資格

就職・転職にかなり有利な資格、【登録販売者】

就職の時に役に立つ資格は、就職したい業種によって違いがあります。ですが、資格の特性と言いますか、就職にはかなり有利となる条件が二つあります。それは、・業務独占資格・名称独占資格・必置資格です。

  • 業務独占資格は簡単に言うと、資格を持っていないと業務が出来ない資格です。医師免許とかわかりやすいです。医師免許がない医者なんていませんから。
  • 名称独占資格とは簡単に言うと、資格を持っていない人が名乗れない資格です。栄養士と管理栄養士みたいなものです。栄養士が管理栄養士をなのったりできませんし、何の資格も無い人も栄養士とか名乗れません。似たような仕事は出来るかもしれませんけど。
  • 必置資格とは、ある事業を行う際にその企業や事業所に保持者を最低一人、必ず置かなければならないと法律で定められている資格です。わかりやすいのがファミレスの店長ですね。店長が調理師免許とか持っているので、無資格のアルバイトがキッチンを担当したりできるんです。

この中で最近特に需要が上がってきている必置資格、その中でもニーズが高い【登録販売者】について説明させてもらいます。

登録販売者とは?

登録販売者とは、2009年に誕生した国家資格で『かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)販売を行うための専門資格』です。そのため、薬剤師が不在でも一般用医薬品販売ができる専門家として、薬局やドラッグストアからも注目されています。最近はドラッグストアが異常に多くなってきたと思いませんか?

ドラッグストア イラスト に対する画像結果

一般用医薬品とは、医師による処方箋が無くても購入できる医薬品のことです。市販の風邪薬とかがそうですね。ちなみに、登録販売者が扱える第2類・第3類は一般用医薬品の中で『9割以上』を占めています。

2009年以前はドラッグストアでも、薬剤師や薬種商でないと一般用医薬品であっても販売する事は出来ませんでした。

ですが2009年の改正後は【登録販売者】の有資格者なら一般薬品を販売できるようになりました。

ドラッグストアなどを展開する企業は中途採用するにあたり、登録販売者の有資格者は欲しい人材です。なので、就職や転職に有利なのは言うまでもありません。

資格取得試験の難易度は?

正確な数字ではありませんが、受験者数は65,000人程度で合格者は27,000人程度です。毎年、40%以上の人が合格しているので、数字だけで考えるとそれほどなん試験でもないので、独学でも十分取得可能な資格と言えます。

登録販売者資格を取得するには、年1回実施の試験を受けて合格しなければなりません。しかしこの資格は、実務経験や受講必須科目、年齢制限などの受験資格は必要ありません。受験する為のハードルが低いので、障がい者でも目指しやすく価値ある資格といえるでしょう。

登録販売者は医薬品を販売する事が国によって認められたとする資格ですから、社会的な信用性も高く就職や転職に有利な資格と考えて良いでしょう。

受験者数は2013年では3万人弱だったのが2016年では5万人を超え、一般医薬品が次々と発売されている事を考えると今後さらに増える事も予想されます。

何故需要が増加すると思うのか?

現在の日本では、自分の健康は自分で責任を持つことが求められてきています。それに連動するかのようにドラッグストアが街中に溢れています。また、国としても医療費削減を目的として怪我や病気になった際に自ら医薬品を使用して治療に努める『セルフメディケーション』を推進する動きがあります。

これまで以上に医薬品に関してのリスク管理がとても重要になっていくことが予想され、医薬品知識がある登録販売者はますます重要視されることでしょう。

登録販売者など売る方は、一般用医薬品販売を行う際には誤った使用や摂取によって健康被害を起こさないよう、しっかりと説明することが求められますね。

登録販売者の講座

仕事内容

登録販売者の仕事内容は、ドラッグストアなどで主に第2類・第3類医薬品の販売です。

ただし、販売だけをすれば良いというわけではありません。医薬品の販売やお客様の相談対応はもちろんのこと、商品の品出しや陳列、在庫管理や発注、人手不足でレジ打ちなどの仕事も担当するケースが多くなっています。

そして、最近は薬だけでなく、日用品や食料品まで扱う店舗も多く、利用頻度も増加傾向にあるようなので、ついでに切らしていた常備薬を買って行こうと思う人がいるかもしれませんから、今後も登録販売者の活躍が期待されることでしょう。

さらに、医薬品を購入するお客様へ適切な情報提供、相談があった場合の対応も重要な仕事となっています。購入者の視点に立って、医薬品の適切な選択を行えるように手助けすることも登録販売者に求められます

試験について

夏~冬の間の何処かで試験があります。住んでいる都道府県によって受験する日付が違います。受験料に関しても12,000~で都道府県によって違いがあります。合格ラインも総出題数に対して7割程度の正答、かつ出題項目全て(5項目)で3.5割以上※一部地域では4割以上の正答とされています。

問題の内容と試験範囲は全国共通ですが、開始時間は都道府県によって違いがあります。

第1章:医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問)
第2章:人体の働きと医薬品(20問)
第3章:薬事に関する法規と制度(20問)
第4章:主な医薬品とその作用(40問)
第5章:医薬品の適正使用と安全対策(20問)

詳しくは住んでいる都道府県で違うのでホームページなどで調べてみてください。

まとめ

登録販売者は必置資格であり、需要が高い資格でもあるので、資格所持者は面接でいきなりはじかれる事もないでしょう。

登録販売者の講座

ご注意ください。

掲載している情報を参考にして頂けるのはありがたいのですが、掲載している情報は古い可能性(特に料金関連)があるので、確定的な情報は【公式サイト】で検索するようにしてください。

-資格
-, , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者ですが? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.