不動産投資一括資料請求


車椅子の生活

車椅子で資格試験を受験する場合

車椅子で資格試験を受験する場合は注意すべきことが幾つかあります。受験を申し込む前に、下調べとしてネット検索をすると思います。

下調べをするポイントについて解説します。

忍者・クリップボード 45341912

試験会場の最寄り駅から会場までのルートについて

所要時間

自宅から会場までの所要時間を調べておき、当日は何があるかわからないので、余裕を持って会場に到着できるようにしましょう。(目安は1時間前)

公共交通機関を使った方が時間的にも正確ですし、試験会場によっては公共交通機関を使う事を推奨している場合が多いので公共交通機関を使う事をおススメします。

自宅⇒最寄り駅(自宅)⇒最寄り駅(試験会場)⇒試験会場の全ての所要時間

道のり

知らない会場の場合は下見する方が良いのですが、会場によっては下見が禁じられているので、インターネットの場合は地図をみて確認するしか方法は無いのですが、平面の地図だけで確認するのは止めておくべきです。詳しい地図には勾配について書かれていますが、平面だけの地図を確認する人が多いでしょう。

必ず、Google Earthの3Dマップ等を使って実際の道を確認しましょう。

地図では平面でも実際は物凄く急な坂道なんて事は結構ありますからね(実体験)。

店舗

試験によっては、午前の部と午後の部にわたって試験を行う場合がありますから、昼食の事も考えて周辺の昼食がとれそうな店舗について調べ、無い場合は持参しなければならないので意外と周辺の店舗情報は大事です。

また、試験によっては2日間以上の日程が組まれる場合があります。そうした場合はホテルを利用する人もいるでしょう。ホテルを利用するという場合はホテルへの道のりや周辺情報について調べておきましょう。殆ど同じですが、ホテルについての下調べもしておきましょう。

会場について

エレベーター

試験を受験する会場が何階にあり、2階以上の場合はエレベーターがあるのかどうかも確認しておきましょう。

トイレ

これは、結構重要です。車椅子でも利用できるトイレがあるかどうかや、会場に用意が無い場合には周辺にトイレがあるかどうか、ある場合はその場所とその場所へのルート、所要時間の確認もしておくべきです。試験を受験する場合は試験の前にトイレは済ませておくようにしましょう。

実際に、愛知県で高校卒業程度認定試験を受験した時は、車椅子でも利用可能なトイレはありませんでしたので、8月初旬の夏の暑い時期に往復で30分ほど必要な所までトイレに通いました。


資格試験には難易度があります。

資格試験の難易度と合格率は比例しません。合格率が高いからといって、簡単という訳ではありません。医師免許がそうですね。国内屈指の何試験ですが、合格率は90%を越えていますから。

公的資格よりも難しい国家資格もあれば、公的資格よりも簡単な国家資格もあります。国家資格だけれど、独学で十分な内容の資格もあります。

ニーズは高いけれど、資格自体はそれほど難しくない資格もあります。資格も何種類にわたってあるので自分にはどの資格があっているかなんてわかりません。

自分にはどんな資格があっているのか、調べてみませんか?

ユーキャンのぴったり講座診断

あとがき

資格試験を初めて受験する時って、少し不安ですよね。一度受験しないと本当に注意しなければならない事には気付きにくいものです。実体験から思いつく限りの下調べをする要件をまとめましたが、試験会場のモノに特別措置を依頼する事を忘れてはいけません。

些細な事でも、特別措置を依頼しなければ健常者と同じ扱いをされます。車椅子を利用している旨をキチンと伝えておくことが重要です。

そして、初めての会場にはヘルパーを頼んでいくようにしましょう。何があるかわかりません。一人では解決できないかもしれませんからね。

営業時間、料金、アクセス方法は編集した当時のデータです。

-車椅子の生活
-, , , , , ,

Copyright© 車椅子です , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.