車椅子あるある 車椅子の生活

車椅子での行動範囲

前回の記事

車椅子だと良く服が擦れます

現在住んでいるグループホームから5分くらいの所に公園があったのを発見しました。職員さんは、当然知っているだろうと思いましたが、一応報告。

知らなかったみたいです。近くのドラッグストアまでしょっちゅう買い物にきているのに。ただ、公園の遊具で車椅子でも楽しめるものなんてありません。腕だけでも使えるなら、鉄棒くらいですが、こちらも100%楽しめないです。

森林が広がる公園だと、遊ぶというよりも森林浴が目的ですから丁度良いと思います。そこまで大きな公園は流石に職員さんも知っているようですけど。

行動範囲が広がる

世の中の車椅子の人に多いのが、自分は車椅子だからって一人で出掛ける事を危ないとか言い訳したりして躊躇っていませんか?僕は足を使えるからそう思うとか、思う人や言い訳する人もいるでしょうけど、僕も最初から足を使ってスイスイ歩けた訳ではなく、最初の1カ月くらいは滑って全然前には進めなかったです。

やるかやらないか、そして、出来なくても出来るまでやり続けたから今みたいに足だけでスイスイ進めるようになりました。

結果として行動範囲がかなり広くなりました。車椅子のくせに一人で何処にでも行きます。愛知県の割と田舎に住んでいますが、名古屋市内とかフツーに一人で行ったりします。

多くの車椅子の人は、車椅子の人には出来ないと思っているからダメです。何事も出来ない言い訳を探すのではなくて、出来るためにはどうしたらいいのかを考えるべきです。

誰だって最初からうまい人はいません。僕も最初はどんな靴が良いか?クッションを敷いたらお尻が痛くならないか?足のせは必要かどうか?色々と試行錯誤して今に至るので、自分は出来ないからとか思っていませんか?車椅子を手を使わずに足で移動するという事が、数ヶ月で出来るなんて思わないで下さい。

やってみたけどダメだった事

滑り止めを後からつける

高確率で片方が無くなるだけでなく、かかとだけ浮くとかしてバランスが悪いです。どんな理由であっても後からつける滑り止めはやめたほうがいいです。だったら最初からグリップ力の強い靴を買いましょう。仕事用と普段履きを分けるのであれば、仕事用はワークマンが一番良いです。値段の割に性能が良いので仕事用にはピッタリだと思います。仕事と普段履きの兼用であれば、少し高額ですが、インスタ リーボック ポンプフューリーが良かったです。履いた後に空気を取り入れて全体を締め付けれるので、履きやすくて、途中で脱げないのに、脱ぐときは脱ぎやすいです。

車椅子の座席にクッションをしく

高さが変わるので、施設内にいたり、人から押してもらう、手で進む以外しない人以外はクッションは敷かない方が良いです。ハッキリ言ってどんなクッションであろうと、邪魔でしかありません。足を動かしているとお尻は痛くなりません。同じ姿勢のまま座っていると、お尻が痛くなるのでクッションが必要に感じるだけです。

ひざ掛けをする

すっごく邪魔ですし、良く滑ります。膝の上から下に落ちる事が多い事と、トイレとかにいくと邪魔です。ひざ掛けを手で押さえていないと、スグに滑り落ちるので、人に押してもらう場合のみにした方が良いです。手なり足なりで進む人はひざ掛けが無くても暑いくらいですから大丈夫です。

タイヤカバーを買う

何処かに行くたびに、タイヤを拭かなければならないからと、室内用のタイヤカバーを買って付ける。タイヤカバーって結構つけにくいんですよ。実はタイヤカバーを付けている時間でタイヤが拭けるんですよね。そして、タイヤカバーって意外と高いし、あんまり取り扱っていないので必要ありません。数ヶ月に一度くらいの頻度で使うならおススメですが、毎日使うとなると邪魔でしょうがないです。

行動範囲を広げられるようになったという事

行動範囲が広くなるとより快適に行動して、徐々に範囲を拡大しようと色々試しては失敗します。寒さ対策にとナイロン製のズボンを買ったのですが、車椅子の上から滑り落ちるんじゃないかってくらい滑ります。

靴が滑りやすいからと、100円均一で靴底用の滑り止めを買って付けましたが、やっぱり失敗します。滑りにくいというよりも若干滑りにくいだけで、後から取り付けているので高さが変わり、歩きにくいだけでした。

失敗と言っても小さな失敗です、行動範囲が広がったという事は良い事ですから、じゃんじゃん失敗して下さい。人から言われても自分で体験してみて失敗を肌で感じないと意外と納得できません。

まとめ

一人で行動できるようになると、散歩するのが楽しくなります。

ただ、慣れるとスイスイ進めるようになりますが、スイスイ進めるようになるまでは意外と時間が必要ですから、諦めてはいけません。

意外と快適に過ごそうとすると空回りしてあんまり意味の無いまま終わる気がします。

ある意味失敗ですが、行動範囲を広げられるようになった証拠ですから、じゃんじゃん失敗しましょう。

ご注意ください。

掲載している情報を参考にして頂けるのはありがたいのですが、掲載している情報は古い可能性(特に料金関連)があるので、確定的な情報は【公式サイト】で検索するようにしてください。

-車椅子あるある, 車椅子の生活
-, , ,

Copyright© 障がい者ですが? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.