モテたい男性【必見】具体的に清潔感を出すためには

こちら⇒: https://www.gahtaro.com/clean-items/ ‎

車椅子の生活

車いす利用者(障がい者)がマイホームを持つリスク

一般的な障がい者についてです。一括で買える人や、家を持つ以外でのメリットを感じる人はマイホームを持つことは良いと思いますが、基本的に障がい者は健常者よりも責任ある仕事を任せてもらえない分だけ給料が安いという事を前提としましょう。そんな場合、ローンでマイホームを持つことはリスクでしかありません。

資産価値は下がる

持ち家を検討した人が、不動産屋からほぼ100%言われるセールストークがあります。

「賃貸で家賃を払い続けても、何も残りませんよ。一方、ローンを組んでマイホームを買っておけば35年後にローンを返済し終わったとき、家が資産として残ります」

こんな感じでもっともらしい言葉ですが、これはただのセールストークであり、現実とはほど遠い内容です。なぜなら、住宅ローンを払い終えた35年後の古びた家は、資産と呼べないからです。10代や20代前半にちやほやされていても、中年になると相手にされない事と似ています。買った当初は資産として価値があるかもしれませんが、35年もたった家には価値なんかありません。

土地の価値はどうなのか?ですが、空き家問題や人口が減少しているのに35年後に果たして土地の価値がどれほど残っているでしょうか?余程の1等地なら話は別ですが、ローンを組む時点でそれはないでしょう。

更に盲点

更に盲点と言うか見落としがちなことがあります。毎月一定額を払い続けて、なんとかローンを返済し終わっても、住居費が0円になるわけではありません。結局のところお金は必要なんです。マイホームというのは固定資産税もかかりますし、古くなってきたら修繕費、マンションの場合は管理費が引き続きかかります。結局、ローン返済後も、月に一定の金額のお金が必要になるのです。

ですが、マイホームも持つことがリスクでしかない理由はもう一つあります。

簡単には引っ越しが出来ない

一つの場所に縛られると言った方が良いでしょうか?職場が近い場所に土地を買って、住宅ローンを組んだとしましょう。ですが、いきなり解雇されたり、いきなり会社が倒産してしまう事もあります。それでもマイホームの場合はその場所を簡単には離れられないので、遠くまで仕事に行くか、安月給でも近場で探さなければなりません。

日当たりが良くて、近くにスーパーマーケットなんかもあるという立地条件で選んだとしましょう。でも南側に高層マンションが兼摂された場合、日当たり良好とは言えません。
近かったスーパーマーケットも移転したり、閉店したりした場合、場所のメリットがなくなってしまいます。突然閉店するスーパーマーケットなんて珍しくもありません。

更に、隣に変な人が引っ越してきたとしましょう。毎朝5時くらいからとてつもない音量で音楽を聴く人だったりしても、それでも簡単に引っ越す訳にもいかないのです。

これらの事を数年前から予想して避ける事は、不可能に近いでしょう。

デメリットだけではありません

金銭的にはデメリットだらけですが、マイホームを持つことによって、「家族が戻ってくる実家をつくれる」「自分の理想どおりのデザイン・仕様にできる」「子どもがノビノビ遊べる家に」「どうしても住みたい土地に家を建てたい」金銭的な理由じゃない場合だってあるでしょう。金銭的に多少の損失があったとしても、そのメリットを求めたい場合にはマイホームの選択も全然アリだと思います。

あとがき

金銭的なことを考えた場合はデメリットしかありません。資産を持つという事は家に限らずリスクでしかないのが現代です。マイホームは資産だという古い常識は最早、嘘でしかありません。
ただ、一括で家を買う場合は「資産」と呼べるので、また変わってきます。

-車椅子の生活
-, ,

Copyright© 車椅子利用者が生きるために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.