バリアフリー 障がい者手帳が使える施設 鳥取県

障がい者手帳が使える施設、鳥取県立博物館(鳥取県鳥取市)

鳥取県立博物館は、県民の教育及び文化の発展に寄与するための施設として久松山下鳥取城跡内に設立され、昭和47年10月1日に開館した総合博物館です。なので、障がい者手帳が使える施設であり、障がい者手帳が無いと使えない訳ではありません。

1階の「地学・生物」、「歴史・民俗」、「美術」の常設展示では、3,000点余の資料により、郷土の自然と歴史や美術をわかりやすく紹介しています。そして、特定のテーマに基づいた企画展を毎年数回開催するほか、「移動博物館」「講演会」「講座」「見学会」などの教育普及活動を実施して、さらに、展示の解説書、年間の活動を紹介する年報、学芸員の研究成果を報告する研究報告、館蔵品を紹介する所蔵資料目録及び鳥取県立博物館ニュースなどを出版し、利用者の便に供しています 。

営業時間

09:00~17:00(入館は16:30)※6~8月の当館主催の企画展開催中にあたる土曜日は、19:00(入館は18:30)まで開館します。

休館日

毎週月曜日 ・ 国民の祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は翌平日を休館日となります。)

年末・年始(12月29日~翌年1月3日)

ただし、企画展開催中は開館する場合があります。

障がい者割引の対象者と内容

常設展の一般料金(児童・生徒・学生を除く。) 180円

企画展の場合は、その企画ごとに価格は決まるそうです。

障がい者手帳を所持する本人とその介助者は常設展、企画展の見学は無料だそうです。ただ、一部の企画展は有料となる事があるそうです。等級や区分などの記載は無かったので特に気にする必要もないでしょう。

バリアフリーに関して

周辺の建物はわかりませんが、施設はバリアフリー化されていない場所もあるようなので一人での来館は遠慮しておいた方がよろしいと思います。トイレに関しては多目的トイレも用意してありますが、数が少ないので可能であれば先に済ませておくことをおススメします。

自粛太りを楽しく解消・楽しく自粛

交通アクセス

公式ホームページより

電車・バスの場合

JR各駅 ⇒ JR鳥取駅 ⇒ 100円バス「くる梨」緑コース「11仁風閣・県立博物館」下車すぐ

JR各駅 ⇒ JR鳥取駅 ⇒ 砂丘・湖山・賀露方面行 「西町」 下車 約400m

JR各駅 ⇒ JR鳥取駅 ⇒ 市内回り岩倉・中河原方面行 「わらべ館 前」 下車 約600m

車の場合

鳥取自動車道

鳥取IC、または鳥取西IC約15分

事前に確認するようにして下さい

掲載している情報は参考程度にして下さい。お出掛けになる場合は公式ホームページで確定的な情報を得てから出掛けるようにしましょう。

詳しくはコチラをご覧ください。公式ホームページ

ご注意ください。

掲載している情報を参考にして頂けるのはありがたいのですが、掲載している情報は古い可能性(特に料金関連)があるので、確定的な情報は【公式サイト】で検索するようにしてください。

-バリアフリー, 障がい者手帳が使える施設, 鳥取県
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者手帳が使える(バリアフリー)施設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.