障がい者年金を受給するデメリット(障がい者年を受給するには?)

世の中の殆どの事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。それは障がい者年金も同じです(ちなみに僕はうけとってません)。税金の中から受けっとっているはずですから、本人には負担が無いので、デメリットなんてなさそうですが、あるんです。小さい事ですけどね。

障がい者年金を受給するデメリット

障害基礎年金受給者本人の死亡後に妻や家族へ支給される寡婦年金と死亡一時金が受け取れなくなります。

寡婦年金とは

国民年金(自営業者等)の加入期間・免除期間が10年以上ある夫が亡くなった時に、10年以上継続して婚姻関係にあり、生計を維持されていた妻に対して60歳から65歳になるまでの間支給される年金です。

死亡一時金は、国民年金(自営業者等)の保険料を36月以上納付した人が亡くなった場合、その方によって生計を同じくしていた遺族に支給されます。

このほかに、配偶者の扶養家族となっているケースでは、年金とその他の所得額が合計180万円を超えると、扶養範囲から外れることになります。この場合、国民健康保険などに加入する必要があります。

ちなみに、国民年金は、障害等級2級以上は法定免除となります。

逆に、メリットとは?

僕よりも詳しい内容を掲載しているホームページは幾らでもありますので、僕の言っている事が全てではありません。

障がい者年金の使いかたは人それぞれで、受け取った年金の使用用途に制限はありません。生活費として使う人も沢山いますが、携帯電話を持っている人は当たり前にいます。特に申請や手続きが必要でも無いようです。やたらとAVをレンタルしに通っている人もいました。不労所得みたいなものですかね。自動車や自宅の購入もできますし、貯蓄に回すことも問題ないようです。生活保護のように、色々な制限は無いようです。

貰うためには?

障がい者年金は未成年者だと申請が簡単だそうで、成年者は一番と言えるくらい難しく申請しても、なかなか審査に通らないそうです。

障がい者年金を受給するためには幾つかの条件があります

初診日要件

国民年金、厚生年金、共済年金へ加入していた期間中に、その障害の原因となった病気やケガを医師や歯科医師に診察してもらっていることが必要です。つまり保険料を払ってない時に怪我をしてもダメって事です。

この診察を初めて受けた日を「初診日」といいます。ただし、病気の内容によっては健康診断で異常がみつかった日や、誤診を受けた日が初診日とみなされることもありますのでご注意ください。なかなか面倒臭い条件です。

ただし申請が簡単なケースも存在します。未成年の頃からの傷病により障害の状態になった場合や、国民年金に加入したことのある人で、60歳から64歳までの間に初診日のある傷病により障害の状態になった場合は、障害基礎年金の対象となります。

この「初診日」がいつか?によって、そもそも障害年金がもらえるのか?もらえるとしたらいくらもらえるのか?が決まる大変重要な日となります。

保険料納付要件

この保険料納付要件が満たされないと、一生この病気やケガを原因とする障害年金はもらえないので、大変重要な要件です。この要件で障がい者年金を受給できない人が結構います。

初診日の前日に、その初診日のある月の、前々月までの期間の3分の2以上が、下記のいずれかの条件に当てはまっている必要があります。

・保険料を納めた期間(会社員や公務員の配偶者だった期間も含む)

・保険料を免除されていた期間

簡単にいうと、初診日までの保険に加入していた期間のうち、3分の1を超える期間の保険料が違法に滞納されていなければ大丈夫です。つまり保険料を払っていたかどうかです。

実際に保険料を納めていた期間だけでなく、役所などに申請して正式に保険料が免除されていた期間も、納めていたものとして扱われます。

上記の要件には当てはまらなくても、平成28年3月31日までに初診日がある場合は、初診日の前日に、その前々月までの1年間に保険料の違法な滞納がなければ要件を満たすことができます。

なお、被保険者でない20歳前の傷病により障害の状態になった方については、保険料納付要件は問われません。

ちなみに:学生時代の保険料の滞納というケースがとても多いみたいです。学生だからと保険料を滞納していると、仮に卒業してすぐ大きな事故で重い障害を負っても保険料納付要件に引っ掛かり障害年金はもらえなくなってしまいます。僕も成人式の数か月後に10万人に1人という病気で車椅子となり18年以上経ちます。病気をて、障がい者となった場合は忘れずに「保険料の免除申請」をして下さい。

障害認定日要件

障害年金を受けられるかどうかは、障害認定日に一定以上の障害状態にあるかどうかで判断されます。認定された時とは、初診日から1年6か月が経過した日か、1年6か月が経過する前に症状が固定し、それ以上治療の効果が期待できない状態となった日のことです。

ただし例外もあります。例外とは、下記の状態になった場合も障害認定日として扱われます。

・人工透析開始から3ヶ月を経過した日

・心臓ペースメーカーや人工弁を装着した日

・人工肛門や人工膀胱、人工関節を造設した日

・手足を切断された日

・脳梗塞、脳出血などによる肢体の障害の場合は初診日から6ヶ月以上経過し、医師が症状固定と判断した日(僕はこれです。)

この障害認定日に一定の障害状態にあると認められると、その翌日から要件を満たしていれば年金が支給されます。これを、障害認定日請求と呼び、もし請求が遅れても最大5年遡って支給されます。

まとめ

参考程度にしてもらえると嬉しいです。障がい者認定されても僕のように、保険料が未納だった場合は年金を受給する事が出来ません。障がい者2級ですからそれなりに重度です。でも、年金を受給していたら、現在のように回復しなかったでしょう。貰っても、貰っていなくても変わらない人もいますし、どっちが良いのかは個人の考え方でしょうけど。

障がいが2つ以上ある場合は、話が変わってくるので、きちんとした人に相談して下さい。

Copyright© 車椅子です , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.