不動産投資一括資料請求


おススメするサービス 車椅子の生活

障がい者は恋愛は厳しくても、結婚なら可能性はある

前回の記事

高速道路にもある障がい者割引

障がい持っていても恋愛したい人、結婚したい人は沢山いるでしょう。障がい者じゃなくても恋愛もしたいし、結婚もしたい人が結構いると思います。

障がい者にとって恋愛のハードルはかなり高いでしょう。ですが、結婚と恋愛は違うと良く言いますが、結婚とはどういうものかを考えると、条件次第では結婚は僅かながら可能性はあります。それでも健常者よりも難しい事には変わりありませんけど。

なぜ障がい者は恋愛が難しいか?

まず、最近はやりのマッチングアプリですが、男性の場合はプロフィールに障がい者と入れるだけでマッチング率は急激に下がります。マッチングしたとしても、違う出会い系サイトに誘導されたり、それでも一部の身体障がい者が成功するかもしれません

ですが、特に知的障がいのある男性の場合は、プロフィールに障がい者と入力した場合は不可能に近いかもしれません。

自然と出会うのは、施設ですから殆どが障がい者でしょう。先天性の障がい者の場合は、基本的に上から目線です。なので、自分から告白するという事はありません。「〇〇君は、××ちゃんが好きなの?」って聞くと、図星の場合は、確実に否定します。

目が合うと、相手は自分の事が好きだと勘違いして、告白されるのを待っています。で「××ちゃんがどーしてもというなら、付き合ってあげてもいい」みたいな事を言う人が多いので、恋愛からの結婚は無理です。

先天性の身体障がいの人は、普通に学校に通って、普通に就職した人が多いので、その人の人間性しだいで恋愛も結婚も進んでいきます。

結婚なら少しは可能性があるという理由

恋愛から結婚する事は、まず恋愛をする事が難しいので違います。恋愛を飛ばして結婚するなら結婚相談所をうまく利用しましょう。結婚相談所などに登録している女性は、結婚したくてしょうがないのです(多分そう)そう言う人の条件を満たしている場合は可能性があります。

僕の知っている知的障がい者の殆どが、とにかく恋人が欲しい、結婚したい、でした。見事に恋人が出来たり、結婚できる訳がありません。ですが知っている知的障がい者でも数人は結婚しました。そして、ある共通点があります。その共通点ですが、その人達は恋愛よりも仕事を見付ける事を優先できたからだと思っています。

そして、高い金額を払ってまで結婚相談所に登録するという事は、男女ともに結婚が目的であり、かなり本気です。遊び相手や恋人を作る事が目的ではありません。

結婚において男は金、女は若さがないと可能性は低いです。ほぼ、ゼロです。恋愛においては色々あるでしょうが、男性は特に結婚相談所を利用して結婚する場合は結局金だそうです。

まず仕事(まとめ)

急がば回れです。結婚したいなら、仕事はA型事業所ではなく、障がい者採用枠を利用して一般企業に就職しましょう。恋愛の場合は、マッチングアプリ等で相手を探す事はやめましょう。時間の無駄です。男性の場合は自分と同じ年齢の健常者と同じような生活をする事が出来るようになれば、結婚できる確率も高くなります。同じ年齢の健常者以上のスペックならなおよいでしょう。

障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

そして、女性は特に結婚したいのなら、恋人を作るという事をさっさと諦めましょう。気が付いたら結婚適齢期を過ぎている可能性があります。

早目の婚活をおススメしますよ。

コスパ最高の婚活?

電子審査で3分で活動開始!スマホ結婚相談所 【naco-do】

【結婚相談所比較ネット】 無料での資料請求

営業時間、料金、アクセス方法は編集した当時のデータです。

-おススメするサービス, 車椅子の生活
-, , , , , , , , ,

Copyright© 車椅子です , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.