愛知県 障がい者手帳が使える施設

障がい者手帳が使える施設、名古屋市博物館(愛知県)

前回の記事

 

ベビーカーや車椅子も貸してくれますが、絶対に貸してくれる保証はありません。

名古屋市博物館というのは、名古屋市の人口200万人突破記念事業の一環として、昭和52年(1977)10月1日に開館した歴史系博物館です。愛知県全体ではなく、名古屋市として名古屋を特徴づける歴史資料を中心に、収集資料は約数万点に達しているそうです。

2階(エレベーターとエスカレーターがあります。)常設展「尾張の歴史」では、このうち約1千点の資料により旧石器時代から現代までのこの地方の歴史を紹介しています。また1階特別展示室では国内外の優れた文化遺産を紹介する特別展と、名古屋を中心とした尾張地域の歴史文化を掘り起こす企画展を年5~6回開催しているようです。

観覧料が対象

障害者の方(各種手帳をお持ちの方)身体障害者手帳戦傷病者手帳被爆者健康手帳精神障害者保健福祉手帳愛護手帳(療育手帳等含む)手帳をご提示いただくと、本人と介護者2名まで、常設展および博物館が単独で開催する企画展が無料となります。共催者のいる特別展はその都度減免額を定めます。
難病の方(特定医療費受給者証(指定難病と記載のもの)
又は、障害種別が難病患者に該当する下記受給者証をお持ちの方)障害福祉サービス受給者証地域相談支援受給者証移動支援・地域活動支援受給者証地域相談支援受給者証(特殊疾病者にかかるもの)
受給者証をご提示いただくと、本人と介護者2名まで、常設展および博物館が単独で開催する企画展が無料となります。共催者のいる特別展はその都度減免額を定めます。

名古屋市博物館 ホームページより

こちらが通常の料金となります。仮に障がい者手帳を忘れてしまったからと言っても、それほど大きな金額ではありません。

通常料金団体料金
(30人以上)
定期観覧券
(購入日から1年間有効)
一般300円250円1,200円
大学生・高校生200円150円800円
中学生以下無料無料無料
市内在住の65歳以上の方(敬老手帳などをご提示ください)100円80円400円

交通アクセス

自動車で行けない事もありませんが、駐車場に限りがある事と、施設を挟んで反対の道路からは駐車場まで行けません。駐車場が満車で使えなくなった場合は他の駐車場まで、かなり距離があるので博物館に出掛ける場合は公共交通機関をおススメします。ちなみに、駐車場代は普通自動車300円、大型バス1,200円です。

電車

名古屋駅⇒名古屋市営地下鉄桜通線で17分「桜山」下車、4番出口から徒歩5分

金山総合駅⇒名古屋市営地下鉄名城線(左回り)で12分「新瑞橋」乗換、桜通線で6分「桜山」下車、4番出口から徒歩5分

栄駅⇒名古屋市営地下鉄東山線で7分「今池」乗換、桜通線で7分「桜山」下車、4番出口か ら徒歩5分

中部国際空港(セントレア)⇒名古屋方面行き名鉄特急ミュースカイで金山総合駅まで24分、名古屋駅まで28分

事前に確認する事をお忘れなく

コチラに出掛ける場合は、トイレの位置や周辺の情報など事前に様々な事を確認しておきましょう。

ご注意ください。

掲載している情報を参考にして頂けるのはありがたいのですが、掲載している情報は古い可能性(特に料金関連)があるので、確定的な情報は【公式サイト】で検索するようにしてください。

-愛知県, 障がい者手帳が使える施設
-, , , , , , ,

Copyright© 障がい者ですが? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.