バリアフリー 京都府 障がい者手帳が使える施設

障がい者手帳が使える施設、京都府立植物園(京都府京都市左京区)

京都府立植物園は、京都市街北部の平坦地に位置し、東は比叡山、東山連峰を望み、西に加茂の清流、北は北山の峰々を背景とした素晴らしいロケーションの立地です。ここでは「生きた植物の博物館」というのが、障がい者手帳が使える施設でもある「京都府立植物園」の全体的なテーマです。

園内の南半分には、正門付近の1年草を中心とした四季の草花が鑑賞できる正門花壇と観覧温室及びバラを中心とした造形花壇、噴水や滝のある沈床花壇よりなる洋風庭園などの人工的な造形美で構成されていて、中でも、観覧温室は、規模、植栽植物の種類ともに日本最大級の温室となっています。

 これに対し、園の北半分には、園内唯一の自然林である半木(なからぎ)の森や日本各地の山野に自生する植物をできるだけ自然に近い状態で植栽している、植物生態園があり、その周辺には、定番とも言える、桜、梅、花菖蒲などの園芸植物や竹笹、針葉樹などを植栽した日本の森として、より自然的に近い状況を形づくっています。

見ごろの植物と言うのは、見ごろの時期が短いものです。季節やその年の気候に左右されるのが植物であり、それは、自然界の植物であっても、植物園の植物であっても同じです。

何処の植物園でも同じことですが、植物園は植物を鑑賞して楽しむための施設です。そう「公園」ではないので、珍しい植物には珍しい昆虫がいるかもしれませんが、捕まえたりしてはいけません。

営業時間

植物園開園時間  09:00~17:00(最終入園16:00)

観覧温室開室時間 10:00~16:00(最終の入室は15:30)

定休日

年末年始の12月28日から1月4日までのようです。

この機関以外は決まった休みと言うのは無いようです。

障がい者割引の対象者と内容

料金表

  一般料金(植物園入園料) 一般料金(温室観覧料) 障がい者割引適用後
大人 200円 200円 無料
高校生 150円 150円

中学生以下は無料。

障がい者割引について

障害者手帳をお持ちの方:手帳提示で入園料、温室観覧料、駐車料金無料+介助者の人も無料。手帳の種類、等級や種別に関しての記述はありませんから、おそらく障がい者手帳なら何でも構わないのではないでしょうか?

バリアフリーに関して

屋外型の施設ですが、完全にバリフリーではないですが、園内を散策出来るようになっています。多目的トイレも用意してあるようですから、車椅子利用者の人も安心して出掛けて良いと思います。


コロナ渦だからこその求人もあります

健常者として生きていた人がある日突然障がい者になったら、もう人生を諦める人も多いでしょう。でも、何も出来ないと思っていても、意外と自分が必要とされています。障がいを抱えているからこその仕事もあります。もう一度、自分で人生を決めてみませんか?身体に障がいを持った程度で人生を諦めるのですか?

プロと一緒にする転職活動!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】


交通アクセス

【正門・北山門・賀茂川門】自転車、バイク共に、駐輪していただけます。

【北泉門】自転車は下鴨中通西側(京都学・歴彩館南側)の駐輪場をご利用ください。

バイクは駐輪いただけませんので、他の門をご利用ください。

電車の場合

各駅 ⇒ JR「京都駅」、近鉄「京都駅」、阪急「烏丸駅」のいずれか ⇒(京都市営地下鉄)⇒ 北山駅 ⇒ 3番出口すぐ到着

車の場合

名神高速道路京都南IC又は京都東IC ⇒ 京都市内北山方面へ約30分

カーナビ検索は「京都府立植物園駐車場」で設定して下さい。

事前に確認するようにして下さい

掲載している情報は参考程度にして下さい。お出掛けになる場合は公式ホームページで確定的な情報を得てから出掛けるようにしましょう。

詳しくはコチラをご覧ください。公式ホームページ

-バリアフリー, 京都府, 障がい者手帳が使える施設
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者手帳が使える施設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.