障がい者が就職・転職する場合は障がい者専門のリクルートサイトに登録してエージェントを利用したほうが良いです。何故なら、エージェントを利用して就職・転職をする場合の採用率は、自己応募で採用されるよりも25倍の採用率だそうです。

障がい者

増税は障がい者の社会進出を妨げる

税金がまたあがりそうです。少し前に消費税が10%に上がったと思ったら、こんどは15%にしようかどうしようかの議論もしているようです。僕の生え際の高さも税金があがるみたいに上がっています。政府は税金を上げることで、税収を増やそうと思っているようです。賃金も上がらないのに税金ばかりがあがるのはどうかと思いますけどね。

消費税の増税と障がい者について、消費税を増税することは障がい者にとってどういうことかを解説していきます。

インフルエンサーのイラスト(棒人間) | かわいいフリー素材集 いらすとや

影響

消費税を引き上げるのか、引き上げないのかは障がい者の中でも話題となるほど不安がひろがっています。普段は政治の話はほとんど出ないのですが、増税には敏感なようですね。

就労継続支援A型事業所や就労継続支援B型事業所などで働く障がい者のうち、ほとんどの人が相対的貧困といわれる年収122万円以下です。仮に消費税が10%→15%になっても、収入が今のまま変わらなければスーパーマーケットなどからは障がい者がいなくなるのではないでしょうか?

意外なところでも消費税増税の影響はあります。就労継続支援A型事業所や就労継続支援B型事業所だけではなく、就労移行支援事業所でさえ、新型コロナウィルス騒動でほとんどが減収となったそうです。さらに、増税された場合はそこに消費税増税がのしかかるわけですから、ただでさえ稼ぎの少ない障がい者の働く場はますます困難な経営を余儀なくされます。障害年金を受給している人ですらぎりぎりの生活をしていますし、全ての障がい者が障害年金を受給しているわけではないので消費税を上げることは障がい者にとってかなり大きな影響を及ぼします。

天秤座のイラスト(星座)

そもそも消費税って公平?

消費税に関しては、メディアでもよく言われているのが「公平」な税金であると言う事です。働く世代などでも特定の人に負担が集中しないことが理由だそうです。

一応消費税は社会保障に使われているとか言われていますが、そもそも社会保障の重要な役割は、収入の多い人ほどたくさん払う応能負担の原則で税金を集め、これを財源として収入が低い人にも最低限の生活を保障することです。こうすることで格差が小さくなり、必要な福祉や医療、教育などが国民に届くのです。

しかし、消費税は収入の多い人にも少ない人にも同じ負担を求めます。この仕組みは一見公平なように思えます。では、例えば年収1,000万円の人と年収が120万円の人がいたとしましょう。年収1,000万円の人は一定額を貯蓄し、残りを消費に回すことができますから、年収の中の消費税の割合は比較的小さくてすむでしょう。しかし年収120万円の人は、そのほとんどを消費に回さないと生活できませんから、年収の中の消費税の割合は高くならざるを得ません。しかも、欲しいものを我慢しても貯金する余裕すらありません。その結果、実質的には年収の少ない人ほど負担が大きくなるのです。

消費税が社会保障に使われているのなら(使われたり使われなかったり)消費税を増税してその資金を賄うという考えでしょうが、消費税を増税しても弱者の負担は増えるだけなので、弱者救済とはならず、弱者を苦しめたお金で、弱者を救済したつもりになっているだけです。

消費税の増税に関しては社会保障のためなら、増税しないことが一番の社会保障だと思います。

男性のお医者さんの表情のイラスト「目がハート・疑問・居眠り・照れ ...

消費税の増税の必要性

社会保障を充実させると言って消費税導入しましたが、結果として日本の社会保障は財源が確保されて拡充してきたでしょうか。社会保障が充実しているどころか、実際には生活保護や医療、年金などすべての分野で削減が続いています。障害年金に関しては、充実どころか、物凄く審査が厳しいままです。

消費税が導入されて以来、何度か消費税は増税を繰り返しましたが、なぜ社会保障は拡充されないのでしょうか。消費税に関しては増税するたびに税収は増えているそうですが、法人税や所得税は減税され税収は減っているので、消費税をアップしても大企業への法人税や所得税の穴埋めをしているだけであって、社会保障は拡充されることはありません。

社会保障を拡充させるという施策は消費税しか財源がないという一方的な宣伝の下で提案されています。消費税増税ではなく、法人税や所得税を応能負担にふさわしい税率に戻すことや、右肩上がりの防衛費を見直すことなどで、財源は確保できるのではないでしょうか。

あとがき

公平だと言っていますが、今の世の中では消費税の増税はさらなる格差を生むだけだと思います。社会保障を充実させるのなら消費税の増税も仕方ないと受け入れますし、毎回消費税が社会保障を拡充するために使われ、国民がそれを実感しているのなら増税しても文句を言う人も少ないと思いますが、そうではありませんし、物価も上昇し続けていますからね。

文句を言うのはしょうがないかもしれませんが、増税をしている政党を選んだのは自分達です。嫌だと思うのなら違う政党に政権を担ってもらうしかありません。

ようは選挙に行きましょう。

-障がい者
-, ,

Copyright© がぁ太郎(障がい者雇用) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.