【障がい者の就労支援サイトです】

車椅子の生活

障がい者割引か全額免除か、NHK受信料

前回の記事

障がい者は恋愛は厳しくても、結婚なら可能性はある

観ていないのに、そもそも払う理由が良くわからないって議題が国会で話し合われています。いっそ従量制(観た分だけ払う)にしたら良いんじゃないでしょうかね?そうすれば、観ない人はお金払う必要ないですし、観る人はお金を払えば良いだけですし。

この理不尽な支払いにも障がい者の制度は組み込まれています。

しかも、半額免除と全額免除の二種類があります。

半額免除

視覚・聴覚障害者視覚障害または聴覚障害により、身体障害者手帳をお持ちの方が、世帯主で受信契約者の場合
重度の身体障害者身体障害者手帳をお持ちで、障害等級が重度(1級または2級)の方が、世帯主で受信契約者の場合
重度の知的障害者所得税法または地方税法に規定する特別障害者のうち、児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センターまたは精神保健指定医により重度の知的障害者と判定された方が、世帯主で受信契約者の場合
重度の精神障害者精神障害者保健福祉手帳をお持ちで、障害等級が重度(1級)の方が、世帯主で受信契約者の場合
重度の戦傷病者戦傷病者手帳をお持ちで、障害程度が特別項症から第1款症の方が、世帯主で受信契約者の場合

NHKオンラインより

障がい者が世帯主の場合は、等級が重くても生活する余裕があるとみなされるのでしょうか?障がい者が世帯主でもお金に余裕があるとは言えないので、これは変ですし改善するべきなんじゃないでしょうか?

全額免除

公的扶助受給者●生活保護法に規定する扶助を受けている場合●ハンセン病問題の解決の促進に関する法律に規定する入所者に対する療養もしくは親族に対する援護を受けている場合●中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に規定する支援給付を受けている場合
市町村民税非課税の
身体障害者
身体障害者手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税含む)非課税の場合
市町村民税非課税の
知的障害者
所得税法または地方税法に規定する障害者のうち、児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センターまたは精神保健指定医により知的障害者と判定された方がいる世帯で、かつ、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税を含む)非課税の場合
市町村民税非課税の
精神障害者
精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税含む)非課税の場合
社会福祉施設等
入所者
社会福祉法に規定する社会福祉事業を行なう施設または事業所に入所され自らテレビを持ち込まれている場合
奨学金受給対象等の
別住居の学生
親元などから離れて暮らしており、以下のいずれかにあてはまる学生●経済的理由の選考基準がある奨学金を受給している場合●経済的理由の選考基準がある授業料免除制度の適用を受けている場合●親元などが市町村民税(特別区民税を含む)非課税の場合●親元などが公的扶助受給世帯の場合※奨学金受給・授業料免除対象の学生については、独立して生計を営まれ、親元など生計をともにする方がいない学生も対象

NHKオンラインより

案外全額免除の場合は、障がい者が対象というより、社会的弱者と言われる人が対象となる場合が多いようですね。当たり前と言えば当たり前なせいどです。本当に一人で生きていけない人が世帯主になる事はあり得ません(そう言う人は施設で暮らしています)。あんまり障がい者を優遇する制度ばかりなのも、結局は差別を生む原因だと思います。

せめて年末の紅白歌合戦くらいは面白くして欲しい

テレビがある家庭はどうにかして受信料を支払わせようとしますが、今はインターネットでNHKを受信できる時代です。テレビを持たない人も増えてきました。

そういったPCやスマートフォンでテレビを観る人からもNHKはどうにかして受信料をとりたいみたいです。その前にNHKを観たくなるような番組を製作して欲しいです。年末も紅白歌合戦より、裏番組か、ゲームしてる方が楽しいです。

若い世代の人には信じられないでしょうが1990年代は、紅白歌合戦が楽しみで仕方ないほどでした。いつの間にか、紅白歌合戦は廃れていきましたね。

観ないのにお金を払う

理不尽な図式が出来上がっています。引き落としにも対応しているので、観なくても引き落とされます。昔は音楽やお笑いの番組もやっていたので観る事もあったので、受信料の支払いはしょうがないと言えば、しょうがないのかなと思います。

ですが、現在のNHKは観る気もしないです。政治と同じで、皆様興味がないのでしょう。だから、受信料を支払うという事に対して理不尽さを感じて、どうにかして支払いをのがれたいと思う人が多いのかもしれません。

これに対してNHK側もなんとかお金を支払ってもらおうという感が出ています。

ですが、根本的な事をNHK側が忘れています。

お金の前に、お金を払ってでも観たくなるような番組を製作する事が大事なんじゃないでしょうか?

まとめ

NHKの番組は、ハッキリ言ってつまらないので、観たい人だけお金を事前に払ったりするシステムにすれば料金の回収が楽だと思います。

もしも、VODなどのシステムを取り入れる事に問題があって、現在のシステムを継続したいのであれば、お金を払う事に納得できるような内容なら、半額免除も全額免除も改善の余地があると思います。

-車椅子の生活
-, , , , , ,

Copyright© 車椅子の目線から(後天性の障がい者) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.