障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

車椅子の生活 障がい者 雑学

障がい者施設によくある社会福祉法人って?

Cash allowance for disabled icon cartoon vector. Security money

障がい者施設ではおなじみの言葉である、社会福祉法人。障がい者施設で働いている方も目にする機会が多い言葉だと思いますが、社会福祉法人って、結局は何かわかりますか?僕自身、障がい者施設に通所していましたが良くわかっていませんでしたし、知ったかぶりをする人も、そこの従業員も良くわかっていませんでした。施設長も雇われ施設長でしたからね、おそらく良くわかっていないと思います。学校で教えてくれるわけでもないですし、障がい者自身や障がい者と関係ない人にとっては目にする事もほとんど無いでしょう。

そんな今のところ正体不明の社会福祉法人について記載いたします。知識の一つに入れてやってください。

 

Pension insurance, social support, vector flat illustration on a white background.

社会福祉法人とは

社会福祉法人は社会福祉事業を行うことを目的に、「社会福祉法」にもとづいて設立される民間の非営利法人のことで、社会福祉法人は公益性、安定性が高く、地域社会のための活動であり利益を目的としていないことが特徴とされています。

障がい者施設にピッタリの言葉ですね。非営利法人とか言いながら、しっかり経費を節約しようとしていますけれど。でも非営利法人も事業体である以上、一定の利益を見込めなければ運営はできませんし、赤字が続けば当然潰れます。

似たようなイメージを持たれている人も多いかと思いますが、「NPO法人」とはまた違います。

その違いについて知っていれば違いは明白です。「社会福祉法人」とは高齢者や障害のある方、児童など福祉を必要とする人たちへのサービスを提供を行う事を目的としているのに対し、「NPO法人」は観光振興や環境保全、地域安全など「特定非営利活動促進法」で定められている20分野の活動に当たる事業を行う点です。なお、20分野には福祉の増進を図る活動も含まれていますが、後に説明する税制優遇の面では社会福祉法人ほどの優遇はNPO法人では受けられません。

社会福祉事業とは?

社会福祉事業と言っても大きく2つに分けられています。どちらも社会的なサポートをしますし、対象となる人も同じですが何が違うのでしょうか?

第一種社会福祉事業(これだけではありません。)

  • 生活保護法にもとづく施設運営(救護施設・更生施設など)
  • 児童福祉法にもとづく施設運営(乳児院・母子生活支援施設・児童養護施設など)
  • 老人福祉法にもとづく施設運営(養護老人ホーム・介護老人福祉施設など)
  • 障害者総合支援法にもとづく障害者支援施設運営

社会福祉法人とは…より

第二種社会福祉事業(これだけではありません。)

  • 生計困難者に対する生活用品や金銭での支援・相談事業運営
  • 児童福祉法にもとづく事業・施設運営(子育て短期支援事業・助産施設・保育所など)
  • 老人福祉法にもとづく事業・施設運営(老人短期入所事業・老人デイサービスセンターなど)
  • 障害者総合支援法にもとづく事業・施設運営(障害福祉サービス事業・福祉ホームなど)

社会福祉法人とは…より

第一種社会福祉事業は、入所施設など利用者の保護を目的とする施設が当てはまります。安定した経営が必要となるため、原則として行政と社会福祉法人しか経営できません。

第二種社会福祉事業は、入所じゃないサービス、つまり在宅サービスなどの事業が当てはまります。経営主体に制限はなく、民間企業も経営する事が可能です。

社会福祉法人を設立するためには

第一種社会福祉事業は行政か社会福祉法人しか経営できないとのことですが、社会福祉法人は「今日からやります」と言って出来る訳ではありません。きちんと手順があります。

社会福祉法人を設立するためには定款や設立認可申請書等の提出、所轄庁の認可が必要です。事業規模(事業を行う区域の幅)によって市長や区長、都道府県知事、厚生労働大臣と所轄庁は異なります。また、設立後も適正な法人営業が守られているかどうかの定期指導(監査)が入るので気は抜けません。

税金がかからない項目が多い

社会福祉法人と言うのは、公益性が高く非営利法人という事もあり税制面での優遇措置と言いますか、非課税となる項目があります。

ですが、非課税だったものがちょっとした申告漏れなど場合によっては課税対象となる項目もあります。中には一般的な税率よりは優遇されていても、完全にゼロではないといった事もありますから注意が必要です。

ソース画像を表示

こちらの作品は自費出版されています。僕と同じで第2級の障がいがある著者が、笑いとともに人生赤裸々に語っているフォトエッセイです。隠してもしょうがないですからね。

あとがき

社会福祉法人って言葉は、実際はどうでもいい言葉ですからね。でも知っていると意外なところで役に立ちます。障がい者施設が増えればそれだけ身近な言葉となるかもしれません。

賛否両論があるかもしれませんが、僕は特にこれからは社会福祉法人は必要だと思っています。

-車椅子の生活, 障がい者, 雑学
-, , ,

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.