障がい者が就職で有利になる資格3選(通信講座)

障がい者の人でも就職する場合、資格があった方が他の求職者よりも優位になれることは間違いありませんが、障がい者の場合は、健常者の人とは事情が違います。特に僕の場合は、車椅子可という事で求人枠も少なく、どの様な求人でも1つの求人に求職者が集中します。で、求人が出た場合はかなり高い確率で事務職の募集です。事務職以外の求人は、かなり専門性が求められるので、今回は事務職を中心に考えていきます。


障がい者の就職ならアットジーピー

障碍者の就職なら


事務職の場合求められるスキル

1.MOS

定番ですね。パソコンが使える事は暗黙の了解と言うか、事務職を志望する場合は常識ですが、絶対に必要な訳でも無いので取得してないなら、それはそれで構いませんが、取得しておくと他の求職者よりも優位に立てます。パソコンがある程度使えるという証明となる訳ですから。ちなみに、MOSでも、Excelの資格がウケが良いです。Wordでもないよりはマシかもしれませんが、Wordの場合はspecialistではなく、その上位資格のexpertくらい取得しておかないと、あまり評価されないそうです。だって、Word specialistの知識は事務職の業務ではあまり必要ありませんから。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト

2.日商簿記

MOSよりも覚える事は多いかもしれませんが、3級であってもかなり高く評価してくれます。障がい者の求人の場合は、東証一部上場企業が当たり前に求人を出しています。障がい者のリクルートサイト、アットジーピーなどには、スカウトという企業側がコチラを選ぶシステムがあります。その中でも簿記関係の資格を取得している人はかなり多くの企業からアプローチされるそうです。就職率だけなら一番高い資格かもしれません。3級なら、通信講座でも取得可能ですが、100時間は学習が必要ですので、焦らずに、しっかりと勉強して下さい。

簿記3級講座


3.宅地建物取引士

これは、障がい者でなくとも取得しておくと就職や転職において、かなり有利になる資格です。障がい者の求人の中で、金融業界の求人が意外と多い事と、不動産関係の会社の求人が多くなってきました。必置資格と言う事もあり、業務の性質上AIが代わりを出来ないので、一生仕事に困らない資格の一つとも言われています。ただ、それなりに難しい試験です。それなりにです、めちゃくちゃではありません。よくある勉強法はインプットとアウトプットの繰り返しだそうです。なんせ試験は殆どが過去問の繰り返しですから。

宅地建物取引士

自分が就職したい業界に関係する資格なら簡単に取得できる資格でも、大きく評価される事になるかもしれませんから、簡単な資格でも構いませんので、取得しておくと良いでしょう。受講して、そのまま自宅から試験を受験する場合は、ほぼ不合格はないでしょう。何故なら、テキストを見ながら受験できますから、殆ど100点満点で合格出来ます。

Copyright© 障がい者手帳が使える施設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.