車椅子の生活

車椅子の場合はマッチングアプリでは出会えない

世の中は、恋人がいないけど、その人に何か問題があるわけではなく、単に出会いを求めなかっただけという人が多くいます。ネットがこれほど整備された時代ですから、マッチングアプリというシステムは世に合っているというか、出来るのが当たり前です。

マッチングアプリを通じて、付き合うようになった人や、そのまま結婚した人もいます。

結婚が目的なら結婚相談所に登録する事をおススメします。

案外、恋人がいない人なんて沢山いますからね。とりあえず、マッチングアプリにでも登録してもいいんじゃないですか?

とまぁ、それは健常者の話です

障がい者、車椅子だけじゃなく全般がそうですが、マッチングアプリで健常者の相手が見つかるのは稀です。

身体障がいの人は仕事をしている場合や、考え方も健常者と変わらない人が多いのですが、作業所や世間的に良い歳で正社員じゃない障がい者を誰が好き好んで選びますか?たまにマッチングアプリのレビューで、このアプリは出会えない。とか、サクラしかいないアプリだと言っている障がい者や中高年のオッサンがいます。

逆の立場で、収入も少ない、見た目も良くはない、自己紹介で笑いを取れるほどユーモラスでもない、そんな人と繋がりたいですか?特に、症状が軽い知的障がい者、精神障がい者に限って謎の自信を持っています。自分は他の障がい者とは違うと、周りの障がい者を少し見下しています。

でも、性格に問題ないなら出会いを作れなくもないです。

ただし、ピンポイントは狙えない

どうやって出会いを作るかですが、それほど有名じゃないSNSなんかだと、意外と出会いはあります。

ただし、地域や年代を絞って検索する事は出来ません。更に言うなら、マッチングアプリではないので同性とも仲良くしましょう。いくつかSNSを利用していますが、僕は毎回、「後で面倒なんで車椅子です」って、自己紹介をしています。

最初から伝えてあるので、仲良くなる人みんな障がいを持っている事も知ってくれています。でも、メッセージのやり取りとか普通にしていましたし、いきなり自分だけブロックされるなんて事もなかったです。マッチングアプリとは違い、第一印象やプロフィールで半分以上が決まる事はないです。人間性が大事です。

SNSと言えばFacebookやTwitter、グリーやmixiとかの有名どころがありますが、有名どころはやめた方が良いです。

利用者が多過ぎて日記を書いてもスグに埋もれてしまい、新規で人が自分のページを訪れる事は少ないですし、訪れても自分にたいして興味を持つ人もいません。ビジネス目的で利用している人もいたりして、薄い交流しか持てないです。

まとめ

車椅子の人はじめ、障がい者はマッチングアプリよりも、SNSやチャットなんかで出会いを探しましょう。そっちが遠回りしているようですが、徐々に、それでいて高確率で仲良くなれます。

大事なのは、同性とも仲良くする事です。

最初から異性が目当てだと伝わる人は相手にされなかったりします。

-車椅子の生活
-, , , , , ,

Copyright© 車椅子の目線から(後天性の障がい者) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.