障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

雑学

知的障がい者について説明すると。

知的障がい者とはどんな障がい者かわかりますか?わからない人が多いでしょう。最初に言っておくと、明確にこの人は知的障がい者に当たります。と言った基準はありません。判断する基準はあるもののこの病気になったら知的障がい者という明確な定義があるわけではありません。

どうやったら認定されるのか?自治体の判断によりますから、一般の学校を卒業してから障がい者認定をされた人なんて結構いましたし、自分が障がい者だと知らなかったなんて人も結構います。なので学校なんかでもいませんでしたか?どれだけ学習を重ねても覚えない人、なんでもすぐ忘れるのに自分に都合が良いと忘れない人、やたらと上から目線、自己中心的。などなど良い年齢にも関わらずに幼稚な人です。これらに当てはまる、少し怪しい人が居たと思います。

今回は知的障がい者とはどんな障がい者なのかを説明します。

知的障がい者の定義

「知的機能に制約があること」「適応行動に制約を伴う状態であること」「発達期に生じる障害であること」

これらの事が判断するための定義となりますが、わかりやすいのは金銭管理が出来ない、読み・書き・計算などの学校生活で頭脳を使う行為で支障があるなどの障がいがある人です。

日本では1950年代くらいから学校教育法で精神薄弱と呼ばれていたそうですが、1998年に知的障がいに名前が変わったそうです。

全国ではどれくらい?

一言で知的障がい者と言っても全国にはどれくらいの知的障がい者と言われる人がいるのでしょうか?

登録されているデータですが、知的障害の有病率は、一般人口の約2~3%だそうで、さらに有病者の75~90%は軽度知的障害である。非共発性または特発性のケースが30~50%を占めています。約1/4のケースは遺伝子疾患によって引き起こされていて 、約5%のケースが両親から遺伝的なものだそうです。 原因不明のケースは、2013年の時点で約9500万人が該当しています。

法の定義

法的にも、一般的な知的障がいの定義と言うものは存在しません。保護者から言い聞かされた思い込みの制約を持って育つ事であり生まれつきのIQに大きな違いは生じません。教育機関や医療機関が心理検査や知能検査を推奨しますが、どのような結果がどのような診断に結び付いたのかはという検査結果は明らかになったりしません。福祉施策の対象者としての知的障がい者について定義する法令は存在しますが、個々の法令において、その目的に応じた定義がなされています。客観的な基準を示さず、支援の必要性の有無・程度をもって知的障害者が定義されることもあります。

ちなみに、事故の後遺症や認知症など発達期以後の知能指数の低下は知的障がいとは認定されません。そして、発達期に知的障がい者と認定されて、その後飛躍的に知能指数が上昇したとしても履歴などは残る場合があります。

大島分類表(Wikipediaより)

参考になれば良いなと思います。一般的には100に近い人が多く、健常者の場合は100前後というのが多いと思います。

数字が低くなればなるほど重度という事になります。

ただ、分類してありますが、個人差があることに注意してください。

ある人は、総合的な知能指数は70以下ですが、ある分野では知能指数が170以上あるなんて人もいますし、知り合いの知的障がい者は知能指数は40ほどしかないにもかかわらず、記憶力が凄まじく、何年何月何日に自分が何をしていたかを記憶しています。期間に関して正確にはわかりませんが、最低でも13年は間違いないです。

判断

未成年者の場合は児童福祉法に基づき児童相談所が知能指数と生活能力、就学能力を総合的に判断して知的障がいの判定を行います。18歳以上の場合は知的障がい者福祉法に基づく知的障がい者更生相談所(設置する地方自治体によって名称が異なる場合があります。)が知能指数と生育歴、生活能力、就業能力を総合的に判断して知的障害がいの判定を行います。そして、 都道府県知事もしくは政令指定都市の長は判定機関の判定書に基づいて療育手帳の交付を行います。

あとがき

分かりやすく言えば、知的障がいというのは明確な基準がありません。審査する自治体の裁量によって違いますからね。本人・周囲ともに障害の自認がないまま社会生活を営んでいるケースも多いので生きづらいと思います。明確な基準があるのなら認定されて、しかるべき対応を国がとってくれるんですけどね。ちなみに、成人期に診断され、療育手帳が支給されないこともよくあるそうです。

-雑学
-, , ,

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.