輝かせるのは前向きで一生懸命な姿です。

仕事を始めてから、少し余裕が出てきたから恋愛を考える人と恋愛のことだけで頭が一杯で異性がいると誰でも良いから付き合おうとする人がいます。

僕の体験談だと仕事よりも、恋愛にばかり執着する人はその人と同じような人しか集まってきません。一生懸命な人は、障がい者か健常者か関係なく人が集まってきます。

急がば回れです。恋愛の前にまずは仕事です。

車椅子利用者が英会話教室を選ぶならスクーリングよりもオンライン一択です

-車椅子の生活
-, , , , ,

Copyright© 後天性の障がい者です , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.