障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

車椅子の生活 障がい者 雑学

障がい者雇用の給料ってどう決める?

法定雇用率を守るために障がい者を雇うとなった際、給料の相場が良くわからない事は無いでしょうか?障がい者雇用において、給料設定に悩む企業も多いと思います。特に過去に実績がある場合や同じグループ会社で障がい者雇用を実践している例がない限り良くわからないでしょう。実際に障がい者雇用に関して、どれくらいが相場となる金額なんでしょうか?

ちなみに就労継続支援A型事業所はその地域の最低賃金か業績が良い事業所ではもう少し多いかです。今回は障がい者雇用の一般的な給料について解説していきます。

都会と地方の賃金格差

障がい者雇用における給料の平均

まずは、障がい者の所得相場とはどれくらいが妥当なのでしょう?障がい者全体の平均は14万円前後です、全体ではそうなりますが、身体障がい者と知的障がい者や精神障がい者は働ける時間などで大きな差があります。

身体障がい者の平均

身体障がい者の平均給料は21万円前後であり、一般的には多いとは言えませんが、障がい者と言うことでは圧倒的に高い水準となっています。金額が知的障がい者や精神障がい者の平均より高いので、身体障がい者が知的障がい者や精神障がい者より優遇されている訳では無く、単に働ける時間が長い事から平均値が高いという事になります。

知的障がい者や精神障がい者の平均

知的障がい者や精神障がい者の平均給料は11万円~12万円台であり、身体障がい者に比べると低くかんじるかもしれません。ですが、あまりかわらないのです。説明するよりもわかりやすく計算してみましょう。時給が1,700円だとして、身体障がい者の平均勤務時間週に30時間で計算すると、5万1千円です。4週間の場合は20万4千円です。これを知的障がい者や精神障がい者の平均勤務時間週20時間で計算してみましょう。すると13万6千円となるので、時給換算した場合障がいによって差別はありません。

障がい者の給料が安い理由は?

国税庁の発表によると、令和元年の全国の年間給与平均額は436万円で単純計算すると月当たりの給与は約36万3,000円となります。訳の分からない金額だと思う人もいるかもしれませんが、この金額は全部の役職含めた金額の平均ですから。

それでも障がい者の平均給与が約14万6,000円であることを考えると、障がい者の給与水準は健常者と比較して半額以下であることが分かります。所得が高い人が少ない事以外では何か理由があるのでしょうか

理由.1 非正規雇用で働く人が多い

障がい者ではなくとも非正規雇用で働く場合は正規雇用で働くよりも賃金が低くなります。障がい者の半数以上は非正規雇用で働いているので、自然と正規雇用の人よりも給料は低くなります。

障がい者の求人を観ると、契約社員やアルバイトの募集は沢山あるのですが、正社員を募集しているケースは少ないですからね。

理由.2 勤務時間が短い

精神障がい者の場合は薬を服薬した後は強烈な眠気がくるものもあり、それが理由で長く働けない人が多いのも理由の一つです。働く時間が短ければ毎月の給料が低くなるのは当然と言えば当然です。更に働ける時間が短い人は正規雇用で雇って貰える機会と言うのが、かなりさがってしまいます。

就労継続支援A型事業所なんて4∼5時間くらいしか働けませんし、精神障がい者の人はそれでもかなりしんどいようですけど。

ちなみに、障がい者別で比較すると長く働いている人は身体障がい者の人が多くなっています。身体障がい者の人は薬を服薬していない人も多いので、正規雇用で働く人も沢山います。

理由.3 簡単な業務内容が多い

障がいを持っている人の場合、その特性故でしょうか?簡単な業務を任されることも多く、業務内容に制限が出来てしまう事も理由の一つかもしれません。軽作業や補助業務、雑用的な業務は賃金が低いですからね。

何を基準に給料を決めているのか?

障がい者雇用の場合給料は低いかもしれませんが、給料の決め方は一般の社員と同じ点に着目して決められています。

①雇用形態

②労働条件(労働時間、勤務地、業務内容 等)

③最低賃金

障がい者雇用だから給料が低いという訳では無く、正規雇用か非正規雇用かというのが低い理由です。

障がい者も健常者も、給料の決め方と言うのは同じなんですね。平均所得の金額が違う事はきちんと理由がある事と、健常者の中にはとっても稼いで平均値を引き上げている人が多いから、平均すると障がい者の給料が低いように思えるだけです。時給などは健常者とか障がい者とか変わらず同じです。

あとがき

障がい者の給料は健常者の給料に比べると安いと思う人が多いかもしれませんが、実際はたいさありません。なぜなら同じ様な基準で決められているからです。同じ理由で決めているので、ある意味平等なのかもしれません。

障がい者と健常者の年間平均所得に差があるのは単純にすっごい所得が高い人は障がい者には健常者と比較すると少ないですからね。どちらも同じ条件で調査すると一般的な金額がわかるかもしれません。

-車椅子の生活, 障がい者, 雑学
-, , , ,

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.