障がい者雇用におけるビジネスマナー

おススメするサービス 障がい者

障がい者の出会いにはマッチングアプリがおススメ

障がい者にとって、ハードルが高い事がいくつかあります。その中で、結婚よりも難しいのが恋愛でしょう。恋愛と言っても自然恋愛です。最初からこちらの事をある程度知っている異性は職員さんくらいでしょう。その気に入った職員さんは、こちらが利用者だからと割り切って接しているので、優しい人だと思っていても、本当のところの性格はわかりません。

もしかしたら、仕事では障がい者の相手ばかりしているから、プライベートでは障がい者の相手をしたくないと思っているかもしれません。

こちらも、「職員さん」は「職員さん」と割り切るべきです。

で、自然恋愛をする場合に紹介してもらうという方法がありますが、この場合はどこまでを理解してもらえているか、探らなくてはいけないという心理戦もあります。

恋愛をするなら最初から理解した相手からしか連絡が来ないマッチングアプリがお勧めです。

スマートフォンでやりとりする恋愛中の男女(シンプル) 62567144

マッチングアプリがお勧めな理由

障がい者が自然恋愛を望む場合はマッチングアプリを使う事をお勧めします。マッチングアプリは現在数百種類以上あり、障がい者に理解のある人や障がいを持っている方も気兼ねなく出会えるサービスがあるからです。次のような理由もあります。

マッチングアプリがお勧めな理由

  1. 最初から障がい者だという事を隠す必要がない(プロフィールで公表しておく事)
  2. 障がいを受け入れてくれる人とピンポイントで出会える

まず1、ですが、自分が障がい者だという事をプロフィールに記載しておくことが大事です。プロフィールと言うより、自己紹介文に記載しておいた方が良いです。最初から自分が障がい者だという事を告げていた方があとあと面倒ではないでしょう。

次に2、ですが、自分が障がい者だという事を告げたうえで連絡をくれる人は、自分が障がい者だという事を受け入れてくれたという事です。合コンや紹介だと、その時の反応は良さげでも、後で連絡してみたら音信不通とかありますからね。

以上が簡単な理由です。やはり、障がい者の恋愛においては「障がいを受け入れてくれる」というのはかなり大きい事ですからね。

筆文字-飾り文字-和-和風-おすすめ 62430872

障がい者におススメのマッチングアプリ

マッチングアプリは恐ろしく沢山あります。その中でも障がい者におススメと言うマッチングアプリがあります。目的別に特化したマッチングアプリを使う事で、同じ目的を持った人と出会えますからね。

一夜限りの関係を求めているサイトで恋愛する相手を見つけようとしても、余程のスペックでもない限り絶対に見つかりません。最初から恋愛するつもりがない人たちの中で、それでも恋愛対象にされるような人ならほっといても相手を見つけるでしょう。

まず、選び方から解説します。

会員数が多いアプリを選ぶ

絶対数が多ければ多いほど、障がいに対しての理解がある人のいる可能性が高くなります。さらに色々な人が集まるというのも理解がある人がいる可能性が高くなりますし、チャンスが多い方が出会いに繋がりやすいですからね。

障がい者向けのコミュニティがあるかをチェックする

障がい者向けのコミュニティに登録する事で、自分が障がい者だという事を公表する事にも繋がります。障がい者向けのコミュニティに集まる人は、障がい者に対して理解がある人ばかりですから、出会いの成功率は跳ね上がります。

障がい者だからとアクティブに行動できない人も、障がい者向けのコミュニティに登録して慣れておくのも良いでしょう。

目的をはっきりさせる

恋愛、結婚、友達探し、一夜限りの関係、それぞれあるでしょうけれど、目的によってそれぞれ特化したマッチングアプリというのがあります。目的は何なのか?それを忘れないでマッチングアプリを選びましょう。

おススメのマッチングアプリ

圧倒的な会員数

『Pais(ペアーズ)』

会員数はなんと驚異の2,000万人以上で国内トップクラスの会員数です。それだけ出会いのチャンスも多く障がいに対して理解がある人や、自分自身が障がい者だという人もいます。

地方の人はマッチングアプリを使っても相手が見つからないなんてことは良くあるみたいですが、ペアーズは都市部の人だけでなく地方の登録者もかなりいるので、はじめてマッチングアプリを使う人や、障がい者だという事を受け入れてくれる人がいるかどうか不安な人はまず、ペアーズから登録して慣れるのも良いと思います。

障がい者向けのコミュニティに参加

ペアーズには様々なコミュニティがあります。障がい者向けのコミュニティというのも、もちろんあります。障がい者向けのコミュニティには障がいに対して理解がある人しか参加しないので出会いの確率は格段に跳ね上がります。

女性無料と言うのもポイント

これは主に男性目線ですが、女性無料という事は、気軽に参加出来るので女性の会員数が多いという事です。結婚などを意識していない分、気軽に参加できます。ですから、障がいの理解へのハードルが低く、結構あっさりと受け入れてくれる場合があります。

ペアーズをみてみる

5秒に1組がマッチング

『マリッシュ(marrish)』

婚活している人が多い

会員数は170万人以上とペアーズと比べるとかなりの差がありますが、こちらの特徴は婚活している人が多い事で、しかも再婚しようとしている人が多く、人生経験が豊富な人が多く、人生経験が豊富な分、障がいに対する考え方も広いので受け入れてくれる人がもしかしたら、こちらの方が多いかもしれません。

障がい者向けのグループがある

検索する段階で、「子持ちOK」であったり「バツイチ」であったりとグループがありますが、その中に「障がい者」という項目があります。マリッシュの利用者の中でも更に、障がい者に対して理解がある人が参加しているので出会いのチャンスも広がると思います。

マリッシュ

最初から告げておく

障がい者である事などの不利な情報でも最初から告げておくようにしましょう。あとから言うのは、かなり勇気が必要です。逆にプロフィール等で最初に告げておけば、自分にメッセージをくれた人は、不利な情報を承知でメッセージをくれたという事になるので、後から勇気を出す必要がありません。

あとがき

障がい者であっても、恋愛する事を諦めてはいけません。障がい者である事を受け入れて、障がい者だから出会いが無いなんて言い訳は、いい加減にやめましょう。

 

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-おススメするサービス, 障がい者
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.